ピクシブ百科事典

ソウジキジゲン

そうじきじげん

ソウジキジゲンとは、『鳥人戦隊ジェットマン』に登場する次元獣の1体である。
目次[非表示]

「愛だ…愛をくれ……」
CV:山口健

概要

トラン掃除機次元虫を寄生させる事で生み出した次元獣
2台の赤い掃除機が重なってそれぞれ頭部と胴体を形成し、四肢はノズル上の掃除機のコードと言う姿を持つ。

その能力は一言で言えば「人間の愛を吸い取る」と言う物であり、女性から恋愛感情を失くす事によって結婚を放棄させ、子孫を絶滅させようと言うバイラムの目的の為に動いた。本人も人間の愛に飢えており、取り分け結婚直前の熱い女のハートが大好物である為、積極的に女性を襲っては愛を奪おうとした。

戦闘では突風を噴射したり吸引したりと、その戦法も掃除機らしいそれである。

活躍

新婚である咲子と晴夫を始め、結婚式場に現れては新婦の恋心を奪っては婚約を破棄させて回る。
大勢の女性から恋心を奪っても尚、ソウジキジゲンの飢えは満たされぬままだった。

次の獲物を求めて結婚式場へ向かうと、咲子の妹のミチルに頼まれたに捕まって好戦するが、圧倒した末にベンチに叩き付けて負傷させる。更に達4人が駆け付けると、今度は突風攻撃で苦しめた。

その後、スカイキャンプに帰還して作戦を練り直したジェットマン小田切長官の策の下、関東中の結婚式をすべて中止させ、凱とアコを囮にした偽の結婚式を行う。思惑通りソウジキジゲンが現れるが、ミチルが邪魔してしまった為に撤退。
立ちはだかる竜達や遅れて駆け付けた凱とアコを突風で一蹴すると、ミチルの恋心を吸い取って逃げ出してしまう。

やがて光が丘公園にやって来ると、沢山のカップルの姿に「おぉ、こんな良い所があったとは!」と感激し、ソウジキジゲンは早速恋人達の恋心を吸い取ろうとする。
だが、其処へバイクへ乗って追って来た凱が光のアーチの前に現れ、立ちはだかる。

力ずくで愛を奪うなんざ、モテねぇ野郎のすることだぜ!

そう啖呵を切ると、凱は歩きながらブラックコンドルに変身。グリナム兵を打ち倒し、バードブラスターブリンガーソードを手にソウジキジゲンと一騎打ちを繰り広げた末、コンドルフィニッシュで止めを刺す。

直後に次元虫の力でソウジキジゲンは巨大化。ブリンガーソードで向かって来るブラックコンドルを突風でいなして変身解除させ、止めを刺そうとするも駆け付けたジェットイカロスに妨害される。
ジェットランサーで向かって来るジェットイカロスに対し、突風や吸引で応戦するソウジキジゲンだったが、最期はイカロスクラッシャーを叩き込まれて爆散した。

余談

掃除機をモチーフにした怪人はこのソウジキジゲンが初。

ソウジキジゲンの登場した第20話はイカロスクラッシャーが初めて使われた回であると同時に、ジェットイカロスが単独で敵を倒した最後の回でもある。

声を演じた山口氏は昨年も『地球戦隊ファイブマン』でギンガピンクの声を担当していたが、それ以降は縁に恵まれぬまま2011年10月24日に亡くなった為、今作品が最後の戦隊出演となった。

関連タグ

鳥人戦隊ジェットマン 次元戦団バイラム 次元獣(ジェットマン)
掃除機 力ずくで愛を奪うなんざ、モテねぇ野郎のすることだぜ!

ウラワダチケサランパサランのペサラン挫:後のシリーズにおける恋愛繋がりの怪人達で、こちらが吸い取るのは人間の恋心や命である。

バラバキューム4年後に登場する掃除機繋がりの後輩。
掃除機オルグザクロバキュームバキュームバンキソウジキロイドソウジキシャドー:21世紀の後輩達。

バラベイビー:同じく少子高齢化社会を促進させて人間を滅ぼそうとした繋がり。

関連記事

親記事

次元獣(ジェットマン) じげんじゅう

子記事

兄弟記事

コメント