ピクシブ百科事典

ザクロバキューム

ざくろばきゅーむ

ザクロバキュームとは、ミケラが生み出したトリノイド第6号である。
目次[非表示]

「こりゃ面白い、作戦変更だ。アナザーアース中の娘から若さをバキュームして、老け娘だらけにしてやる!」
CV:戸部公爾

概要

ミケラザクロロバ掃除機の3つのモチーフを融合させて作り出したトリノイド第6号。
耳の長いロバの頭部をしており、その後頭部にはザクロの実の断面の意匠が見受けられる。両腕はロバの蹄と掃除機のクリーナーが合体した形で、その付け根もザクロの実となっている。腰と両足部分にもザクロの皮が付いているのも見逃せない。

両手に装備された強力な吸引装置によって、あらゆる物を吸い取る能力を持つ。その対象には何と肉体の若さまで含まれており、若い女性から若さを吸い取る事で相手を老婆の姿に変えてしまう。
戦闘では、吸い取ったエネルギーを馬糞に変えて発射する「ロバクダン」を繰り出して来る。一見ふざけた技だが、1発だけで大型トラックを吹き飛ばす程の破壊力を誇る為に決して侮れない。
更に掃除機の特性を最大に活かした技である「グレートキューイン」も強大な吸引力を持つそれで、機能をチェンジした吸引装置からの電撃で相手の弱点を攻撃出来る。そして先程の「ロバクダン」の上位互換である「グレートロバクダン」は、大型戦車を一瞬で粉々にする程の驚異的な威力を誇る。

活躍

ミケラに生み出されてアナザーアースへ出撃すると、セントラルテレビジョンの地下駐車場で凌駕らんるを見つけ、2人からダイノガッツを吸い取るべくバーミア兵を差し向ける。
当初はアバレンジャーのダイノガッツを吸い取る予定だったが、らんるのアイドル時代の親友であったリリアンの若さを偶然吸い取った事を受け、上記の台詞と共にアナザーアースの女性達から若さを吸収する作戦に変更。そうして女性から次々と若さを吸収しては老婆に変えて行き、駆け付けたレッドブルーとも交戦せずに逃走する。

尚、創造主であるミケラは彼の立てた作戦を知り、「このまま老け娘を作り続ければ、アナザーアースの国民年金問題がもっと深刻化するなぁ」と絶賛していた。

その後、再び女性達から若さを奪うべく出撃すると、今度はテニスコートの女性から若さを吸い取ろうとするも、若さの吸い取り過ぎが原因で腹を壊してしまう。
ミケラの指示によって身体のザクロを食べた事で腹の調子が治るや、レッドとブルーをロバクダンで攻撃し、駆け付けたらんるの若さも吸収すべく、飛躍的に上昇している自身の戦闘力でアバレンジャーを迎え撃つが、イエローのアバレスマッシュとイエローフライングダガーの連撃に怯んだ所へ、ダイノダイナマイトを叩き込まれて倒される。

直後にジャメーバ菌を含む雨が降り注ぎ、爆散した自身の破片がその雫を浴びた事で再生巨大化する。
巨大戦ではアバレンオーをグレートロバクダンで攻撃し、続け様にグレートキューインで吸い寄せた後に電撃で苦戦させるも、胸部の爆竜ティラノサウルスに鼻を噛み付かれた為に痛がって隙を見せた所へ、プテラカッターを投擲しての追撃に怯み、最期は爆竜電撃ドリルスピンを喰らって爆散。それと同時に女性達の若さも元の持ち主の所に戻るのだった。

敗北後、彼の糞がアナザーアースからダイノアースの侵略の園に到達した。

余談

モチーフは上記の通りザクロロバ掃除機であり、ミケラが制作に使用したカラーはそれぞれザクロがザクロ科整腸エキス入り紅蓮ザクロ色、ロバがウマ目ウマ科鈍キーエキス入り干草ロバ色、そして掃除機がエレキテル入り超強力バキューム色

第6号のナンバーを冠する彼だが、奇しくもその登場話も第6話と言う偶然の一致が起こった。
尚、同話でゲスト出演していたリリアン役の宮崎瑠依氏はアバレイエロー/樹らんる役のいとうあいこ氏と同様、アイドルユニット「D★shues」のメンバーだった。

声を演じた戸部氏は『未来戦隊タイムレンジャー』のギエン以来、3年ぶりのスーパー戦隊シリーズ出演となった。翌年の『爆竜戦隊アバレンジャー』ではリコモ星人ケバキーアの声を当てている。

関連タグ

爆竜戦隊アバレンジャー 邪命体エヴォリアン ミケラ トリノイド

ドーララドゥーン恐竜スーパー戦隊第1作目『恐竜戦隊ジュウレンジャー』の怪人で、こちらも同じく人間から若さを吸い取る。
モルグモルグ:『星獣戦隊ギンガマン』の怪人で、こちらも同じく女性から若さを奪う。

ズ・バヅー・バ:『仮面ライダークウガ』において第6号のナンバーを冠するライダー怪人
ライオンクリーナー:15年後に登場する『仮面ライダービルド』変身形態。ロバと掃除機に対してこちらはライオンと掃除機

関連記事

親記事

トリノイド とりのいど

兄弟記事

コメント