ピクシブ百科事典

ルベウス

るべうす

ラテン語のルビーの語源、ならびに『美少女戦士セーラームーン』の登場人物。
目次[非表示]

概要

cv.高木渉(旧アニメ版)/高橋広樹(Crystal)

原作第二部及びアニメ『美少女戦士セーラームーンR』登場人物。ブラックムーン一族の上級幹部の一人。通称「紅のルベウス」。

アニメ版

未来の「幻の銀水晶」を持って20世紀へ逃げ込んだラビット(ちびうさ)抹殺のため、あやかしの四姉妹を率いて地球侵略の第一陣となる。またラビット抹殺と並行して、30世紀の未来において結界を構成するクリスタルポイントを、20世紀において汚染する作戰も実施した。

好戦的で冷酷な性格。四姉妹ですら「手駒」としか見ていない。失敗を重ねるあやかしの四姉妹を切り捨てたことで彼女らは全員ブラックムーンから離脱、セーラームーンの浄化を受け、人間として生きる道を選んだ。
進退窮り、自身の操る要塞(UFO)にセーラームーンをおびき出し抹殺しようと企むが失敗。一族からも切り捨てられ、爆発する要塞とともに散った。

なお、クリスタルポイント汚染作戰には「20世紀で起きた事象は30世紀に影響を及ぼす」という前提がある。ルベウスはこの前提に沿って、本拠地としたUFOも隠密に徹し、20世紀に対し必要以上の干渉をしていない。作戰の立案実行をあやかしの四姉妹に任せていたのも、不要なタイムパラドックスが生じた際の責任問題を回避するためと思われる。

しかし次のエスメロードの、直接的に過去を侵略する作戰の根底にあるのは、「20世紀で起きた事象は30世紀に影響しない」というパラレルワールド論である。当初20世紀への侵略を検討する時点で未来の地球は破壊されてしまっており、既に価値がない。彼らが移住を希望するのであれば、まだ自然豊かな過去の地球のほうが都合が良いはずであり、にも関わらず先行したのは過去の地球を侵略するエスメロードではなく、ルベウス。このあたりどういった論争があったのかなど考えると面白い。

が、その彼が追いつめられ、東京都民ほぼ全員が目撃できる形でUFOとしておおっぴらに現われ、宣戦を布告する。最終的に敗れたが、おそらくそこまでやっても未来になんの影響もなかったことから、次のエスメロードの作戰が承認を得られたものと思われる。

関連タグ

美少女戦士セーラームーン セーラームーンの敵キャラ ブラックムーン

pixivに投稿された作品 pixivで「ルベウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 230642

コメント