ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

レジェンドガンダム

れじぇんどがんだむ

ZGMF-X666S レジェンドは、TVアニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場するモビルスーツ(MS)である。
目次 [非表示]

レイ・ザ・バレル「正しきあるべき姿へと戻るんだ。人は、世界はっ!」


機体データ


概要

デスティニーと同時開発されたザフトの最新鋭MS。プラント最高評議会議長ギルバート・デュランダルを中心とする開発陣がデスティニーと同様に、核エンジンデュートリオンビーム送電システムのハイブリッド機関であるハイパーデュートリオンエンジンを実装し完成させた。ニュートロンジャマーキャンセラーを搭載しているためユニウス条約違反機に該当し、ザフト製MSとしては「サードステージシリーズ」相当であるが、型式番号のSで表向きにはその仕様を秘匿している。


本機は、第2次ヤキン・ドゥーエ攻防戦で実戦投入されたZGMF-X13A プロヴィデンスの後継発展型に当たる機体で、全身に搭載されたドラグーンシステムによる全方位同時攻撃を本領とする。系列機故か、それとも開発者の意図なのかは不明だが、機体の意匠やカラーリングがプロヴィデンスと類似している。

背面に巨大なドラグーン・プラットフォームを背負っており、プラットフォーム付随のスラスターの大推力によって重力下での飛行も可能となっている。ドラグーンの無線遠隔操作は重力下では不可能だが、ドラグーンはプラットフォームに接続したまま可動砲台として使用する事も可能で、その場合の火力も在来機の比ではない。


ドラグーンの総ビーム砲数はプロヴィデンスに比べ減少している(43→34)ものの、プロヴィデンスのドラグーンの扱いにくさや(フリーダムジャスティスに比べ)少し劣る機動力・武装の取り回しの悪さ等多くの欠点が解消されており、バランスの取れた機体となっている。またプロヴィデンスでは左腕に装着された「MA-V05A 複合兵装防盾システム」にマウントされていたビームサーベルビームジャベリンとして独立したため使い勝手が向上し、シールドもビームシールドを搭載したことで防御力も向上している。


なお、本機のドラグーンシステムはZGMF-X3000Q プロヴィデンスザクにおいて試験されたものの更なる発展型であり、プロヴィデンスザクは実質的な本機のプロトタイプとも言える。


最新技術を盛り込んだサードステージの機体だけあって、ストライクフリーダムインフィニットジャスティスといったMS群と同等の性能を誇るハイエンド機である。


第1次連合・プラント大戦時のプロヴィデンスの伝説的な活躍を継承するものという意味で、レジェンド(伝説)と命名された。また、戦争犯罪者であるラウ・ル・クルーゼが駆ったプロヴィデンスの名を使うのを避ける為とも云われている。


額にはイタリア語で66を指す「SESSANTASEI」(セッサンタセーイ)の文字がある。


武装

MMI-GAU26 17.5mmCIWS

側頭部に内蔵された近接防御火器。デスティニーと共通の武装。ゲイツやファーストステージシリーズのピクウス等従来モデルよりも小口径化され、弾数も増加している。

劇中での使用は確認されていない。


MA-BAR78F 高エネルギービームライフル

プロヴィデンスの「MA-M221 ユーディキウム・ビームライフル」からプロヴィデンスザクの「MA-BAR76T 高エネルギービームライフル」を経由し開発されたこれらの発展改良型専用ビームライフル。

通常のビームライフルを上回る出力を持ちつつ射程距離や連射性能を向上させ、更にユーディキウムに比べ短くスリムになった。そのため、プロヴィデンスでは肩に銃身後端を乗せていたのが解消され、片手で扱えるようになっている。

不使用時はバックパックに縦にマウントされる。


MX-2351 ソリドゥス・フルゴール ビームシールド発生装置

両手の甲に篭手の様に装備されているビームシールドで、デスティニーとの共通装備。ビームを盾として展開し、大出力ビーム砲の直撃さえ防ぎきる。展開中でも内側からの攻撃は素通りし、攻撃と防御を同時に行うことができる。通常は菱形に展開されるが、ビームの出力を調整することで形状を変化させることで、機体全体を保護したりビームガンやビームソードとして使用したりもできる。従来の実体式シールドに比べてビームに対する防御機能は遥かに向上し、同時に総重量の軽減にも一役買っている。


MA-M80S デファイアント改 ビームジャベリン

近接格闘用のビームサーベル系装備。ブラストインパルスに装備されていた「MA-M80 デファイアントビームジャベリン」の発展型もしくは同規格の武装。非使用時には分離させて両脚の側面に収納されている。ラケルタ系ビームサーベルのように柄尻を連結させた「アンビデクストラス・ハルバード」形態で運用するのが標準であり、基本的に分離状態での運用はオプション的な意味合いが強い。

ジャベリンとは「投げ槍」の事であるが、実際にはそのような使用法は確認されていない。ビーム刃の発振技術等を応用して、ブラストインパルスのビームジャベリンと同じように手を離してもビームの刃を保持できるため、この名称とされたと思われる。


ドラグーンシステム

本機の主兵装。ZGMF-X24S カオスのEQFU-5X機動兵装ポッドを経て量子インターフェースにも改良が加えられた第2世代ドラグーンシステムを搭載している。これは空間認識能力が無くても使用できる最新型で、以前の物と異なりパイロットの制限は抑えられて、比較的容易に運用が可能となっている。

また、プロヴィデンスでは想定されなかった重力下での使用にも配慮し、プラットフォームが左右2分割になり折り畳んだり傾斜角を変えたりできるように機構が変更され、大気圏内でもデッドウェイトになりにくいよう工夫された。


GDU-X7 突撃ビーム機動砲

背部プラットフォーム最上端に2基装備される大型ドラグーン。1基につき9門のビーム砲を内蔵する他、砲自体から小型のビームスパイクを形成し直接打撃を与える事も可能であり、このビームスパイクは陽電子リフレクターを容易に貫通する。また、本体への連結時はプラットフォームごと前方に90度倒した砲撃姿勢を取る事も出来る。

劇中ではこのプラットフォームからの一斉射で、ストライクフリーダムのビームシールドを打ち破り態勢を大きく崩させるという活躍を見せた。この点から、デストロイの主砲を上回る威力を誇る可能性がある。


GDU-X5 突撃ビーム機動砲

背部プラットフォーム側面及び腰部に合計8基装備される小型ドラグーン。2門のビーム砲を内蔵し、ドラグーン本来の分離式のビーム攻撃端末としての機能の他、機体との連結時は可動式砲台としても使用できる。この場合、前方に砲口を集中させ面制圧攻撃に用いる事が多い。

また、背面に撃つ事で死角を補い、奇襲的に扱う事も可能。これは特にドラグーンを独立稼動させられない大気圏内戦闘において使用される。


MMI-710 エクスカリバー レーザー対艦刀

ソードインパルスの武装で、ヘブンズベース攻防戦にて1本借り受けて使用。ソードインパルスやデスティニーと共にデストロイを攻撃した。


活躍

第35話、ザフト軍ジブラルタル基地にてデスティニーと同時にロールアウト。プラント最高評議会議長ギルバート・デュランダルによってアスラン・ザラに受領されるが、アスランがメイリン・ホークと共に脱走した為、追撃のために急遽レイ・ザ・バレルが搭乗しシン・アスカの乗るデスティニーと共に出撃、彼らの乗るグフイグナイテッドを攻撃。グフがデスティニーによって撃墜されたことで本来のパイロットがいなくなったため、レジェンドはレイの機体となった。


