ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

フィオレ

ふぃおれ

本来はイタリア語で“花”を意味する言葉だが、ここでは劇場版『美少女戦士セーラームーンR』に登場するキャラクターについて解説する。
目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. イタリア語で「花」を意味する単語。
  2. 劇場版『美少女戦士セーラームーンR』に登場する敵キャラ。本項で解説
  3. 漫画『クロノクルセイド』の登場人物。本名は「フロレット・ハーベンハイト」。
  4. 小説『Fate/Apocrypha』の登場人物。→フィオレ・フォルヴェッジ・ユグドミレニア
  5. ゲーム『ポケモンレンジャー』に登場する地方。→フィオレ地方

概要

CV:緑川光(小年時代は丸尾知子


劇場版セーラームーンR』のゲストキャラクター。地場衛が少年時代に出会った孤独な異星人。

自分と同じ孤独な仲間を求めて宇宙を漂流し、偶然流れ着いた地球で両親を亡くしたばかりの衛に出会った。

しかし、地球の環境では生きられず、やむなく衛と別れるが、別れの餞別として一輪のバラをもらい、感動した彼はそのお返しの花を持ってくると約束した。


長い時間をかけて衛にふさわしい花を見つけ出したが、実はその花はいくつもの星々を滅ぼした悪魔の花「キセニアン」だった。

弱い心をキセニアンに寄生されたフィオレは、大親友の衛を孤独にした地球人への復讐も兼ねてキセニアンの花畑を作るため、地球の侵略と地球人の皆殺しを企む。

キセニアンに取り憑かれた影響か、キセニアンの分身体の花妖魔を自在に操り、鋭い爪を自在に伸ばしたり、人間のエナジーを奪い取る能力を持つ。


どこかで見たような地球人の青年に変身して衛を迎えに行くが、既に衛には恋人の月野うさぎがいた。

衛にやや偏愛気味な執着心を持っていたが、キセニアンの支配によってその想いは歪んだ形で増幅され、衛をキセニアンの住む小惑星に連れ去ってしまう。さらに「うさぎが衛を騙している」とキセニアンに吹き込まれ、うさぎ抹殺に異常なまでの執念を燃やしている。


ただし、描写からするとキセニアンは彼の憎しみの感情を増幅して取り憑いているらしく、憎しみの感情が薄れるとその力は途端に弱体化するようだ。


以下、ネタバレ注意

衛を助けに来たセーラームーン=うさぎが仲間達を守ろうとする姿に動揺したフィオレは、コントロールを取り戻そうとしたキセニアンに合体される。

髪と服はピンクに変色し、髪のメッシュの色が逆転。心臓部でキセニアンの腕が怪しく蠢く。

全身にまとわりつくキセニアンの触手を操りながら、セーラームーンのエナジーを吸い上げてトドメを刺そうとしたが、セーラームーンを守ろうとした衛=タキシード仮面の薔薇攻撃を受け、あまりのショックに動揺。元の姿に戻り、花妖魔も消滅した。


やぶれかぶれになったフィオレは小惑星を地球に衝突させ、ムーンも衛たちも地球も道連れに死のうとする。

ムーンにトドメを刺すために「幻の銀水晶」を砕こうとしたが、幻の銀水晶が花の形に変形して絶句、憎しみの心を失ってキセニアンもろとも幻の銀水晶の光に浄化された。

フィオレは幻の銀水晶の光の中で、衛にもらった薔薇の花にまつわる真実を垣間見る。


キセニアンの死によって地球は救われたが、小惑星の破壊を防いでエナジーを使い果たしたうさぎの死に涙する衛の前に元の少年の姿で現れる。

自分を救ってくれたうさぎと衛を救うため、自分のエナジーを詰めた花を衛に渡すと、再びどこか遠くの世界へと旅立っていった………。


派生作品

SFCソフト『美少女戦士セーラームーン Anothe Story』においてヘル・デスティニーの運命改変によって復活。

再びセーラー戦士達の前に立ち塞がるが、駆けつけたタキシード仮面に阻まれた為、彼と対決する事になるがその後の顛末については不明。ちなみにあくまでもイベントキャラである為、セーラー戦士たちと対決することは無い。


余談

魔界樹編に登場したエイリアンアンエイルとは何かしらの繋がりがある可能性が高いが、実際の所については不明。エイルとは声優も同じ。キセニアンの声を演じるのはアンと同じ冬馬由美氏である。


幾原監督はtwitterで”「ホモくさい。だがそこがいい」と言われました>フィオレ。 ”と語っている。


関連イラスト

センシティブな作品宇宙人
「衛くんは、誰にも 渡さない…」らくがき


関連タグ

劇場版セーラームーンR 哀しき悪役 エイリアン(セーラームーン) アン(セーラームーン) エイル(セーラームーン) キセニアン ヤンホモ

セーラームーンの敵キャラ

関連記事

親記事

劇場版セーラームーンR げきじょうばんせーらーむーんあーる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1792551

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました