ピクシブ百科事典

フィオレ・フォルヴェッジ・ユグドミレニア

ふぃおれふぉるべっじゆぐどみれにあ

「Fate/Apocrypha」におけるマスターのひとり。
目次[非表示]

此処は遍く全て我ら千界樹(ユグドミレニア)の大地。踏み入った無礼は不問に処します。
この警告を看過するようであれば、死という等価を以て、愚行の代償を支払っていただきます。

プロフィール

身長162cm
体重47kg
血液型A型
誕生日7月12日
スリーサイズB84/ W57/ H82
イメージカラー水色
特技素手のくるみ割り
好きなもの小動物全般
苦手なもの小動物全般
天敵みすぼらしい犬
CV赤﨑千夏


概要

黒のアーチャーのマスター。
黒のバーサーカーのマスターであるカウレス
降霊術と人体工学に特化した魔術師ダーニックの後継者と目されるほどの実力を持つ。

人物

性格は穏やかで奥ゆかしく、例えであっても身分に関係なく礼を忘れない、凛とした貴人。
元々時計塔で学生として在籍しており、ダーニックが魔術協会に宣戦をした時も時計塔での生活も気に入っていた為聖杯大戦にあまり乗り気ではなかったが、ダーニックに大聖杯を見せてもらい、魔術と引き換えに不自由になった足を治すために参戦を決意した。

弟のカウレスとの仲は良好。魔術師的な価値観を持たず不真面目な態度を見せる彼にお説教することも多いが、助力を受ければ素直に応じ、バーサーカーを死なせて嘆いていた時は後を追いかけてまで慰めようとするなど、弟想いの姉。

魔術師としての才能に溢れているが、人としての倫理観を強く持っており、魔術師らしく冷静に振る舞うも非情になり切れず、心が張り裂けそうになっている。逆に弟カウレスの方が精神的には魔術師向きである。
幼い頃に父親に捨て犬を与えられた事があり、カウレスは「実験体」だと理解していたが、フィオレは「ペット」として扱い足が不自由ながらも懸命に世話をしていた。しかしその一週間後に父親に降霊術の失敗した場合を再現するための実験台として使われ、フィオレの前でむごい死を遂げた。魔術師としてその時は表情ひとつ動かさなかったが、カウレスと共に犬の墓を作っていた時に耐え切れずに泣いていた。以後犬の死が現在でもトラウマになっており、犬を思い出す事を恐れるあまり降霊術も一度も失敗した事がなかった。
その脆さをアーチャーやカウレスからは危惧されており、最終的には魔術師に向いていないと自らも理解し、魔術刻印をカウレスに引き継がせる事を決めた。

遠坂の末裔とはまた違ったタイプの「人間らしい魔術の天才」。

能力

前述の通りフォルウェッジ、ひいてはユグドミレニア一族内でも才能に恵まれた優秀な魔術師。
ただし両足にある魔術回路が変質した影響で車椅子での生活を余儀なくされている。
両足の機能を取り戻すには魔術回路を除去しなければいけない状態のため、魔術回路を維持したまま両足を治すことを聖杯に願う。専門外の魔術においてはおおむね不得手であるが、降霊術と人体工学において類稀な才能を見せ、独自のアレンジを加えて作り出した数々の接続強化型魔術礼装(ブロンズリンク・マニピュレーター)は三流の魔術師でも一流を仕留めると言われる程の代物。

なお魔術以外のことに関してはかなり疎いようであり、「インターネット」と聞いて何かの網の一種かと思ってしまうほどのかなりの世間知らず。

関連人物

黒のアーチャー
召喚したサーヴァント。戦闘時以外でも行動を共にするなど信頼関係は厚く、主従関係でありながらもフィオレは彼を教師として仰いでいる。

カウレス・フォルヴェッジ・ユグドミレニア
実弟。彼女と違い才能にも恵まれず科学文明に明るいなど正反対だが、姉弟仲はとても良好。

関連イラスト

無題
Fate/Apocrypha



関連タグ

Fate/Apocrypha 魔術師 車椅子

pixivに投稿された作品 pixivで「フィオレ・フォルヴェッジ・ユグドミレニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 386762

コメント