ピクシブ百科事典

エリオス

えりおす

『美少女戦士セーラームーン』の登場人物。
目次[非表示]

CV:松野太紀『SuperS』)、山口勝平(バンダイ版ミュージカル『夢戦士・愛・永遠に…』)
演:平山ひかる(ネルケ版ミュージカル『Amour Eternal』)

原作第四部及びそれに対応するアニメ版『SuperS』などに登場する、聖地エリュシオンの守護祭司。
エリオスというよりペガサスと言った方が思い出す人もいるだろう。
デッド・ムーンによる危機に救いを求め、探し求めていた「乙女」であるちびうさと接触し、交流を持つようになる。

設定は原作と『SS』で異なる。

原作

地球の奥深くにある聖地エリュシオンの守護祭司。
エンディミオンを長きに渡り陰ながら見守り続けるものの、実際は二人と地球、聖地とも繋がる四心同体で支え合っている(実年齢は不明確)。
ちなみに、外見は中学一年生くらいのプリンス・エンディミオンそっくりらしい。
地球の役割や仕組みに詳しく、祈りを捧げることによって啓示(予言)を受けたりエリュシオンの浄化の力を地上に届けたり、その他にも本編中の描写だけでもさまざまな能力を駆使する。
第4部の武器、(ちび)ムーン・カレイド・スコープは彼の力添えにより登場した。
(とくに人に対して)力を使う際、額の石から相手に向けて直線状の光を放つ。
女王ネヘレニアによって聖地に掛けられた呪いに敗れその影響を直に受け、身体を蝕まれたうえ一角天馬(ペガサス)の姿に変えられてしまう。
呪いに侵され幽閉された身体を残してエリュシオンを脱出し、精神体のような状態で啓示に従いこの窮地を救ってくれるという「乙女」を探し求め、ちびうさのもとへたどり着く。
ペガサスの姿は呪いによるものであり、翼も頭の角もない少年の姿が本来の姿である。呪いを受けた状態で封じられた人の姿を見せると角(と翼)がついた状態になる。
相手のことを前世からの名前(称号)か戦士名で呼ぶ傾向があるが、ちびうさのことは「乙女」「小さな乙女」と呼ぶ。

アニメ版(SuperS)

人々の美しい夢とゴールデン・クリスタルを守護する祭司。
原作と違い、呪いの効果ではなく特性としてペガサスと少年、ふたつの形態をもっている。
本編中はペガサスの姿でいるほうが圧倒的に多いが自由に変身できるようだ。少年の姿のときにも頭に角をもつ。
早い段階で"エリオス"という名を明かし少年の姿を見せる原作に対し、『SuperS』では物語が終盤にさしかかるころに初めて少年の姿を現す。
名を明かすのもこのときであり、それまでちびうさは彼のことはただ"ペガサス"と呼んでいた。
セーラー戦士をパワーアップさせたり、「美しい夢」の守護に関しては大きな力を行使する。
『SuperS』のセーラームーンの必殺技はちびムーンとの連携で、ちびムーンがクリスタルカリヨンでペガサスを呼ぶ→出現したペガサスがセーラームーンに力を与える→ムーン・ゴージャス メディテイションという流れをほぼ毎回踏襲する(ゆえにちびムーンがいない、ペガサスが現れないなどの場合は必殺技が使えない)。
力を発揮する際に頭の角が輝く。


※以下『SuperS』の核心に関わるネタバレを含みます




この頭の角がゴールデン・クリスタルそのものであり、デッド・ムーンの標的にされていた。
『SuperS』開始前に囚われ、その脱出の際に彼を導いた夢の光の持ち主であるちびうさと『SuperS』第1話で出逢う。
そのときからちびうさは宿主として自身の「夢の鏡」の中に彼を匿うことになる。
敵を警戒して秘密主義であったが「ペガサスと友達になりたい」というちびうさのまっすぐな願いに心を動かされ、彼女にスタリオンレーヴという私的な贈りものをする。
このレーヴ越しの対話や夢の中での逢瀬を重ねて少しずつちびうさとの相互理解、絆を深めていく…。
ちびうさのことは「乙女」「ちびうさちゃん」と呼ぶ。
また、エリュシオンの設定は原作と大幅に違うが、衛(プリンス・エンディミオン)と原作と似た縁をもつ。

ミュージカル版

(演者敬称略)

バンダイ版

『夢戦士・愛・永遠に…』(初出:1995年)
エリオスは舞台装置と声で表現されるペガサスのみ登場。
声の出演はセリフが山口勝平、歌は岩崎元是。

ネルケプランニング版

『Amour Eternal』(初出:2016年)
バンダイ版も含めたミュージカルで唯一、エリオスの人間形態が登場する。
バンダイ版とは逆に人間形態がメイン。ペガサスはエリオス(人間形態)役の平山ひかるによって衣装とダンスで表現される。
キャラクター設定は『SuperS』と原作の折衷をベースにしつつ独自展開を見せる。

関連イラスト

エリオス
エリオス


小さな乙女よ
エリちび


関連タグ

エリちび エリレディ

pixivに投稿された作品 pixivで「エリオス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1399729

コメント