2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

幻のゲッコウ

まぼろしのげっこう

幻のゲッコウとは、『轟轟戦隊ボウケンジャー』に登場するキャラクターであり、ダークシャドウの首魁である。
目次[非表示]

「古き魂達よ、ツクモガミに宿らん……。影忍法・オオガミの術!カァーッ!!」
声:銀河万丈

データ

  • 身長:43センチメートル
  • 体重:15.5キログラム


概要

ネガティブシンジケートダークシャドウの首魁。
本編では青いフクロウの姿をしているが、元々は人間で影の衆最強の忍者だったが仙人峡に出現した魔鳥を封印し取り込んだことでこの姿になった。

二つ名の通り幻覚幻惑を応用した忍法を得意としているが、無数の式神を操り戦うことも可能。また無数の式神(呪符)でツクモガミを作り出したりその巨大化も行う。普段は拠点から全く動かないので終盤までボウケンジャーと出会っていない。
金儲けの為にプレシャスを利用、部下である闇のヤイバに指示を出しつつ風のシズカを鍛えながら世界各国のプレシャスを入手する事に精を出す。アシュの存在を知っており、彼らが合われた際には関わりたくないのか二人に退却を命じた。
プレシャス入手の目的が「金儲け」という、ある意味でとてもわかりやすい悪役である。

一方でヤイバとは違い根っからの悪党という訳でもなく、あくまで現世利益が目的であり、世界の滅亡などは望んでいない。
終盤では年明け早々ヤイバの裏切りで負傷したところを菜月に助けられしばらく行動を共にする。
その後彼女と共にヤイバに捕らえられ、封印していた魔鳥を解放されたことで乗っ取られ暴走。ボウケンジャーによってふたたび魔鳥が封印されたことで、梟の姿に戻りなんとか解放された(魔鳥の受けたダメージのおかげでボロボロだったが)。
その後、シズカに対して「抜け忍には死あるのみ」としてヤイバの抹殺を命じた。

最終局面ではゴードムの総攻撃を前に、シズカと共に海外へ逃亡したが、その途中で窮地に陥った蒼太を助けている。
最終回では、主戦力であるヤイバがいなくなったため、シズカと一緒に自ら前線に出ており、プレシャスでダークシャドウを復興させようとしていた。

海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン』では、風のシズカと共に魔空監獄に囚われていた。

余談


関連タグ

轟轟戦隊ボウケンジャー

忍者戦隊カクレンジャーツバサマルがデザインモチーフ。
タック:同じく青いフクロウ(ミミズク)がモチーフ。ただしこちらは戦隊達のサポートを担うロボットと色々対照的な存在。

ドン・ドルネロ:タック達が追っていた悪役の親分で、同じく金儲け目的で活動し、世界の滅亡などは望んでいない。またカラーも共通する他部下の反逆に遭ってしまった点も同じだが、こちらは助からなかった。

アイアンキング:「幻の月光」という首領が登場する作品つながり。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4595

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました