ピクシブ百科事典

地球連合製のMS・MA・戦艦

ちきゅうれんごうせいのもびるすーつもびるあーまーせんかん

地球連合製のモビルスーツとモビルアーマーと戦艦の一覧である。
目次[非表示]

概要

初期GAT-X

デュエルガンダム
エールストライクガンダム


SEEDシリーズにおいて最初に「ガンダム」となる機体を開発したのは地球連合軍である。
元々地球軍においては宇宙戦闘機・スペースポッドの延長戦に位置する機動兵器「メビウス」が主力を務めていたが、ザフトが人型機動兵器であるMS「ジン」を導入するとこれを1:3~1:5、場合によってはそれ以上というキルレシオで圧倒。単機における戦力ではMS開発が急務であることが露呈する。
この連合軍MS開発計画「G計画」の先導をとったのがデュエイン・ハルバートン准将である。ハルバートンは連合軍上層部に同計画を打診するものの、癒着する軍需産業複合体との繋がりからこれは棄却される。上層部は人的損害を容認して大量生産されたMAによる物量戦を固辞していたのだ。これに業を煮やしたハルバートンは私的なコネクション、ロビイストを回り、中立の諸外国を通す事でG計画の進捗を図る。

同じころ、オーブ国内でのMS制式化に焦りを感じていた五大氏族の一つ・サハク家はこの流れを察知し接近。両者の利害は一致し、オーブのコロニーであるヘリオポリスにおいてG計画は本格始動する。
この一連の流れで開発された機体がデュエルガンダムバスターガンダムブリッツガンダムイージスガンダムストライクガンダムら5体からなる初期GAT-Xである。パイロットのサバイバビリティに憤りを感じていたハルバートンが立案した機体らしく、そのコンセプトは徹底した対抗措置と新技術の投入によってザフトのMSを圧倒するCE初の対MS用MSである。当時ザフトの主力兵装であった実体兵器はPS装甲によって無効化され、逆にザフト機の平均的な装甲は携行型ビーム兵器によって容易く貫通する。Nジャマー下において重要となる機動戦(ドッグファイト)能力は人体の動作再現度を高めたフレーム構造による姿勢制御を採用し、運動性でも圧倒した。また、開発時には基本形・白兵戦型、砲戦型、奇襲型、機動戦強襲型、換装遊撃型とコンセプトを振り分けた機体をそろえる事によって部隊運用のシミュレートや、後の量産型で最も適切な種別のトライアルを加味している。

このGATシリーズが画期的だったのはフレーム共通構造を取り入れた点にあり、ボーンフレームはそのままに、装甲や電子機器、装備一式を変更する事によって短期間での新型機の導入が可能となっただけでなく、後々の機体アップデートや整備性の面で多いなアドバンスをもたらした。初期の段階でオーソドックスなX100系列、100系列にミラージュコロイド用の特殊処理を施したX200系列、可変型のX300系列という三種類が確立されていたのも、その拡張性の高さを物語っている。
また、相応に機体操縦性も近似するため、コーディネイターに比べて身体能力の劣るナチュラルでも機種転換が容易である。

カメラアイも生産性を重視したザフト式のモノ・アイカメラを捨て、ニ眼による立体視で空間戦闘時の捕捉性能を向上させるデュアルアイタイプを採用。操縦系統は既に標準化されていたパイロットとの神経接続方式を導入し、その分散処理をスムーズに行う新型OSを採用した。このソフトウェア立ち上げの際は起動画面に

General
Unilateral
Neuro - link
Dispersive
Autonomic
Maneuver
___Synthesis System(「単方向分散型神経接続による汎用自動演習合成システム」)

と表示されるため、頭文字をとって「ガンダム」と呼称される。その特徴的な頭部デザインも相まって、後にCEにおけるガンダムタイプとして一連の構成は拡散されていく事となる。

ただし、鳴り物入りの新型OSは構築が完全でなかった事もあってまともな動作も出来なかったため、四機は強奪の際にOSを上書きされる形で対応して、最後のストライクはキラ・ヤマトがOSを最適化した事で運用してみせた。

型式番号

GATはGressorial Armament Tacticalの略。
前述のように型式番号のナンバリングで機体フレームを表し、100はオーソドックスな基礎系、200はミラージュコロイドのために仕様変更、300は可変機構搭載型を意味する。
番号の1の位は開発ナンバーで、初期GAT-Xであれば101、102デュエル、103バスター、104、105ストライクと連番になっている(101と104が空白になっているのは、シミュレーション段階で存在した実機非製作の機体もカウントしているため)。また、最初期機体であるため10の位の番号はすべて0番台となる。

該当機種(初期GAT-X)

GAT-X102 デュエルガンダム
GAT-X103 バスターガンダム
GAT-X105 ストライクガンダム
GAT-X207 ブリッツガンダム
GAT-X303 イージスガンダム

後期GAT-X

カラミティガンダム
撃滅!


