ピクシブ百科事典

スーパーセーラームーン

すーぱーせーらーむーん

『美少女戦士セーラームーン』の原作第三部(アニメS)終盤から原作第四部(アニメSs)に登場する、セーラームーンの強化形態。
目次[非表示]

概要

月野うさぎが第三部(テレビアニメ・旧シリーズ『美少女戦士セーラームーンS』)にて新たに得た変身形態で、セーラームーン強化フォームと言っても過言ではない。モチーフ虹色
第三部で伝説の聖杯の力を借りてセーラームーンから二段変身し、第四部(同シリーズ『美少女戦士セーラームーンSuperS』)ではクライシス・ムーン・コンパクトによって通常変身できるようになる。

通常変身形態からの意匠の変化は、

  1. セーラーのラインの色が黄色に変わる(→黄色)
  2. セーラーとスカートグラデーションが掛かる
  3. チョーカー配色が逆になる(濃いピンクに黄色のハート型の飾り→黄色に濃いピンクのハート型の飾り)
  4. ピアス三日月形に変わる
  5. 肩のプロテクター部分が半透明の三段フリルに変わる
  6. 腰のリボンが長くなり、色が半透明に変わる(濃いピンク→半透明)
  7. 腰のプロテクター部分が二段になり、ブローチが付随する
となっている。また、原作とアニメいずれもグラデーションに関して意匠に差異がある。
具体的に言うなら、
  1. セーラーの襟のグラデーションは原作のみであり、アニメ版にはない
  2. 原作のグラデーションは境目がはっきりしていない淡い色合いとなっているが、テレビアニメ『Ss』では黄色→の境目がはっきり分かれていて色合が濃く、新作アニメ『Crystal』では黄色→青の境目が若干ぼやけているが色合は濃い

その華やかな風貌から、セーラームーンのコスチュームの中でも人気が高い。
pixivでは、原作第四部及びアニメ『Ss』の場合はスーパーセーラーちびムーンとの2ショットで描かれることも少なくない。

原作とテレビアニメ版(旧シリーズ)では設定に様々な違いがある。『Crystal』は基本的に原作と同様の設定のため、以下の記述では原作と統合し、説明を省く。

原作第三部及びテレビアニメ『美少女戦士セーラームーンS

レインボー!
スーパーセーラームーン


(画像左:原作、画像右:アニメ)
ウラヌス宇宙の剣(スペース・ソード)、ネプチューン深海の鏡(ディープ・アクア・ミラー)、プルート時空の珠(ガーネット・オーヴ※)の3つの魔具が揃った事で出現した伝説の聖杯によって、二段階変身した姿。※テレビアニメでは宝珠部分は「クロヌス・オーヴ」と呼ぶ。

攻撃力、防御力が飛躍的にアップするが、急激にエナジーを消耗してしまう為、長時間のスーパー化は不可能。また、9人のセーラー戦士(内部太陽系戦士外部太陽系戦士ちびムーン)のパワーを注いでもらうことが必要で、何らかの状況で一人でも力の供給が絶たれるとスーパー変身が解けることと、スーパー変身が解けた後は戦闘不能になってしまうという弱点も持つ。


変身呪文

センシティブな作品
金色の翼で天に羽ばたけ


伝説の聖杯(レインボー・ムーンカリス)を掲げて、「クライシス・メイクアップ」の掛け声で変身。杯から注がれたパワーを浴び、虹色の蝶々に包まれてこの姿に2段変身する。
但し、原作では掲げる前にマーキュリー達から受け取ったセーラーパワーを杯に集約し注ぐ必要がある(テレビアニメではその必要は無い)。

変身アイテム

Super Sailormoon
Sailor Moon


名称は原作、アニメ共に「伝説の聖杯」だが、テレビアニメ版の設定資料によると、「レインボー・ムーンカリス」という名称がある(アニメ本編には出てこない)。
原作とテレビアニメでは入手経路に差異がある。
原作ではちびうさの図工の宿題うさぎが手伝って完成した粘土の像が変化したものだが、テレビアニメでは外部太陽系戦士タリスマンが3つ揃ったことによって出現した。

必殺技のアイテム

VM - manga Heart Moon Rod
VM - Heart Moon Rod


(画像左:原作、画像右:アニメ)
名称は、「スパイラル・ハート・ムーン・ロッド
通常形態との変化はなし。こちらも原作とテレビアニメでは杖の長さが違う点入手経路という差異がある。
原作版は柄が長く、テレビアニメ版は短い。
入手経路については、原作版はネオ・クイーン・セレニティからちびうさが預かってきたものだが、テレビアニメではうさぎと衛のの力で生まれた。

必殺技

虹色月心激(レインボー・ムーン・ハート・エイク)

Sailor 月
レインボー・ダブル・ムーン・ハート・エイク!
ムーン・スパイラル・ハート・アタック


伝説の聖杯を手に入れ、パワーアップした「ムーン・スパイラル・ハート・アタック」の強化技。
テレビアニメの描写は、ハートの飾りの中の宝石から螺旋形ハートリボンを放って、突然現れた七色の虹と巨大なハート形の光の塊で敵を激突させた後に浄化して消し去る技。
テレビアニメで浄化された敵(ダイモーン)の断末魔は「ラブラブリー」。その後、無機物や生物に憑依していたダイモーンの卵が排出され、割れてその裂け目から黒いもやが抜けていく事で無害化する。
原作第三部後半では、聖杯の力でスーパーセーラーちびムーンにパワーアップしたセーラーちびムーンと、合体技である「虹色双月心激(レインボー・ダブルムーン・ハート・エイク)」を放っている。

月に代わって、お仕置きよ!



原作第四部及びテレビアニメ『美少女戦士セーラームーンSuperS

月に代わってお仕置きよ💕
スーパーセーラームーン


(画像左:原作、画像右:テレビアニメ)
エリュシオンの祭司・エリオスペガサス)の力でパワーアップし、伝説の聖杯がなくても変身出来るようになった。その為、スーパー化ではなく、通常形態。

変身呪文

月の国のひと2
ムーン・クライシス・メイクアップ
SuperS
MOON&MOON


ムーン・クライシス・メイクアップ」の掛け声で変身。ちびムーンとのダブル変身は親子変身とも名高い。
アニメ・旧シリーズではちびうさとの同時変身のバンクしかないが(別々に変身する話はある)、原作・アニメとも1人でも変身は可能

変身アイテム

VM - Crisis Moon Compact


名称は「クライシス・ムーン・コンパクト」。
エリュシオンの祭司・エリオスの力でパワーアップし、コズミック・ハート・コンパクトが変化したもの。同時に、ちびうさの変身ブローチである「ピンク・シュガー・コンパクト」も「ちびムーン・コンパクト」へと変化している。

必殺技のアイテム

VM - manga Moon Kaleido Scope


名称は「カレイド・ムーン・スコープ
原作とテレビアニメでは入手経路ちびムーン用の有無という差異がある。
原作版は衛にちびうさとのお揃いで買ってもらった万華鏡が意思を持って変化したものだが、テレビアニメではエリオスの力でスパイラル・ハート・ムーン・ロッドが変化したもので、ちびムーンの攻撃アイテムはクリスタル・カリヨンとなっている。
原作版及び劇場版『SuperS』では、ちびムーン用の「ちびムーン・カレイド・スコープ」が登場する(TVシリーズでは出てこない)。

カレイドスコープ
月野うさぎ&ちびうさ生誕祭🌛


また、テレビアニメでは『R』魔界樹編以降で使用不能になった「ムーン・ティアラ」も使用可能で、後述のペガサス召喚不能の状況下でアニメ一期前半の必殺技『ムーン・ティアラ・アクション』を使う場面も存在する。

必殺技

ムーン・ゴージャス・メディテーション

Kaleidomoon Scope Eternal Ver.
261
ムーンゴージャスメディテーション


「カレイド・ムーン・スコープ」を剣のように構え、スコープから放たれた鏡の破片を敵に向けて浄化する技。但し、原作のネヘレニアにはの反射攻撃で跳ね返されてしまっている(同時にプリンセス・セレニティ誕生日に起こった過去も戦士達が思い出した)。
原作とテレビアニメでは召喚方法浄化の効果に差異がある。
原作はムーン1人で出し入れ自由だが、テレビアニメではちびムーンが「クリスタル・カリヨン」でエリオス(ペガサス)を召還しなければ出てこない為、必殺技が発動しない。劇場版『SuperS』ではちびムーンと一緒に敵に突撃して行う強化バージョンもある。
テレビアニメで浄化された敵(レムレス)の断末魔は「(万華鏡の中で)ステージアウトー!」。
倒し方はアマゾントリオ配下のレムレスとアマゾネス・カルテット配下のレムレスで異なる。
アマゾントリオ配下の場合は「封印」に近い形だが、アマゾネス・カルテット配下の場合は夢の鏡を飲み込む性質の為か、粉々に砕け散る形で無害化する。

関連イラスト

第三部

20130630
スーパーセーラームーン


第四部

Knight
センシティブな作品



関連タグ

美少女戦士セーラームーン
個別タグ月野うさぎ セーラームーン(キャラクター) エターナルセーラームーン セーラーコスモス プリンセスセーラームーン
関連人物セーラーウラヌス セーラーネプチューン セーラープルート セーラーサターン セーラーマーキュリー セーラーマーズ セーラージュピター セーラーヴィーナス エリオス スーパーセーラーちびムーン タキシード仮面
デス・バスターズ デッド・ムーン
セーラームーンのアイテム 二段変身 強化フォーム
ジャンルヒロイン 変身ヒロイン スーパーヒロイン

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スーパーセーラームーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3540524

コメント