ミネルバ艦載機となった後、ヘブンズベース攻略戦に参加。ライフルや背部のドラグーンを存分に活かし多方向への攻撃で複数のMSを撃墜。更にデファイアント改でデストロイ1機を単機で墜とす。しかしそれは有効打になりにくく手間取るためか、ルナマリア・ホークソードインパルスからより攻撃力の高いエクスカリバーを1本借りてインパルスと共にデストロイを1機撃墜、最後の1機もデスティニーを含めた3機での連続攻撃で沈めた。


オーブ侵攻では当初はミネルバ内で待機していたが、キラ・ヤマトストライクフリーダムの参戦を受け、一度帰投したデスティニーと共に出撃。数的優位でもストライクフリーダムには手こずるが、ドラグーン一斉射で隙を作りデスティニーにロックオンさせ撃墜寸前まで追い詰める。しかし、そこへアスランの駆るインフィニットジャスティスが参戦したことで阻止された。レジェンドはストライクフリーダムと戦闘を行うが、デスティニーの右腕がインフィニットジャスティスの斬撃で切り落とされ、同時に旗艦を失った他目的であったロード・ジブリールがシャトルで宇宙に逃走してしまったことからミネルバが撤退命令を出したことで、デスティニーを連れて撤退。


レクイエム攻略戦ではデスティニーと共に陽動を務め、初の宇宙戦でドラグーンの本領を発揮、オールレンジ攻撃を駆使して多数の敵機を撃墜。かつてインパルスが大苦戦したザムザザーをもドラグーンで瞬殺するなど、その高い攻撃性能を見せつけた。更にジブリールが搭乗し再度の逃走を図ったガーティ・ルーに即座に対応、大型ドラグーンをブリッジに突撃させて撃沈しジブリールの抹殺に成功した。


レイがメサイアに呼び出された際、デスティニーと共にメサイアへ入港。

そしてレクイエム・メサイアを巡る攻防戦において、キラの駆るストライクフリーダムとの激しい戦闘を展開。

序盤こそラウ・ル・クルーゼを自称するレイの気迫とそれにキラが圧されたこともあり優勢だったものの、レイに対する反論をぶつけて精神的に優勢となったキラにより次々とドラグーンを撃墜され、その後にキラの言葉にレイが大きく動揺した隙にハイマットフルバーストの直撃を受け大破、ストライクフリーダムに傷一つ付けられないまま戦闘不能に陥ってしまう。

その後レイは戦闘不能ではあるが稼働はする機体でメサイアに向かったが、それ以降の行方は不明。メサイアが陥落した為、恐らく失われたと思われる。


余談

初期案

  • 実は当初ザクタイプとして出す案もあったという。後にその初期案をクリンナップしたのがSEEDMSVに登場するプロヴィデンスザクであり、メタ的にもレジェンドの試作機といえる存在となった。
  • レジェンドという名称はストフリやインジャと異なり、登録や組み合わせの関係上名前が変更されたわけということでなく(上記を参照)、最初からプロヴィデンスの名を外す予定だった。これはレジェンドの立ち位置に関係するもので、継承はしているものの様々な事情(主にパイロット関連)で変更された、という設定も関係している。

不遇

  • 事実上のラスボス機であり、終盤の数話しか登場しなかったプロヴィデンスと比べて出番自体は多く、それ相当の活躍を見せているが若干影が薄い。実際他の後半主役ガンダム(ストライクフリーダム、インフィニットジャスティス、デスティニー)がMGやHGCEなどでリメイクされているのに対し、本機のみが未だにリメイクされていないほどである。原因については以下のものが挙げられる。
  • 【ドラグーンシステムの絶対性】…あちらはまだドラグーンが普及していなかった第1次連合・プラント大戦での投入に加え、パイロットの技量も相まって単騎でありながら他を圧倒していた事が大きかった。しかし、第2次連合・プラント大戦では敵対勢力でもドラグーンが運用されている事もあり、(大気圏内での運用を意識してはいるものの)ドラグーンを有している事が絶対優位ではなくなっている。
  • 【パイロットのカリスマ性】…乗り手にしてみても、「自分を生んだ復讐心だけでコーディネイターだらけのザフト内で白服に上り詰め、たった一人で両軍の対立を順序を踏んで苛烈化させた名悪役」のクルーゼと、「出生こそ同じだがデュランダルとの共依存でどっちつかずな性格になってしまった上に、シンにインパルスガンダムのパイロット選考で敗れた、ただの強いザフトレッドの一人」に過ぎないレイとでは悪のカリスマ性も雲泥の差で、それがそのまま搭乗機体にも反映されてしまっているのも大きい。特に自身の野望が果たされる直前のクルーゼの高揚ぶりは関俊彦氏の名演もあってプロヴィデンスの悪役としての圧倒的カリスマ性に拍車をかけている。
  • 【簡略化され過ぎたデザイン】…プロヴィデンスは全体的にマッシブな体型やむき出しになったケーブルなど線の多い不気味なデザインが、悪役然としたクルーゼのカリスマ性も合わさって絶妙な存在感を引き出していた。一方レジェンドはプロヴィデンスから線が減り(上述通りドラグーンの数も大きく減っている)良くも悪くも毒が抜け落ちたかのような、どこかヒーロー感を捨てきれていないようなどっちつかずなデザインとなってしまった。デザインがプロヴィデンスから大幅に簡略化されたことがかえってプロヴィデンスをデチューンした量産機のように見えてしまうのも影が薄い印象を与えてしまう要因になっている。
  • 【劇中での戦績】…プロヴィデンスは元ザフトレッドのディアッカが乗るバスターや地球連合屈指の実力者だったムウのエールストライクを瞬時に戦闘不能にしただけにとどまらず、スーパーコーディネイターであるキラのフリーダムをミーティアを一方的に破壊した上で互角以上に渡り合い、一時的に戦闘不能にまで追い込んだのとは対照的に、本機が無双していたのはほぼ地球連合の量産機しかなく、最終決戦では序盤こそ優勢であったものの逆に一方的に押された末、最終的には撃墜されたというまるで序盤ボスでも相手にするかのような陳腐な展開に終わってしまったのも原因である。ただし活躍の項でも書いてるように、相手取った連合の量産機には突破が難しいデストロイの存在もあり、ストライクフリーダムとの勝敗についてはパイロットの精神状態に左右された部分が大きいため、機体性能自体がストライクフリーダムに劣っていたということはなく、当代最高峰の機体の一つという立場と設定は揺るがない。

  • 総括すると、レジェンドの影の薄さは裏を返せばクルーゼとプロヴィデンスがラスボスとしてはあまりにも完成され過ぎているという意味でもあり、もはやレイとレジェンドじゃなくてもSEEDシリーズでクルーゼに勝る悪役キャラを生み出すのは至難の業となってしまっている。おそらく今後もプロヴィデンス系列のアップデート機体が出ては、(演出や戦績面で)元祖と比較されるのは避けられないのは明白であり、同系列が背負わされた哀しい性と言えるだろう。

アスランとの適性

  • 元々はアスラン用にデュランダル議長が用意した機体だったが、「アスランにもドラグーンを操れるだけの空間認識能力はあるのか」「最初からレイに乗せるつもりでザフトに疑念を持ち出していたアスランにハッタリをかけていたのではないか」は議論の種にもなっていた。
    • これに関しては、アスランの得意戦法といえばジャスティス系列の「連結ビームサーベル」があり、レジェンドにもデファイアント改という類似の武装が存在している点や、後に「機動戦士ガンダムSEEDFREEDOM」でドラグーン採用機を問題なく操作出来ていた=アスランにも高度な空間認識能力はあったと証明されたことからデュランダルはアスランにレジェンドを託したのは本心であった可能性が高い。

アクションベースの原典

  • 何かと不遇な扱いのレジェンドだが、実は強みとなる個性が一つある。それは現在ではすっかり定着したガンプラ用台座アクションベース」採用第一号機という事である。
    • 2006年6月発売の「1/100レジェンドガンダム」に初回特典として初めて万能型の台座が付属することとなった。同ブランドではデスティニー、ストライクフリーダム、インフィニットジャスティスでも初回限定の台座はあったもののいずれも簡易型でジョイントも各機体に特化した万能とはいえないものだった。そんな中おおよその(1/100サイズの)ガンプラに対応させる事を意識した台座はレジェンドが最初だったのである。
    • そしてその半年後、成型色を変えて単品発売されたのが「アクションベース1」だったりする。説明書でも用途が明かされていないBA3-C⑩パーツは、レジェンドに対応させたジョイントの名残り。
    • 以後様々なカラーリングやデザインのアクションベースが発売され、ガンプラの方もアクションベース対応前提に開発されていったのを見ると、レジェンドは『ガンプラの台座の歴史』においては、まごうことなき「伝説の始まり」となった機体なのである。

ビルドシリーズでの出番


スーパーロボット大戦シリーズでの活躍

SEED DESTINYが参戦しているシリーズでは基本的に登場する…が、『第3次Z天獄編』では自軍に合流してもデスティニーの召喚武器としてのみの登場。また『UX』では原作終了後設定の関係で、レイがいないため登場しない。


登場する作品でも無条件で味方にはならず、一定以上の条件を満たして初めて仲間になるパターンが多い。

特にアークエンジェルがプレイヤー側の視点になる作品では登場からしばらくはずっと敵で、中盤以降にザフトとの決着がついてから、条件を満たしていた場合のみ参入が基本。


逆にザフト側がプレイヤー視点になる作品では序盤から味方だが、やはりメサイア攻防戦までに離脱してしまい、条件を満たさないとそのまま永久離脱になってしまう事が多い。

最も「ずっと味方」に近い『L』でもメサイア攻防戦の際の永久離脱分岐はあるので注意。



このようにSEED勢の主要モビルスーツの中で最も使用に制限がかかりがちな機体だけあってか、性能は折り紙付きであることが殆ど。

特にMAP兵器版ドラグーンシステムはストライクフリーダムのものと同じように敵味方の識別ができるタイプであるにもかかわらず、ストフリと違って自機中心円範囲で使いやすく、MAP兵器版も残弾制ではなくEN消費制であるため条件次第で連発可能と、ことMAP兵器においては最強を誇る。

それ以外でも地上MAPでもドラグーンシステムに代わる主砲を持つため使いやすく、総じて「もったいぶって参戦するだけある高性能MS」と言って差し支えない。

相性抜群な相方に恵まれた『L』では、どこぞの冥王に例えられるほどに最強ユニットとして暴れ回るほど。


関連動画


関連タグ

登場作品

機動戦士ガンダムSEED DESTINY


所属(組織・分類)

ザフト

ザフト製MS・戦艦 ZGMFシリーズ サードステージシリーズ(セカンドステージシリーズ)


関連機体

前駆型

ZGMF-X13A プロヴィデンス


兄弟機(サードステージシリーズ)

ZGMF-X42S デスティニー


その他関連機種

ZGMF-X3000Q プロヴィデンスザク(試作型)


関連人物

レイ・ザ・バレル ギルバート・デュランダル


その他

シーザーレジェンドガンダムSDガンダムワールドヒーローズの登場人物。名前の通り、本機をモデルとしていて責任感が強く、一国の国を治めようとする善良な性格の持ち主。つまりは完全に味方サイドキャラクターである。また、デスティニーガンダムをモデルとした司馬懿デスティニーガンダムが敵キャラな事もあり、相対することとなるので、こちらとは一線を画す。

関連記事

親記事

サードステージシリーズ さーどすてーじしりーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 280526

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました