ピクシブ百科事典

ブラックムーン

ぶらっくむーん

セーラームーンおける第二部の敵集団。
目次[非表示]

概要

30世紀の世界において、太陽系第10番惑星『ネメシス』を本拠地とし、白い月の一族であるシルバー・ミレニアムと敵対している組織。メンバー全員に額に黒い逆三日月があるのが特徴。

プリンス・デマンドを頂点とし、その下に作戦の立案と実行を行う翠のエスメロードと紅のルベウス、平行して技術統括の蒼のサフィールが位置している。しかし、デマンドは呪い師であるワイズマンに煽られるままに行動している。

本拠地である惑星ネメシスの固有資源である「邪黒水晶」から放出されるマイナスパワー(テレビアニメ版ではダークパワー)を利用し、反応炉による強大なエネルギーを得て、タイムワープや汎用兵士であるドロイド(人造人間)の製造などを行っている。

と、ここまではどのメディアシリーズでもほぼ同一だが、各キャラクターの性格や侵略の理由など、メディアによって設定が異なる部分が多い。ただどのメディアであっても、強大すぎる力を持った正の属性に反抗する組織として描かれており、そこが魅力の一つとなっている。

原作と『Crystal』における設定

30世紀の地球は、月の一族であるネオ・クイーン・セレニティによって統治され、その都『クリスタル・トーキョー』は「幻の銀水晶」の力で、全ての人間が1000年以上の長寿を満喫でき、争いや破壊のない平和な世界となっていた。しかしながらそれを堕落として拒み、長寿を餌にした宇宙人による侵略と考える者たちが存在した。それがブラック・ムーン一族の初まりであった。

彼らは月の一族に対しテロ攻撃を行うも、月の一族や守護戦士たちにはまるで敵わなかった。そこにどこからともなくワイズマンが現れ、彼らをネメシスへ導き、「邪黒水晶」のことを伝える。「邪黒水晶」の強大な力を得た彼らは、当初の目的から徐々に歪んでゆき、彼らたち自身も「まるで力に踊らされているようだ」と零している。

彼らの歪みを現わす大きな一つが、作戦「Re・play」である。

「Re・play」オペレーション

20世紀への侵略方法として彼らが選択した方法、それは普通の人間を殺し、そこへすり変える形でドロイドが潜入。秘密裏に社会そのものを乗っとり、月の一族ではなく、本来の地球人による統治を継続させ歴史を書き変えるという計画、「Re・play」オペレーションであった。

長寿に対し人の尊厳を唱えたはずの彼らが、手に余る力を入手することでそれと矛盾した方法を選択したのだ。

テレビアニメ版(セーラームーンR)における設定

テレビアニメ版においては、まず30世紀のクリスタルトーキョー誕生までの設定が異なっている。21世紀において地球全体のコールドスリープ現象が起き、30世紀まで眠り続けたということになっており、つまり、長寿の設定が存在しない。

テレビアニメにおけるブラック・ムーン一族は、セーラームーンによる浄化を拒み、地球を出てネメシスを本拠地とした犯罪者たちの子孫となっている。

ネメシスは太陽から遠いために過酷な環境であり、一輪の花すら珍しい自然の中で生きることは出来ず、人工物の中で細々した暮らしが精一杯であった。しかし彼らはそこに存在する「邪黒水晶」により超能力に覚醒し、異次元に居住空間を作り出したり、天候の操作までも可能な技術力を得た。その技術力をもって、自然豊かな地球への移住を要望・打診をするも、ワイズマンの策略により拒まれたと虚偽の報告が行われ、仕方無く地球侵略を決意する。

しかしその攻撃において、欲しいはずだった自然豊かな地球をことごとく破壊してしまっている。

関連イラスト


黒い月の一族



関連タグ

美少女戦士セーラームーン

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラックムーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1221186

コメント