ピクシブ百科事典

ネオ・クイーン・セレニティ

ねおくいーんせれにてぃ

月野うさぎの未来の姿。
目次[非表示]

概要

原作・Webアニメ

原作では彼女が女王として即位するに至った経緯は描かれていないが、地場衛との結婚式で懐妊を認知(第5期ラスト)している。
21世紀初頭の22歳でクリスタル・トーキョーの女王ネオ・クイーン・セレニティに即位。
幻の銀水晶」の力で不老不死になり、同じく不老不死となったキング・エンディミオン(未来の衛)との間に第一王女・スモールレディ(ちびうさ)を産んだ。

ブラック・ムーン一族がクリスタル・トーキョーを襲撃した際は、「幻の銀水晶」の異変に気づいて、一人娘のスモールレディを探しに表に出たところ、プリンス・デマンドの邪視攻撃を受け、防御のためにクリスタルが体を包み込み、眠りについた。

ちびうさがセーラー戦士として目覚めたことがきっかけで蘇り、本体に戻った夫のキングとともにパレスから登場し、離れ離れになっていた娘との再会を果たした。
戦士としては力を失った自身の代わりにと、娘にネメシスを倒すため自らのロッドを託す。
戦いの後はセーラームーンにコズミック・パワーを含む新しい変身コンパクト、内部太陽系戦士にプラネット・パワーを与え、うさぎにお礼を言った。

原作では、さらに先の未来での姿も描かれており、ギャラクシー・コルドロンを護っているセーラー戦士の
セーラーコスモスがうさぎのさらに未来の姿であるとされている。
セーラーコスモスは争いが絶えない遥か未来の巨大な敵・セーラーカオスとの戦いを避け、過去を振り返る為にちびちびセーラーちびちびムーン)となってうさぎたちの前に現れた。
カオスとの戦いの後は過去に自分のしたことは間違っていなかったと再確認し、未来に帰って行った。
なお、コスモスが30世紀よりも後の未来から来たうさぎの転生後の存在なのか、別の未来(平行世界)の
存在であるのかなどは明らかにされていない。

テレビアニメ

「幻の銀水晶」の力で不老不死になり、大変動で壊滅的な被害を受けた30世紀の地球を「幻の銀水晶」の力で再生させると同時にクリスタル・トーキョーという都市を創り、その都市の女王となったとされている。
その後、同じく不老不死となった衛(キング・エンディミオン)と結婚し、彼との間に一人娘・スモールレディが生まれた。

ブラック・ムーン一族がクリスタル・トーキョーを襲撃した際、ちびうさを過去の時代へ逃がし、自身は攻撃を受ける寸前に4人の守護戦士(未来のマーズマーキュリージュピターヴィーナス)の力で、クリスタル
封じられ、守護戦士に護られながらクリスタルの中で眠りについた。

その後、未来へやってきたセーラームーンたちがワイズマンを倒したことで眠りから醒め、離れ離れになっていたちびうさと再会を果たす。

母となってからは、娘のちびうさに、悲しいことやつらいことがあっても、それに耐えて生きていかなければ
ならないことを説き、娘に対して母らしい威厳を見せている。

しかし、過去の自分宛に送った手紙がひらがなばかり(原作・アニメ)、誤字だらけ(テレビアニメ)の文面であるなど、過去と変わっていない面もある。
また、手紙の追伸にて現在のうさぎに「若いうちの勉強はやはり必要だったからがんばってください」と付け加えていた。

容姿

ドレスはプリンセス時代とほぼ同じデザインだが、マーメイド型のドレスになり、腰のリボンが蝶状の羽根のように大きくなり、ティアラが追加されている。
ティアラは原作・Webアニメとテレビアニメ版でデザインが異なる。ティアラの宝石が「幻の銀水晶」の力を繰り出す。
原作・Webアニメは主に銀髪、テレビアニメ版では金髪である。

関連イラスト

moon princess
未来のセーラームーン



関連タグ

セレニティ

pixivに投稿された作品 pixivで「ネオ・クイーン・セレニティ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 356669

コメント