ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

フェイズシフト装甲の改良型。

ストライクルージュ開発の折に発生した通電率と装甲強度の変化率を参照し、装甲に流す電流の量を装備や状況に応じて調整、装甲へのエネルギー配分を最適化しエネルギー消費を更に抑える事が可能となった。

単なる省エネルギーだけでなく、戦闘レンジに合わせて装甲強度を最大化したり、分子配列の変化によって対水圧に適した相転移率に変化するなど応用性の高い技術。


インパルスガンダムストライクEのように装備を換装すると即時に最適化するため柔軟な対応が可能でありこれらはわかりやすくかつ効果的に使用している例と言える。

また、ガイアガンダムはパイロットに合わせた調整の結果色が変わっており(VPS装甲を採用していないシールドも変わっていることや彼の歴代乗機に近いカラーリングなこと、小説版などから趣味説もある…というよりHGキットなどでは併記されている)、前述のルージュもキラ搭乗時にオリジナルのストライクの設定値に戻したことでカラーリングも戻っておりパイロットに合わせるという運用もできる。

インパルスガンダムSpecⅡデスティニーガンダムSpecⅡはそれぞれ最新型バッテリーと動力の強化によりカラーリングが従来のものから変更されており同型機であっても技術の改良で色が変わっていく可能性がある。


変わり種としては、パイロットのパーソナルカラーにしてしまうことも可能。

リリー専用ブリッツガンダムやカイト専用テスタメントガンダムは更に装甲にかかる電圧をプログラミングで細かく調整し、表面に任意のマークを発生させる、といった使い方をしている。ただし、実装に比して労力は大きくこの辺りになると戦闘での実用的な意味は薄い。


連合侵攻後の停戦時の混乱や避難民によってオーブから各勢力に流出した技術の一つにルージュのPS装甲が挙げられ、VPS装甲は各勢力に広まっている。

主にザフトではインパルスをはじめとするセカンドステージシリーズデスティニーなどのサードステージシリーズストライクフリーダムインフィニットジャスティス、地球連合軍ではライゴウに使用されている。

世界平和監視機構コンパスにはオーブが設計したライジングフリーダムガンダムイモータルジャスティスガンダムがある。


資料によってはバクゥハウンドや地球連合軍のデストロイウィンダムにも採用されているとされる。

新型機の他に、アクタイオン・プロジェクトで再生産と改良が行われたストライクEストライクノワール)、ブルデュエルヴェルデバスターなどが該当、ブリッツの装甲をヴァリアブルフェイズシフト装甲に置き換えた事例もある。


ビルドダイバーズバトローグにおいては「衝撃を軽減する」装甲になっており、「ビームを軽減する」ナノラミネートアーマーと対となっている。


色を様々に変えることができるようになり装備ごとの変更も見られるこの装甲。書籍類では色による防御力や電力消費について相関性が言及されることもあるが、劇中にてその効果は一定していない。


白から近接格闘時に赤に変更されるテスタメントガンダムは漫画版『DESTINY ASTRAY』にて至近戦闘にてパイロットの消耗を狙ったゴールドフレーム天ミナに対し、咄嗟に装甲色を変化させこれに対応したみせた。テスタメントの「装甲強度が増しているらしい」とする資料(『ガンダムSEEDアストレイマスターズ―機動戦士ガンダムSEED ASTRAY作品集』)は存在するが、カイトが機体を獲得した後は機体の巡行時と戦闘時の切り替えに使用されている。このほかにはパワーエクステンダーの搭載も相まって装甲への電力供給が増した原型のストライクルージュも通電率などの変更で赤主体になっている例が確認できる。

『DESTINY』ではインパルスの機体カラー変化から、ソードインパルスの形態では装甲色へのパワーを多く振り分けているとする書籍類もある。しかしながら、劇中では多様なカラーのVPS装甲搭載型MSが登場するものの、その多くはビームを受ければダメージが発生し、実弾を防ぐといった元のPS装甲と同様の受けており、形態やカラーごとに耐久性が変化している描写は見られない。

もっとも、万能機寄りだが近接特化の調節を受けているストライクノワールはその名の通り黒。

ストライクEやライゴウガンダムは近接装備になるとトリコロールの青が水色になる程度。近接特化のブルデュエルも青系統である。

逆に緑系統は砲撃や後方支援の装備や機体が多い傾向にあるため武装に電力を回していて強度が低いという解釈もあるがアニメ本編に出たカオスガンダムは高機動を活かして格闘戦も行う強襲機である。



パイロットに合わせて調節されたガイアガンダム(前述のように違う説もある)や省電力化などからパワーエクステンダーを採用したことでストライクから色が変わったストライクノワール、前述のインパルスやデスティニーのSpecⅡはVPS装甲かつ本人の趣味が介入していない形で従来機からカラーリング変更が言及された例だが特にこれに伴う消費電力や装甲強度に触れていない。



関連タグ

フェイズシフト装甲

関連記事

親記事

フェイズシフト装甲 ふぇいずしふとそうこう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 293621

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました