2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

幻の銀水晶

まぼろしのぎんずいしょう

『美少女戦士セーラームーン』シリーズに登場する重要アイテム。
目次[非表示]

概要

 千年前のの王国シルバー・ミレニアム女王に受け継がれる聖石。単に「銀水晶」とも呼ばれる。銀河を統べる聖石とも云われ、聖なる光を発して奇跡を起こす。使い方によっては星をも吹き飛ばす力を秘めている。

 シルバー・ミレニアムの女王クイーン・セレニティが銀水晶を使って、月と地球の戦争で命を落とした人々を20世紀の地球人に転生させ、20世紀にダークキングダムが復活。
 銀水晶はプリンセスが持っているとされ、セーラー戦士・ダークキングダム・当時宝石強盗として活動中のタキシード仮面の三つ巴で探索していた。

 しかし、タキシード仮面セーラームーンを庇って重傷を負い、悲しみに暮れたセーラームーンが前世の記憶を取り戻し、流した涙の一粒が銀水晶となった。

 女王の杖であるムーンスティックに装着して使用される。いつもは大粒の宝石だが、パワーを発揮する時はの形に変化する。エナジーを使い切ると、持ち主も死んでしまうデメリットがあり、クイーン・セレニティが娘たちを転生させて命を落としている。

 普段は月野うさぎのコンパクトの中で力が押さえつけられており、力を解放するのは変身や浄化技の使用などに限られる。

原作

幻の銀水晶


 ダイヤモンドカットの円錐形の宝石。月野謙之にペンダントに加工されている。

 登場早々から強烈な光を発し、枯れた花を蘇らせ、病気の子供を回復させるなどの奇跡を起こした。四天王クイン・ベリルの支配から脱して蘇生するが、肉体が妖魔に変質していた為に意識を保ったまま鉱物と化す。

 力の一部は地場衛の体内に移ったため、真の力が発動するのはクイン・メタリアとの最終決戦以降。この時に初めて銀水晶が花の形に変化し、月の宮殿ムーンキャッスルを復活させる。

 銀水晶の登場以降、星の秘めたる力に魅入られた様々な因縁を持った敵対勢力に狙われることになる。サフィールは、全ての争いの元凶が銀水晶と持ち主のうさぎと考えている。

 デッド・ムーンとの決戦で真の姿であるシルバームーン・クリスタルへと進化。セーラームーンをエターナルセーラームーンにパワーアップさせた。

 30世紀の未来では、地球をクリスタル・トーキョーに変え、絶えず浄化し続けている。


旧テレビアニメ

Inktober - Day 21 - Treasure


 ミラーボール型の丸い宝石。

 クイーン・セレニティが銀水晶を七つの虹水晶に分けて最強妖魔七人衆を善良な人間に転生させており、ダークキングダムとの間で争奪戦が繰り広げられるが、セーラームーンの涙に吸い込まれて銀水晶が復活。

 クイン・ベリルとの最終決戦後、セーラームーンの「普通の女の子に戻りたい」という願い(フィルムコミックスによると、クイーン・セレニティの残留思念が手を貸している)で世界からダークキングダムの影響を消し去り、初めて変身した日の朝に自分たちを転生させた。その影響から、うさぎが再覚醒してからは大きく弱体化している。

 銀水晶を使って、あやかしの四姉妹を人間に転生させている。

 劇場版Rでは、セーラー戦士のバックアップを受け、フィオレが地球に衝突させた彗星を押し返して砕いたが、エナジーを使い切ってしまった(フィオレがエナジーを分けた花を飲んでムーンは回復)。

旧アニメ版が5年持ったのもザックリ言えばこのアイテムの影響であるとの指摘もある。

関連イラスト

水晶


関連タグ

美少女戦士セーラームーン セーラームーンのアイテム
セーラームーン / セレニティ シルバー・ミレニアム
エタニティコアウルトラマントリガー」に登場するアイテム。こちらも同じくコアに魅入られた者やコアを危険だとかんがえる者たちに狙われ、下手をすればとんでもないことになることに繋がりがある。

関連記事

親記事

セーラームーンのアイテム せーらーむーんのあいてむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「幻の銀水晶」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20905

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました