ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ブラストインパルスガンダム

ぶらすといんぱるすがんだむ

ZGMF-X56S/γ ブラストインパルスとは、「機動戦士ガンダムSEEDDESTINY」に登場するモビルスーツである。
目次 [非表示]

シン・アスカ「そんな綺麗事を…いつまでも!!」


機体データ

インパルス単体と同じ点は割愛。

機体番号ZGMF-X56S/γ
全高19.21m
重量84.68t
追加武装
  • M2000F ケルベロス高エネルギー長射程ビーム砲×2
  • MMI-M16XE2 デリュージー超高初速レール砲×2
  • GMF39 4連装ミサイルランチャー×2
  • MA-M80 デファイアントビームジャベリン×2

概要

対艦戦闘・砲撃戦に特化したシルエット「ブラストシルエット」を装着したインパルス。砲撃戦に特化した点では地球連合軍の開発したストライクランチャーストライカーと運用は近いが、こちらはMSとの戦闘において格闘戦に持ち込まれても対応可能な装備を有する。


ブラストシルエット

対艦攻撃・火力支援を想定した火力強化用のシルエット。

ブラストシルエットは多種多様の火器を搭載しており、火力だけならあのフリーダムにも匹敵するほどで単純な破壊力と射程距離は全シルエット中最強といえる。バッテリー駆動であるため高火力に比例してエネルギー切れは発生しやすいが、デュートリオンビーム送電システムでカバー可能。

ビーム、実体弾、誘導弾と特製の異なる武装をそろえ、インパルス自身のビームライフルで中距離やブラストシルエットの射角を補う事も対応可能な上、中距離以下での戦闘を考慮した装備も備えられており、ある程度は格闘能力と機動性も保たれている。


ヴァリアブルフェイズシフト装甲は白と黒および緑が基調となっている。

機体特性から装甲強度を犠牲にしているという推測が一部ファンからなされているが実際にどのように変更しているかは不明でPS装甲の色と装甲強度に関係があるかも不明である。


フォースソードに比べると全編通してたった3回(PHASE-04、PHASE-28、PHASE-45)と活躍は劣るが、これはミネルバ隊内で地上にて前衛がインパルスとセイバーのみだったこともあり、あまり装備する機会がなかったことが大きい。加えてインパルスのパイロットであるシン・アスカルナマリア・ホーク両名共に遠距離砲撃戦よりも接近戦の方が得意だったのもある。実は地上よりも宇宙での出番の方が多かった形態でもある。とは言え、格闘戦でのアビス撃破やダイダロス基地など印象に残る活躍も多い。


リアルタイムのガンプラでもコレクションシリーズ止まりで、唯一HGと1/100が出なかった(MGとHGCEではプレミアムバンダイ限定で実現している。RGは残念ながら現在も立体化されていない)。


主要3形態の中でも重量が最も重くインパルスの中では最も機動性が低いのだが、大型の推進器を搭載しホバー走行が可能で水上でも使用可能であり、一般機以上の機動性とするものもある。シンはSEED発現状態とはいえこのブラストインパルスでフリーダムの攻撃をかわすという地味にとんでもないことをやってのけている(前回の戦闘ではフォース形態で何も出来ぬまま戦闘不能にされていた)。


武装

M2000F ケルベロス高エネルギー長射程ビーム砲

2門備えられたビーム砲。ガナーウィザードのオルトロスの改良型。インパルスの装備では最長の射程と最強の火力を誇る。それでいて反動も少なくホバリング中でも使用可能。

ランチャーストライカーで言う「アグニ」に匹敵する武装だが、アームがあちらほど柔軟には動かない分射角が取れないためランチャーで行われていた精密射撃には適さず、後述のレールガンと合わせて広い攻撃範囲で大まかな敵軍を一掃する用途で使われコンセプトは意外と異なる。


MMI-M16XE2 デリュージー超高初速レール砲

肩部に装備された2門のレールガン。フリーダムに採用されたクスィフィアスの系列モデルで、プラズマを投射する事も可能としている。ケルベロス、もしくは4連装ミサイルランチャーと同時発射も可能。実弾兵装の為、水中の相手にも使用可能。


GMF39 4連装ミサイルランチャー

ケルベロスと一体になっているミサイルランチャー。AGM141「ファイヤーフライ」誘導ミサイルの発射管が2門の砲身に4つずつ、計8つ備えられている。ケルベロスの砲口と正反対の位置についている為、ケルベロスとの同時発射はできない。


MA-M80 デファイアントビームジャベリン

ブラストインパルスガンダム

ケルベロスの砲身内部に収納されている格闘兵装。柄が長いため敵機との間合いを稼ぐ役割も持つ。

前作ではザフトエースパイロットがランチャーストライクと交戦経験があり、最新鋭量産機で接近戦に持ち込みほぼ一方的に撃破に成功した実績から判明した砲撃系追加武装の弱点を見抜いて装備したものと見られる。

クレタ沖の戦闘ではこれを投擲しアビスの胴体に突き刺すことでアビスを撃破している。


関連項目

機動戦士ガンダムSEEDDESTINY

インパルス ランチャーストライク


GAT-X131 カラミティ:同じ緑系統のカラーリングをした砲撃型モビルスーツ。こちらもホバー移動が可能なため、ザフトが参考にしている可能性もある。


フリーダムガンダム:2023年公開されたリアルタイプカラーが、ブラストインパルスによく似たカラーリングとなっている。


ブラストインパルスSpecⅡ2年後のアップデート版。VPS装甲のカラーが変化している。

関連記事

親記事

シルエットシステム しるえっとしすてむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16553

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました