ピクシブ百科事典

バスジゲン

ばすじげん

バスジゲンとは、『鳥人戦隊ジェットマン』に登場する次元獣の1体である。
目次[非表示]

CV:無し

概要

トランバス次元虫を寄生させる事で生み出した次元獣。黒い身体の怪人がバスの被り物をした様な姿を持ち、顔のフロントガラスの部分から鋭い牙が並ぶ他、ライトの部分からも触手が伸びている。右手を除く四肢にもバスの車輪の意匠が見られるが、左手は鋭い牙の生えた口となっている。

元がバスだけに最初から或る程度巨大な次元獣であり、普段はバスに擬態しては乗っていた乗客をトンネル内で殺害していた。その手口はトンネルに入った瞬間に照明を消し、真っ暗になった所を狙って自身の触手で捕えた相手を泡に変えると言う物である。

活躍

ゴールデンウィークに田舎に行く雷太を自身の体内に他の乗客と共に取り込むと、トンネルの闇に紛れて1人ずつ泡に変えて殺害して行く。

最初に登山家風の男性を殺害すると、密室となったバスの中で殺人事件が起きたとして、雷太と香りはバイラムの仕業を疑った為、乗客内に疑心暗鬼が生じてしまう。さながら推理ドラマの様な展開をバイロックからトランが楽しんで眺める中、今度はチンピラ風の男を毒牙に掛け、今度はバスの運転手である太田を殺害する。

やがて前から来た乗用車とぶつかりそうになって急停車すると、遂にバスジゲンは正体を現して触手を伸ばし、乗客達を殺害に掛かる。香と雷太以外の乗客がどうにか脱出する中、バスジゲンは乗用車の運転手を殺害し、続いて雷太を襲うがホワイトスワンに変身した香の手で救出され、2人の脱出を許してしまう。

2人の脱出後、次元虫の力で巨大化したバスジゲンは尚も乗客を守るホワイトスワンとイエローオウルに襲い掛かる。其処へジェットマンの残る3人がジェットマシンで駆け付けて2人を窮地から救い出す。イエローオウルとホワイトスワンもジェットマシンに乗り込んだ事で、5機のジェットマシンはジェットイカロスへと合体し、バスジゲンと巨大戦を繰り広げる。
触手を伸ばして相手を苦戦させるバスジゲンだが、ジェットイカロスの投げたジェットダガーに怯んだ所へ投げ飛ばされ、止めのバードニックセイバーを喰らい爆散した。

余談

モチーフはバスであり、同時にスーパー戦隊シリーズ初のバスの怪人となった。
ピンクフラッシュルー)役の吉田真弓が客の一人を演じていた

関連タグ

鳥人戦隊ジェットマン 次元戦団バイラム 次元獣(ジェットマン)
バス みんなのトラウマ

バスオルグ10年後に登場するバスモチーフの後輩。

バスオン17年後に登場するバス繋がりの味方キャラ。

ストレングス:似たような能力のスタンド。ただしこちらは貨物船

関連記事

親記事

次元獣(ジェットマン) じげんじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バスジゲン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117

コメント