ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

型式番号:GAT-FJ108
『機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS』に登場。
ファントムペインによるMS開発計画「アクタイオン・プロジェクト」に企業チームの一社として参加していた(所謂ジョイントベンチャー方式で、アクタイオン社がリーダーカンパニーとなることで個々にデバイスの開発を振り分けていた)フジヤマ社が、その際に得られたノウハウとルカス・オドネルが搭乗していたストライクEを元に開発した機体。

原型がストライクEであるために基本構造はそれを踏襲している。一方でストライクシリーズでは内装式であったナイフ等のウェポンホルダーでさえも外装式に変更し、本体を完全に素体化したマルチロール機としての構造を徹底している。本体とワンセットで運用されるストライカーパックはEで導入されたアナザートライアルタイプを発展させ、個々の威力や出力は初代ストライクの三種よりも高めに設定されている。

地球連合軍の主力兵器がMAにシフトしていくなか、フジヤマ社はこのライゴウの完成を皮切りに同勢力のMS産業の中枢へと食い込む皮算用をしていた。

補記

開発した企業の名前が富士山(フジヤマ)なだけあって機体各部にはそれらしいディティールが施されている。(顕著なのは顔のヒゲや肩だろうか)
尚、GUNDAMがOSの呼称として扱われるSEEDシリーズにあって作中堂々と「ライゴウガンダム」と呼ばれる数少ない機体でもある。後にインパルスガンダムプランシェが登場したため、オンリーワンではなくなっている。

専用装備

頭部機関砲/肩部機関砲

本機に内蔵されている攻撃オプション。口径などのデータは詳細不明。

スモールシールド

小型で取り回しのしやすいシールド。両腕にバックラーの様に装備する。
アーマーシュナイダーを格納するスペースがある。

アーマーシュナイダー

スモールシールドに格納されたオプション式の近接武装。
ストライクのものと基本は変わらないが、フィンガーリングが追加されている。

ストライカーパック

スペキュラムストライカー

高機動戦闘用ストライカーパック。エールストライカーの発展系にあたるものだが、スラスターの大型化と増設、翼下パイロン増設によるペイロード拡大、そのパイロンに装着するミサイルによる火力増強など、相対的な面で見ての性能強化が行われた。
また、エールストライカーでの飛行能力が余剰推力による副次的な効果であったことに対し、スペキュラムは当初から重力下での飛行を前提とした設計が行われ、十分な飛行性能を獲得している。

キャリバーンストライカー

格闘戦用ストライカーパック。こちらはソードストライカーの発展系にあたる。
主にソードストライカーの武装を改良、強化したものが中心となるが、新たに大型ビームサーベル「カラドボルグ」が追加され、より格闘戦に特化した改良と強化が行われた。
尚、キャリバーンを装備したライゴウガンダムのVPS装甲は消費電力調整に伴い、水色に近い青となる。

サムブリットストライカー

砲撃、後方支援用ストライカーパック。ランチャーストライカーの発展系にあたる。
「Sum(合計した)Bullet(弾丸)」という名が示すように、ランチャーストライクだけでは無く、カラミティガンダムバスターガンダム等の、他の砲撃戦仕様のデータもフィードバックされ、より実戦的で運用目的に沿った火力と性能の向上に成功した。
これまで肩部に装甲として装着されていたコンボユニットなどの兵装が、全て背部へと装備されているのも、従来の仕様と異なる。
尚、キャリバーンと同じくVPS装甲の電力調整によって装甲色がフルアーマーガンダム
似た、オリーブドラブ調のグリーンに変化し、イメージ的な部分としても分かりやすい。

関連機体

ストライクガンダムストライクE

開発の基礎になった機体。詳細は当該記事にて

余談

  • SEEDMSV等において「MS開発系譜図」という図に「東アジアガンダム」というものが既に登場していたが、それが本機として確定したのは「機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS」に登場してからである。


関連タグ

ストライクガンダム ストライクE

関連記事

親記事

ストライクE すとらいくいー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ライゴウガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3928

コメント