ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

美少女戦士セーラームーンSuperS

びしょうじょせんしせーらーむーんすーぱーず

武内直子の漫画『美少女戦士セーラームーン』を原作とする、1995年に放送されたアニメシリーズ第4作目。
目次 [非表示]

概要

武内直子の原作漫画『美少女戦士セーラームーン』を原作としたアニメシリーズの第4作目で、原作第四期「デッド・ムーン編」に相当。

1995年3月4日から1996年3月2日まで放送。全39話(シリーズ通算第128~第166話)。スペシャル版が1995年4月8日に放映された。


月野うさぎたちをストーリーの中心からやや遠ざけ、ちびうさペガサスエリオス)の交流をメインにした。本作でスーパーセーラーちびムーンが初登場、内部太陽系戦士の全員がスーパーセーラー戦士に変身するのでタイトルも「SuperS」である。

悪役のオネエ三人組・アマゾントリオが人気を獲得するが、夢の鏡を覗き込む際の羞恥プレイを連想させる描写は物議を醸した。

本編では外部太陽系戦士は登場しないが、スペシャル版に限り天王はるか海王みちるが登場している。劇場版では2人に加え冥王せつなも登場する。


前作『セーラームーンS』のスタッフ陣の最終体制が引き継がれ、ここから完全な2代目体制に移行。シリーズディレクターは幾原邦彦、シリーズ構成は榎戸洋司、キャラデザは伊藤郁子が担当した。

しかし、この2代目体制は本作終了と同時に幾原が離脱し、次作『セーラースターズ』ではさらにスタッフ総とっかえで代替わりされた3代目体制で臨むこととなった。

シリーズ当初からの制作プロデューサーだった東伊里弥別作品制作と東映動画内の人事都合を理由に本作をもって降板が決定し、有迫俊彦が共同プロデューサーに就任した。


ストーリー

日本で数世紀ぶりの皆既日食の日、十番街は月が太陽をさえぎり完全な闇に包まれる。

この大自然のアトラクションに、霊感の鋭い火野レイ地場衛は何か不吉な予兆を感じずにいられなかった。


そして日食の終わりと同時にサーカス団の飛行船とテントが現れる。実はデッドムーンサーカス団は、ペガサスの隠れた夢の鏡を探して世界征服を狙っているデッドムーンのアジトだった。

セーラーチームたちの新たな戦いが始まろうとしていた。


登場人物

月野うさぎ / セーラームーン(CV:三石琴乃

地場衛 / タキシード仮面 / 月影の騎士(CV:古谷徹

ちびうさ / セーラーちびムーン(CV:荒木香恵

祭司エリオス / ペガサス(CV:松野太紀

クイーンセレニティ(CV:土井美加


四守護(内部太陽系戦士)

水野亜美 / セーラーマーキュリー(CV:久川綾

火野レイ / セーラーマーズ(CV:富沢美智恵

木野まこと / セーラージュピター(CV:篠原恵美

愛野美奈子 / セーラーヴィーナス(CV:深見梨加


外部太陽系戦士

天王はるか / セーラーウラヌス(CV:緒方恵美

海王みちる / セーラーネプチューン(CV:勝生真沙子


猫たち

ルナ(CV:潘恵子

アルテミス(CV:高戸靖広

ダイアナ(CV:西原久美子


アマゾントリオ

タイガーズ・アイ(CV:置鮎龍太郎

ホークス・アイ(CV:古川登志夫

フィッシュ・アイ(CV:石田彰


アマゾネスカルテット

花使いセレセレ(CV:天野由梨

玉乗りパラパラ(CV:豊嶋真千子

軽業師ジュンジュン(CV:渡辺久美子

猛獣使いベスベス(CV:萩森侚子


デッド・ムーン

ネヘレニア(CV:榊原良子

ジルコニア(CV:京田尚子


その他

月野育子(CV:高木早苗

月野進悟(CV:川島千代子

大阪なる(CV:柿沼紫乃

海野ぐりお(CV:難波圭一


桃原桃子(CV:川田妙子

更科九助(CV:阪口大助


古幡元基(CV:佐藤浩之

古幡宇奈月(CV:遠藤みやこ

西村レイカ(CV:深見梨加)

火野宮司(CV:西村知道

熊田雄一郎(CV:島田敏


主題歌

オープニングテーマ

ムーンライト伝説」(128 - 166話)

作詞 - 小田佳奈子 / 作曲 - 小諸鉄也 / 編曲 - 林有三 / 歌 - 桜っ子クラブさくら組

エンディングテーマ

私たちになりたくて」(128 - 140話)

作詞 - 秋元康 / 作曲 - 井上望 / 編曲 - 岩﨑文紀 / 歌 - 藤谷美和子

“らしく”いきましょ」(141 - 166話)

作詞 - 武内直子 / 作曲 - 水野雅夫 / 編曲 - 林有三 / 歌 - Meu


各話リスト

カッコ内は『SuperS』としての話数

第128話(第1話)運命の出会い!ペガサスの舞う夜ペガサス、ジルコニアアマゾントリオ登場/新たなアイテム「ムーン・カレード・スコープ」が登場/古幡宇奈月がタイガーズ・アイに狙われる
第129話(第2話)スーパー変身再び!ペガサスの力西村レイカがタイガーズ・アイに狙われる
第130話(第3話)守れ母の夢!Wムーンの新必殺技育子ママがホークス・アイに狙われる
第131話(第4話)ペガサスを捕まえろ!アマゾンの罠大阪なるがタイガーズ・アイに狙われる
SP(第4.5話)
  • 華麗に変身?泣き虫うさぎの成長記録
  • はるかみちる再び!亡霊人形劇
  • ちびうさの冒険!恐怖、吸血鬼の館
第132話(第5話)お似合いの二人!うさぎと衛の愛まもうさ
第133話(第6話)アルテミスの浮気?謎の子猫登場ダイアナ登場
第134話(第7話)まことの友情!天馬に憧れた少女まこと回
第135話(第8話)触れ合う心!ちびうさとペガサスエリちび
第136話(第9話)衛を守れ!忍者うさぎのヤキモチレイ回/レイがタイガーズ・アイに狙われる
第137話(第10話)あやかしの森!美しき妖精の誘い
第138話(第11話)天国まで走れ!夢の車にかける愛
第139話(第12話)目指せ日本一!美少女剣士の悩み
第140話(第13話)ミニが大好き!おしゃれな戦士達
第141話(第14話)恋の嵐!美奈子のフタマタ大作戦美奈子回/美奈子がタイガーズ・アイとホークス・アイに狙われる…が、逆に手玉に取って二股をかける
第142話(第15話)秘密の館!愛のメニューをあなたに
第143話(第16話)天馬を信じる時!4戦士の超変身内部戦士がスーパー戦士にパワーアップ
第144話(第17話)きらめく夏の日!潮風の少女亜美亜美回/亜美がタイガーズ・アイに狙われる
第145話(第18話)プリマをねらえ!うさぎのバレエ
第146話(第19話)十番街の休日!無邪気な王女様
第147話(第20話)運命のパートナー?まことの純情まこと回/まことがタイガーズ・アイに狙われる…が、まことが正体を知らずに彼に本気で恋してしまう
第148話(第21話)巨悪の影!追いつめられたトリオアマゾントリオが自分たちの正体を知る/衛がフィッシュ・アイに狙われる
第149話(第22話)夢の鏡!アマゾン最後のステージタイガーズ・アイ、ホークス・アイ、フィッシュ・アイ最後の登場
第150話(第23話)アマゾネス!鏡の裏から来た悪魔アマゾネス・カルテット登場
第151話(第24話)真のパワー爆発!亜美心のしらべ亜美回/マーキュリーが新必殺技習得
第152話(第25話)炎の情熱!マーズ怒りの超必殺技レイ回/マーズが新必殺技習得
第153話(第26話)恐怖の歯医者さん?パラパラの館
第154話(第27話)夢対決!美奈子とまことの絶交宣言美奈子とまこと回/ヴィーナスとジュピターが新必殺技習得
第155話(第28話)恐怖を越えて!自由へのジャンプ
第156話(第29話)夢を見失わないで!真実を映す鏡
第157話(第30話)ペガサスが消えた!?ゆれ動く友情
第158話(第31話)天馬の秘密!夢世界を守る美少年エリちび回/ムーンとちびムーンの体型が逆に
第159話(第32話)ちびうさの小さな恋のラプソディエリちび
第160話(第33話)大人になる夢!アマゾネスの当惑
第161話(第34話)動き出した恐怖!闇の女王の魔手デッド・ムーンとの最終決戦
第162話(第35話)闇の震源地デッドムーンサーカス
第163話(第36話)鏡の迷宮!捕らえられたちびムーン
第164話(第37話)黄金水晶出現!ネヘレニアの魔力
第165話(第38話)クリスタル輝く時!美しき夢の力
第166話(第39話)夢よいつまでも!光、天に満ちてSupes最終回/エリちび

余談

  • 声優の桑島法子は第18話(シリーズ通算第145話)の女生徒役でデビュー。桑島は後に『美少女戦士セーラームーンCrystal』でエスメロードを演じている。
  • 本作は前作の『美少女戦士セーラームーンS』に続き、本作も特番休止に度々泣かされ、場合に拠っては3週連続特番休止も発生。『筋肉番付』の開始前から視聴率も二桁を割る様になり、後のシリーズ終了の遠因を作ったと言われている。
  • 噂によると、幾原監督の「セーラームーンは原作者無しでもやっていける」という発言が原作者を激怒させ、周囲の説得でスタッフを解任してもう1年だけ放送延長になったという。原作者とアニメスタッフが緊張関係にあったのは事実だが、この噂の真偽はソースが見つからず不明である。本作をもって降板した幾原監督は東映を退社・独立し、本作の一部スタッフと協力しながら原作者チームのリーダーを自ら務めた『少女革命ウテナ』を1997年に発表する。ただし、東映動画は所属アニメーターの他社作品参加を禁じていたため、自由な活動を求めて東映を退社・フリーランスになるアニメーターは少なくなかったという。また本シリーズの場合、独自路線に進もうとしても原作付きアニメの宿命によって原作漫画版の進行に縛られてしまったことも特筆すべき点である。
  • テレ朝がセラムンを続行したかったのは、翌年完成予定だった当時の局戦略(ANNネットワーク拡大運動)完成まで続ける必要があったからであった。

関連イラスト

SuperS僕の乙女

月野 うさぎ + ペガサス月野うさぎ&ちびうさ生誕祭🌛


関連タグ

美少女戦士セーラームーン

美少女戦士セーラームーンシリーズ


シリーズ

美少女戦士セーラームーンS美少女戦士セーラームーンSuperS美少女戦士セーラームーンセーラースターズ


外部リンク

TVアニメ公式サイト

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 342254

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました