2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「あるべき姿へと戻るんだ。人は、世界は」

機体データ

型式番号ZGMF-X666S
全高18.66m
重量86.02t
装甲材質ヴァリアブルフェイズシフト装甲
動力源ハイパーデュートリオンエンジン
所属ザフト
パイロットレイ・ザ・バレル


概要

デスティニーと同時開発されたザフトの最新鋭MS。プラント最高評議会議長ギルバート・デュランダルを中心とする開発陣が、デスティニーと同様に、核動力と従来型デュートリオンのハイブリッド機関であるハイパーデュートリオンを実装し完成させた。

本機は、第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦で実戦投入されたプロヴィデンスの後継発展型に当たる機体で、全身に搭載されたドラグーンシステムによる全方位同時攻撃を本領とする。系列機故か、それとも開発者の意図なのかは不明だが、機体の意匠やカラーリングがプロヴィデンスと類似している。
背面に巨大なドラグーン・プラットフォームを背負っており、その大推力によって重力下での飛行も可能となっている。ドラグーンの無線遠隔操作は重力下では不可能だが、ビームポッドは機体に接続したまま可動砲台として使用する事も可能で、その場合の火力も在来機の比ではない。

第1次連合・プラント大戦時に伝説的な活躍を見せたプロヴィデンスを継承するものという意味で、レジェンド(伝説)と命名された。また、戦争犯罪者であるラウ・ル・クルーゼが駆ったプロヴィデンスとの差別化を図る為だとも云われている。

額にはイタリア語で66を指す「SESSANTASEI」(セッサンタセーイ)の文字がある。

武装

MMI-GAU26 17.5mmCIWS
側頭部に内蔵された近接防御火器。デスティニーと共通の武装。ゲイツやファーストステージシリーズのピクウス等従来モデルよりも小口径化され、弾数も増加している。

MA-BAR78F 高エネルギービームライフル
プロヴィデンスのユーディキウムを改良した専用ビームライフル。通常のビームライフルを上回る出力を保ちつつ、射程距離や連射性能の向上、ユーディキウムに比べて若干の小型化等を実現している。
不使用時はバックパックに縦にマウントされる。

MX-2351 ソリドゥス・フルゴールビームシールド発生装置
両手の甲に篭手の様に装備されている光学防御兵器。ビームを盾として展開し、大出力ビーム砲の直撃さえ防ぎきる。展開中でも内側からの攻撃は素通りし、攻撃と防御を同時に行うことができる。ビームの出力を調整することでシールドの形状を変形させ機体全体を保護する事や、ビームガンやビームソードとして使用することもできる。従来の実体式シールドに比べ、ビーム攻撃に対する防御機能は遥かに向上し、同時に総重量の軽減にも一役買っている。

MA-M80S デファイアント改ビームジャベリン
近接格闘用のビームサーベル系装備。ブラストインパルスに装備されていた同名のビームジャベリンの発展型もしくは同規格の武装。非使用時には分離させて両脚の側面に収納されている。ラケルタ系ビームサーベルの様に柄尻を連結させた「アンビデクストラス・ハルバード」形状のビームサーベルとして運用するのが標準であり、基本的に分離状態での運用はオプション的な意味合いが強い。
ジャベリンとは「投げ槍」の事であるが、実際にはそのような使用法は確認されていない。ビーム刃の発振技術等を応用して、ブラストインパルスのビームジャベリンと同じように手を離してもビームの刃を保持できる為に、この名称とされたと思われる。

ドラグーン・システム
本機の主兵装。EQFU-5X機動兵装ポッドを経て量子インターフェイスにも改良が加えられた第2世代ドラグーン・システムを搭載している。これは、空間認識能力が無くても使用できる最新型で、以前の物と違ってパイロットの制限は抑えられて、比較的容易に運用が可能となっている。
また、プロヴィデンスでは想定されなかった重力下での使用にも配慮した機構により、大気圏内でもデッドウェイトになりにくいように改良されたプラットフォームを持つ。

GDU-X7 突撃ビーム機動砲
背部プラットフォーム最上端に2基装備される大型ドラグーン。1基につき9門のビーム砲を内蔵する他、砲自体から小型のビームスパイクを形成し直接打撃を与える事も可能。また、本体への連結時はプラットフォームごと前方に90度倒した砲撃姿勢を取る事も出来る。
劇中ではこのプラットフォームからの一斉射で、2対1で体勢を崩していたストライクフリーダムのビームシールドを打ち破る活躍を見せた。この点から、デストロイの主砲を上回る威力を誇る可能性がある。

GDU-X5 突撃ビーム機動砲
背部プラットフォーム側面及び腰部に合計8基装備される小型ドラグーン。2門のビーム砲を内蔵し、ドラグーン本来の分離式のビーム攻撃端末としての機能の他、機体との連結時は可動式砲台としても使用出来る。この場合、前方に砲口を集中させ面制圧攻撃に用いる事が多い。
また、背面に撃つ事で死角を補い、奇襲的に扱う事も可能。これは特にドラグーンを独立稼動させられない大気圏内戦闘において使用される。

活躍

本来ならばアスラン・ザラに受領される予定だったが、アスランがメイリン・ホークと共に脱走した為、追撃のためにレイ・ザ・バレルが搭乗しデスティニーと共に出撃、彼らの乗るグフイグナイテッドを攻撃。そのままなし崩しにレイの機体となった。
ヘブンズベース攻略戦の際にはドラグーンの使用が出来ない地上戦にもかかわらず、僚機のデスティニーやインパルスと共にソードインパルスのエクスカリバーを一本借りて計3機のデストロイを撃破。(しかも内一機は単機で)

オーブ侵攻ではデスティニーと連携してストライクフリーダムを追い詰めるが、インフィニットジャスティスの参戦とデスティニーの破損、同時に出された撤退命令により撤退。

レクイエム攻略戦ではデスティニーと共に陽動を務め、ドラグーンによるオールレンジ攻撃を駆使し多数の敵機を撃墜したほか、ロゴスの黒幕ロード・ジブリール搭乗のガーティ・ルーをドラグーンで撃沈しジブリールを抹殺した。

そしてレクイエム・メサイアを巡る攻防戦において、キラ・ヤマトの駆るストライクフリーダムとの激しい戦闘を展開。
序盤こそ優勢だったものの、キラの言葉に動揺した隙に大半のドラグーンを連続して撃墜された挙句、ハイマットフルバーストの直撃を受け大破、ストライクフリーダムに傷一つ付けられないまま戦闘不能に陥ってしまう。
その後レイはこの機体でメサイアに向かったが、それ以降の行方は不明。メサイアが陥落した為、恐らく失われたと思われる。

余談

  • プロヴィデンスと比べて出番自体は多く、それ相当の活躍を見せているが若干影が薄い。あちらはまだドラグーンが普及していなかった第1次連合・プラント大戦での投入に加え、パイロットの技量も相まって単騎でありながら他を圧倒していた事が大きかった。しかし、第2次連合・プラント大戦では敵対勢力でもドラグーンが運用されている事もあり、(大気圏内での運用を意識してはいるものの)ドラグーンを有している事が絶対的な特徴では無くなっている。また、プロヴィデンスがフリーダムと互角以上に渡り合い、一時的に戦闘不能にまで追い込んだ(最期は相打ちになった)のとは対照的に、本機は序盤こそ優勢であったものの逆に一方的に押された末、最終的には撃墜されたことも一因である。他の後半主役ガンダム(ストライクフリーダム、インフィニットジャスティス、デスティニー)がMGやHGCEなどでリメイクされているのに対し、本機のみが未だにリメイクされていないことも拍車をかけている。



  • 実は当初ザクタイプとして出す案もあったという。後にその初期案をクリンナップしたのがSEEDMSVに登場するプロヴィデンスザクであり、メタ的にもレジェンドの試作機といえる存在となった。

  • レジェンドという名称はストフリやインジャと異なり、登録や組み合わせの関係上名前が変更されたわけということでなく(上記を参照)、最初からプロヴィデンスの名を外す予定だった。これはレジェンドの立ち位置に関係するもので、継承はしているものの様々な事情(主にパイロット関連)で変更された、という設定も関係している。


関連動画



関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
ストライクフリーダム インフィニットジャスティス デスティニー アカツキ
プロヴィデンス ドラグーンシステム
レイ・ザ・バレル ラウ・ル・クルーゼ ギルバート・デュランダル

シーザーレジェンドガンダムSDガンダムワールドヒーローズの登場人物。名前の通り、本機をモデルとしていて責任感が強く、一国の国を治めようとする善良な性格の持ち主。つまりは完全に味方サイドキャラクターである。また、デスティニーガンダムをモデルとした司馬懿デスティニーガンダムが敵キャラな事もあり、相対することとなるので、こちらとは一線を画す。

関連記事

親記事

サードステージシリーズ さーどすてーじしりーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 170890

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました