ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「私はお前たちのように、金に楽しみを感じられんのでね。破壊と殺戮ほど、高級な趣味はない!」

CV:戸部公爾 スーツアクター:今井晴彦

概要

囚人No.なし 圧縮冷凍年数:不明

ドン・ドルネロ率いるロンダーズファミリーの幹部で、金属でできた黄金の龍が二足歩行してマントを羽織っているかのような容貌のサイボーグであり、ギョロリと光る真ん丸な目が印象的。 左手は3本指のマジックハンドになっている。
戦闘の際は主に左手を変形させたマシンガンと、口からの光線を使用する。

外見こそ完全なロボットだが、人間と同様に自分の意思で思考し行動しており、喜怒哀楽の表現も非常に豊か。 話し方も、低くて押し出すような物言いのドルネロとは対照的に、甲高い声で饒舌によく喋る。性格も冷静沈着で、基本的には丁寧語の落ち着いた物腰で接するが、感情が高ぶると顔が展開し、不気味な顔立ちとなる。

機械技術に明るく、ゼニットなど組織が必要とするメカニックを制作したりもしている。

ただし、ドルネロやリラと違って、金銭よりも破壊と殺戮を好む残忍な気質を秘めており、時に凶悪犯であるヘルズゲート囚人の解放や純粋な破壊兵器の開発など組織の方針とは合わない行動に出ることもあり、その度にドルネロから窘められていた。


名前は日本の通貨単位から。

劇中での活躍

剥がれ落ちて行く理性の仮面

西暦3000年、ドルネロ&リラと共に時間保護局のロンダー刑務所を乗っ取り、20世紀にやって来る。
ドルネロやリラのように金儲けに関心を示さず、破壊や殺戮に喜びを覚えるという危険な嗜好の持ち主であり、解凍する囚人も暗殺者テロリストなど、一際危険な連中ばかり。
Case File.16で解き放った美食放火魔ビンセントも、罪状だけ見れば「食い逃げ犯」と一見小物だが、実際は犯行現場の店に放火して回ると言う相当な凶悪犯である。

ドルネロも当初からそれには気付いてはいたものの、何故かきつく咎める事はせず口頭注意だけに留めていた。
尚、前述の様にドルネロとリラとは目的が異なっているが、仲間意識が無いわけではなく、一緒に食事を楽しむ光景も見られる。

序盤では普段の振る舞いはまだ落ち着いており、囚人に対しても散発的に破壊や殺人をけしかけるだけだったが、Case File.18では彼らにとっては使い道の無さそうな新エネルギー源・λ-2000を第三総合研究所より強奪。
続くCase File.19では、λをより効率良く変換させたゼータ3を使用した、ロンダーズとしては初の巨大破壊ロボット・ノヴァを製作し、今まで例のない大規模破壊を行うなど、ギエンの行動は次第に不可解さを増していく……。


秘められた過去、破滅への暴走

実はギエンはごく普通の人間だった。
元々は30世紀のスラム街の一角で孤独に暮らす、シャボン玉好きで純真なヒューマノイドの青年(地球人かどうかは不明)だったのだ。或る日、当時の敵対勢力によって追われていたドルネロを匿ったことで彼と交流を結ぶが、自身もその追手にかかって瀕死の重傷を負い、それを不憫に思ったドルネロによって闇医者の下に運ばれ、そこで治療も兼ねたサイボーグ手術を施されて今の姿となった。
以前は年齢の割に子供っぽい性格をしており、しかもあまり学校に行ってなかったようで頭が悪く、数字も3より上はろくに数えられない程だったが施術の際に搭載された電子頭脳の影響で優れた知能を得た。しかし、その電子頭脳によって人間だった頃の人格が破壊され、今のような悪党へと変貌。そうしてドルネロと共にファミリーとして犯罪を繰り返すにつれ、やがて異常なまでの殺人・破壊嗜好を膨らませていく。
ギエンを手術した闇医者もそれは予測しており、あらかじめブレーキを掛ける為の封印キーを渡してはいたものの、ドルネロはできるだけそれを使いたくなかったらしい。ギエンが勝手に破壊を繰り返していてもきつく咎めなかったのもここに端を発していた。

だが、そんなドルネロの親心とは裏腹に、ギエンの破壊衝動は更なる加速を見せ、先の破壊兵器ノヴァの開発を皮切りに度々ヘルズゲート囚人を解凍しての破壊活動を行う等、次第にドルネロの意に反した行動が増えて来た。そしてエンボスを解凍しての大規模なバイオテロに及んだ事を機に、とうとう堪忍袋の緒が切れたドルネロの判断によって特殊な制御キーで人格を封印されて軟禁されるが、リュウヤの暗躍でキーを抜かれて活動を再開。

その後、ドルネロが密かにタイムレンジャーに情報を流して再度作らせた封印キーも、やはりリュウヤに妨害された為に逮捕は失敗に終わってしまう。
ドルネロしか作り方を知らないキーをタイムレンジャーが持っていた事を受け、ドルネロがとうとう自分を見限ったことを悟ったギエンは、密かに開発していた破壊ロボット・クライシスを出撃させて暴れるが、その前に、遂に彼を消す決心をしたドルネロが出現。
一度は追い詰められるも、弱々しく命乞いをするギエンを見てトドメを刺せないドルネロを返り討ちにし、遂に殺害する。
そして最後の仕上げとして、クライシスを更に強化して作り上げたロボ・ネオクライシスを操って街で破壊の限りを尽くし、迎撃に出たブイレックスとの激突で、空間さえも歪ませて周囲を崩壊させていく。

実はギエンとブイレックスには同じく「超高密度のλ2000」が動力として使われていた。このエネルギー体には時空を歪める性質があり、両者の激突で時空のバランスが崩れた結果起こったのが、「21世紀の大消滅」と言う惨劇であった。
ブイレックスを至近距離からの放電で沈黙させ、止める者の無くなったギエンとネオクライシス。

「歴史に定められた破壊だ!今日、私は神になる!」

機体冷却の為の休養を挟んで訪れた2001年2月4日、狂気の極みに達した金色の罪人は、遂に地上を完全に廃墟とすべく動き出した。

心を失くした罪人の末路

「破壊、破壊!ヒャハハハハ!!……ドルネロ、僕を見てよ!何処にいるのォ~!?」

ネオクライシスを駆り暴れ狂う中、完全に理性を失ったギエン。最早ドルネロが既に自らの手で殺めてこの世にいない事も、今まで何度も戦ってきたはずのタイムレンジャーの事さえ分からなくなってしまうほどに錯乱してしまっていた。

「何なんだ!?お前たち誰だ!!僕の邪魔をするなァァ~~~ッ!!」

街を闊歩し、目の前の全てのものを叩き潰そうと、再度立ち塞がったブイレックスやタイムロボを相手に大立ち回りを演じる。

だがタイムロボが時間を稼ぐ間に、滝沢直人からDVディフェンダーを受け継いだ浅見竜也がブイレックスのλ-2000をΖ-3に変換。そしてΖ-3のエネルギーによるマックスバーニングがギエンに直撃し、彼のλ-2000も消滅。こうしてネオクライシスは破壊され、同時にギエンのλ-2000も無害な微粒子にまで分解された為、大消滅は防がれた。

「ドルネロ、どこ行っちゃったの…?ボク、お金数えられるようになったよ……イチ…ニィ…」

ボディに致命傷を負ったギエンは周囲に残骸が散らばる中、かつての純粋な心を取り戻すも、直後に力尽きて全身が崩壊。誰に看取られる事無く、ひっそりと消滅して逝った―――――。

余談

劇中を見れば分かる通り、或る意味ではタイムレンジャーに登場したどの囚人よりも恐ろしい犯罪者で、同時にスーパー戦隊の歴史の中でも屈指の悲劇の悪役でもあったギエン。その出生の秘密が開かされる以前に発行された図鑑などではサイボーグでは無く、機械生命体と紹介されていた。

デザイナーである原田吉朗氏曰く、「『常に改造を繰り返す完璧主義者となっており、徐々に改造していく偏執狂』という事で全身が金色になっていく予定だったが、敢えてそうしなかった」らしい(『百化繚乱[下之巻]』より)。

関連タグ

未来戦隊タイムレンジャー ロンダーズファミリー サイボーグ 哀しき悪役
リコモ星人ケバキーア:中の人繋がりで言動や容姿、性格が似ている。
アルジャーノンに花束を:モチーフかもしれない小説。知能は低いが純粋な心の青年が、手術で得た天才的頭脳と引き換えに心を歪ませて孤立し、最後には元の知能に戻るという部分が共通している。

デストラ・マッジョ:ギャングのボスの側近ポジ繋がり。こちらはボスへの忠誠心が強く、最後まで組織のために行動する等、人物像も顛末も対照的。


ケフカ・パラッツォFF6のラスボスで、同じく元は普通の人間だったが人工的に魔導士を生み出す手術によって強大な力を得るのと引き換えに人格が破綻。言動も幼稚且つ狂気染みて次第に破壊衝動に傾倒。やがては世界を崩壊へと導く等、ギエンと共通点が多い。

関連記事

親記事

ロンダーズファミリー ろんだーずふぁみりー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギエン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3465

コメント