ピクシブ百科事典

セーラースターズ

せーらーすたーず

セーラースターズはアニメ「美少女戦士セーラームーン」シリーズの最終章である。
目次[非表示]

概要

アニメ『美少女戦士セーラームーン』最終章(第5期)。
1996年3月9日〜1997年2月8日まで、全34話(通算167〜200話)が放送された。

特徴

これまで一貫してオープニングを務めた「ムーンライト伝説」を「セーラースターソング」に変更。さらにタイトル表記を変更し、第1シリーズから第4シリーズまでは2段書きで「美少女戦士」がサブタイトル的な形で表記されていたが、今作では「美少女戦士セーラームーン」までがサブタイトル的な表記となりその下に「セーラースターズ」を大きく表示、とイメージの一新が図られている。アニメセーラームーンの代表的なスタッフである幾原邦彦は96年に東映を退社し、SDは五十嵐卓哉に、構成は榎戸洋司から山口亮太へと変わっている。
また新キャラクター達の準主役的な活躍などの点からも単独性の強さからそれまでのシリーズとは差別化して語られることも多い。

内容

前半には前作の封印から復活した新月の女王ネヘレニアとの決戦を描いたアニメオリジナルの「ネヘレニア復活編」を挟み、後半でシャドウ・ギャラクティカとの最終決戦を描いている。謎のセーラー戦士・セーラースターライツもう一人の主人公ともいえる立場で登場し、182話からはちびちびが登場する。
シャドウ・ギャラクティカ編は前作までに比べ、原作との設定の差異が著しい内容になっている。

問題点と評価

シリーズ最終作としてスタートした本作であったが、様々な問題点もあった。

全体的に話数不足

本編は全34話であったが、最初の7話はネヘレニア復活編が放送され、それが長年活躍したちびうさ最後の出番となり、本編は実質27話しかなく、全体的に尺とボリューム不足であった。
参考にまで
無印 全46話
R 全43話(製作上の都合で二部構成)
S 全38話(本作以後特番休止が増加)
SS 全39話
もあり、スターズはこれ等よりも短い話数であった。なお、R後半からSS迄の間は関西地区を除き「スラムダンク」とコンビを組み、並み居る裏番組を蹴散らした反面、当時、テレビ朝日はネット局を増やしながら番組を放送していた為、スラダン側の原作ストック確保、セラムン、スラダン、そして暴れん坊将軍の製作費と製作スケジュールの確保・捻出も兼ね、プロ野球、及びJリーグ中継と期首期末特番で休止を余儀なくされた。
しかし、その特番休止増加の隙を突かれ筋肉番付に視聴者と視聴率を掻っ攫われる事態も発生し、スターズの時期には1ヶ月近い特番休止も起きた。

話数不足による消化不良と急展開

上記の話数不足は本編にも悪影響を及ぼし、原作再現とはいえキーキャラであった火球皇女が登場から僅か数話で退場したり、これも原作再現だが終盤一気に他のセーラー戦士が落命する事態も起き、本当に後1クール相当のエピソードがあったら、これ等の問題点はある程度は解決(例・火球皇女が1クールに掛けて登場やセーラー戦士達が時間を掛けて退場等)しただけに、更に同じ最終作でも、スターズ終了直前に始まった最強最後の勇者王が完全燃焼でシリーズの幕引きを飾っただけに、消化不良が悔やまれてならない(それでも原作のスターズ編よりは時間を掛けて説明されていた辺りがなんとも…)。さらに、最終回のラストバトルでは、セーラー戦士全員が全裸になってにラスボスに立ち向かうというシーンであるため、後に4大都市圏(関東、中部、関西、福岡)でのニチアサ前座枠での再放送が見送りとなる事態となった(4大都市圏以外ではすでに全シリーズの再放送を終えていた系列局は結構あったが…)。
やはり当時としては5年は長過ぎた観もあり、何もかも遣り尽くしたのと、シリーズ最高傑作のSの焼き直しにも思え、本作でアニメシリーズは一旦終了を迎えた。
しかし、消化不良の出来映えから後のお蔵入りしたハリウッド特撮版を始め、実写版新アニメ版を立ち上げる原動力となった。

関連動画



第1期第2期第3期第4期第5期
セーラームーン(無印)セーラームーンRセーラームーンSセーラームーンSuperSセーラースターズ

関連タグ

美少女戦士セーラームーン

関連記事

親記事

美少女戦士セーラームーン びしょうじょせんしせーらーむーん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「セーラースターズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 810935

コメント