ピクシブ百科事典

火野レイ

ひのれい

火野レイとは、『美少女戦士セーラームーン』の登場人物でセーラーマーズに変身する。
目次[非表示]

────そうよ だからあたし達
 男なんかお呼びじゃないのよ …悪い?」

プロフィール

年齢14~16歳
誕生日4月17日
誕生石ダイヤモンド
星座牡羊座
血液型AB型
好きな色赤、黒
好きな食べ物フグ
苦手な食べ物缶詰のアスパラ
好きな花カサブランカ(原作番外編より)
好きな教科古文
苦手な教科現代社会
趣味占い
特技座禅
嫌いなものテレビ番組(原作)、カラオケ(実写)
将来の夢宮司(アニメでは国際派キャリアウーマンなど)
CV富沢美智恵 / 佐藤利奈Crystal
北川景子


概要

火星を守護にもつ戦いの戦士セーラーマーズに変身する。

ストレートの長い黒髪が特徴の美少女。火川神社で宮司の祖父と暮らしながら巫女をやっている。
生まれつき霊感があり、魔除けのお札を作ったり、への祈祷未来予知ができる。のフォボスとディモスを神社に来た時から飼っている。
小中高短大まで一貫教育のミッション系学校私立T・A女学院に通うお嬢様

性格

原作版およびCrystal

火野さん


原作及び『Crystal』では孤高を好む凛としたクールビューティーで、いかにもお嬢様らしい(~ですわ、口調)優雅、男嫌いといったキャラである。
言うなればバーナーやコンロに見られる、超高温の「蒼い炎」のごとき少女。
「うるさいし、くだらない」という理由からテレビ番組が嫌いだが、「カルピスこども劇場」(=世界名作劇場)と「デビルマン」だけは見ていた模様。
『Crystal』以前に制作された実写版では北川景子が演じたが、ここでも原作の人物像をベースにしているが、クリスチャンである母に合わせて彼女自身もクリスチャンになっている。
何人もの崇拝者がいる学園の女王様。ただ、うさぎたちに影響されて普通の言葉遣いもするようになっていった。
ミーハーでうるさい愛野美奈子とは相性が悪そうに見えて、不思議とウマが合う。→美奈レイ
前世でジェダイトと恋人同士であり、現世で彼から一目惚れされていた。Crystal版では、彼の死に号泣していた。→ジェダレイ

初代アニメ版

レイちゃんとうさぎ


その霊感故に孤立気味だったが、うさぎと出会い、初めは脳天気な彼女に呆れながらも、次第にその裏表のない優しさに救われ、変わっていく。→レイうさ
地場衛に一目惚れしてしばらく交際していたが、彼がタキシード仮面の正体でうさぎと惹かれ合う運命にあったことを知って身を引き、過酷な運命に怯えるうさぎを激励した。
ある日いきなり神社に飛び込み弟子入り志願してきた熊田雄一郎を祖父が弟子として迎えてしまったため、彼とは姉弟弟子の関係になっている。雄一郎としてはレイに惚れての純粋とは言い難い入門だったが、祖父はその部分を見透かして彼を弟子に取っているフシがあり、雄一郎の「何か」を見込んでいるとも思われる描写もある。レイもまた、その部分を素直ではないながらも無意識に感じ取っているかのような態度を見せる時がある→雄レイ

富沢美智恵の演じる初代アニメ版ではさすがにアニメや漫画のキャラご本人が主人公以外軒並みサブカル嫌いというのは商業展開的に都合が悪くスポンサーがつかない(サブカル嫌いとまではいかないが、そのテの言動を行いやすいポジションには既に亜美が居座っていたのでキャラかぶりも危惧された)し、初期登場キャラがそんな事では視聴者に自身の現身として親しまれないだろうという判断の元、うさぎや美奈子に近い面食い・ドタバタ・ミーハーキャラになった。もともと美奈子が出るまでやらない予定だったのもある。
もちろん漫画やアニメも年頃の少女程度には嗜むし、自室には漫画雑誌や単行本だってフツーに置いてある(そして、うさぎがそれを勝手に読んで毎度の喧嘩漫才が始まる場合がある)。
ただし極度のツンデレであるため、傍目には原作同様にサブカル作品には冷たい視線を送る。

特に無印の第21話はその最たるもので、白いTシャツの上にピンクのオーバーオール(ちなみにコレは当時のアニメオタクの標準的かつ代表的なテンプレコーデ)という言い訳もフォローも不可能なファッションに身を包み白色紙を満載に詰め込んだアニメの紙袋(しかも外側は前番組である『きんぎょ注意報!』のマスコットを模したキャラが描かれている)を持ってアニメ制作会社スタジオダイブ」の見学に赴こうとするレイが描かれている(どうも只下和子さんたちのサインでも貰おうとしたらしい。
その直前に「アニメなんて子どもの見るもの」とバカにしているのに)。もっとも、誘ったのはうさぎだが。
変更のわかりやすいものとして内部戦士の中で特にうさぎを大事な場面で心配する役割が原作は美奈子であるが初代アニメ版ではレイとなった(あくまで親友的な面が強く、原作美奈子の従者的な慕い方とは異なるが)。
そして、うさぎとは無自覚に息の合った喧嘩漫才を毎度のごとく繰り広げる。
そのため原作よりも、年頃の少女らしく壮絶なまでに感情的かつ直情的な「素直な表情」が激増した。その精神の在り様はまさに彼女が自ら本堂にて焚き込む篝火のごとく「熱く赤い炎の少女」と表現されるに相応しい。

ただ、この原作とアニメにおける火野レイのキャラクターの相違は原作側とアニメ側の確執のひとつとして有名である。(出典不明)
ちなみに、この「ぶっ壊レイちゃん」を仕掛けた演出家だが、シリーズ展開中に劇場版の監督を務めた上に2代目のシリーズディレクターになっており、さらに後に評価の高い作品を次々に叩き出す名監督になっている。

家族構成

父親は政治家、民主自由党所属の議員、実写版では隆司となっている。
母親は病弱であった為、レイが幼い頃に亡くなっており、実写版ではリサとなっている。
後述の一緒に暮らす祖父は原作では母方の祖父となっているが。
実写版ではリサは神社の後を継がずにクリスチャンになっており、原作版で宗教の事情からミサを遠慮しているレイだが、実写版では母の命日に教会で祈りを捧げている。
原作と実写版ではレイは家庭を顧みない父親を嫌って、祖父の元に身を寄せた経緯がある。
原作では父親の秘書の海堂との悲恋を経験しており、それが男嫌いと自称するきっかけとなっている。
またアニメでは若手陶芸家の伊吹健吾は親戚に相当する。

レイちゃんのおじいちゃん

上述の通り、母方の一族が運営している火川神社で宮司の祖父と二人暮らしの身の上である。
が、この祖父。上述のレイの性格と同じく「原作&派生」と「旧アニメ版」で外見と性格が大きく異なっている。(宮司であることは共通しているが)
原作ではロマンスグレーのダンディ、アニメでは禿頭の小柄老人、と印象の違うレイちゃんのおじいちゃん。
原作ファンからは大人に見えてカッコよく、黙ったままでいてくれる理想の祖父でいいじゃないかという意見も当然あるのだが、一方で後者は人間味がありレイに対する愛情をより強く感じられて親しみが持てるというファンの意見も根強かったりする。

原作および派生

髪フサフサのロマンスグレー漂う長身のダンディー(早い話が背が高くてドイケメン)な初老。旧アニメ版に比して出番は圧倒的に少ない。
とはいえ、自分の知らない所で友人(とはいえセーラー戦士たちだが)を得て、自分たちとは知らない世界を持つと見られるレイの事には感づいており、いずれそこに旅立つであろう孫娘を憂いと期待をもって見守っているような描写は存在している。

旧アニメ

声優は、西村知道
人の意表を突くことが大好きな、宮司とは思えぬ程度に少しスケベで孫とその友達相手にもソレを隠さない、小柄で禿頭(早い話がチビでハゲのファンキーじじい。レイ自身、日常においては、いつも祖父の悪ふざけに悩まされている描写が目立っている。
ただし、それは両親がいないに等しいレイの事を寂しがらせまい(余計な事を考えさせて寂しさを自覚させたくない)として、あえて孫を忙しくさせるためのポーズ。
そのため素の部分ではレイの事を、その両親以上に愛し慈しんでいる。その愛情は当然レイ自身も心の奥底では理解している。
(レイ自身がツンデレラであるゆえにイマイチ素直になれていないのだが)
レイの祖父だけあって、普通(?)の人間でありながら比類なき霊力を持っている。
その実力は、ザコ妖魔であれば勝り、幹部相手にも(勝てるかどうかは微妙であるが)善戦できるほど。アニメ無印ではゾイサイトを一度撃退している。実は、そのアニメ無印では、前世が最強妖魔七人衆妖魔ジジであると設定されており、強力な霊力はその影響もあるとされる。(まぁ、ファンには批判された設定でR以降は銀水晶によるパラレル化で「なかったこと」になったが、それでも強い霊力は「レイの祖父であり彼女の霊力の大元」という事で以降の旧アニメ版にも残されている)。
なお、妖魔ジジとの戦いでレイはセーラーマーズに変身することなく護符だけで(人間の心を残しているとはいえ)妖魔と互角に立ち回り、ここでも彼女が優れた霊能力者であることを証明している。(最終的にはセーラームーンとの連繋で封じるが)

関連イラスト

火野レイ
火野レイちゃん


折檻
レイチャン…


火野レイ(セーラーマーズ)
火野レイ



関連タグ

美少女戦士セーラームーン セーラーマーズ
月野うさぎ 水野亜美 木野まこと 愛野美奈子 熊田雄一郎
黒髪紫眼 巫女 ジェダイト
お嬢様 ジェダレイ

他作品の関連キャラ

火野映司仮面ライダーOOO):一族?後輩で行動原理の一部がアイツに似ている⇒火野あかね
日野あかねスマイルプリキュア):名字の読み、制作会社属性突っ込み役繋がり⇒セーラームーン×プリキュア
富沢レイレッスルエンジェルスシリーズ):名前が中の人との合成で、かなり直球なパロディキャラ。旧作ではリングコスチュームが巫女服だったりセーラー服風レオタードだったりと更にヤバいレベルだった。なお富沢氏はダブルインパクトで出演しているが、担当キャラは別。
綾波レイ新世紀エヴァンゲリオン):名前繋がりであり、名前の由来として挙げられている。

関連記事

親記事

内部太陽系戦士 ないぶたいようけいせんし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「火野レイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15079904

コメント