初期GAT-Xのデータが収集された時点で、連合において開発されたG兵器のシリーズ。開発は軍需産業複合体の主導である。ハルバートンと反目していた派閥であるが、ヘリオポリスでの開発時にも理事であるムルタ・アズラエルの腹心であるウィリアム・サザーランドに査察させていたため技術を引き抜く事は容易であった。
フレーム構造などは基本構成は初期GAT-Xを踏襲するが、装甲はTP装甲に改変され省電力化を図っている。
初期GAT-Xが量産化のトライアルを前提としていたのに対し、こちらでは決戦兵器としてのワンオフと当初から量産化・局地対応を前提とした機体とで完全に二分される。前者がカラミティ、フォビドゥン、レイダーの3機で、これらは砲戦・指揮管制、強襲・防衛、機動戦闘といったMSの戦闘ドクトリンに必須な要素を振り分けた特化機を作り、連携運用する事で相互補完する関係にある。それ故に一般的なナチュラルでは対応しきれない機体となったため、身体能力を強化したブーステッドマンの専用機となった。
このうちレイダーのみは当初から制式採用が決定していた量産機の改装機を先行投入したもので、後に成層圏戦闘爆撃機X333レイダーとして完成している。また、フォビドゥンは対エネルギー装甲の応用性から水陸両用機のテストベッドとなり、そうした派生機が量産化される過程で後に700番台(水陸両用)というナンバリングを生んだ。カラミティはストライクに次ぐ新たな万能機開発計画への導入も検討されていたが、本体のユニットコストと拡張時のパーツ点数増加から見送られている。

該当機種(後期GAT-X)

GAT-X131 カラミティガンダム
GAT-X133 ソードカラミティ
GAT-X252 フォビドゥンガンダム
GAT-X255 フォビドゥンブルー
GAT-706S ディープフォビドゥン
GAT-707E フォビドゥンヴォーテクス
GAT-X370 レイダーガンダム
GAT-333 レイダー制式仕様

量産型MS

GAT―01 ストライクダガー
105ダガー


初期GAT-Xの完成を皮切りに、普及品として開発された制式採用型のMS群。初期GAT-Xで検討されていた部隊運用や後続機での有用性を検証するトライアルはヘリオポリスにおける強奪事件によって早々に頓挫したため、開発ベースはX105ストライクに絞られた。これを元に設計されたフルスペックの主力量産機が105ダガーであったが、戦局の推移に伴い性能をダウングレードしてでも戦力の普及が求められたため、簡易型としてストライクダガーが開発される。その後、ストライクダガーのアーキテクスチャーを元に105ダガーのスペックを新規製造・改装の双方で再現できるように作られた機体がダガーLである。いずれもG兵器の携行型ビーム兵器やX100系列フレームといった基本フォーマットは採用し、標準的な性能を引き継ぐ。一方で、デュアルアイには防護ゴーグルを装着した方式をとっている。
初期GAT-Xの際に純粋な神経接続ではナチュラルへの対応に制約が生まれる事は判明していたため、操縦系統はOSに予め動作パターンをインプットし、パイロット側のレスポンスからシステムが予測する半自動操縦を導入した。これは量産型・ワンオフに限らず地球連合軍におけるナチュラル専用機におけるスタンダードとなった。
その一方で地球軍内における少数のコーディネイターやブーステッドマンの能力を生かすべく、性能向上型のロングダガーも開発されている。また、バスターダガーやNダガーNのように鹵獲されたG兵器の性能を再現した機体も導入されるが、その生産数は少数に留まる。
一連の「ダガーシリーズ」の現時点での最終生産型はウィンダムであり、ナチュラルのパイロットであっても原機であるX105ストライクのスペックを標準的に達成している。機体の素性やバックパックのリミッターも含めた場合、乗り手次第ではそれ以上である。

該当機種(量産型MS)

GAT-01 ストライクダガー
GAT-01A1 105ダガー
GAT-02L2 ダガーL
GAT-04 ウィンダム
GAT-01D ロングダガー
GAT-01A2R 105スローターダガー
GAT-A01/E2 バスターダガー
GAT-S02R NダガーN
GAT-X399/Q ワイルドダガー※1
※1 この中でワイルドダガーのみは鹵獲したガイアガンダムのコピーモデルであり、厳密にはダガーシリーズとは別系統の機体である。しかしながら、生産パーツの多くはダガー系列のものに置き換えられているほか、多数が配備され相応の機数を持つ。

CATシリーズ

ハイペリオンと。


GATシリーズの開発はすべて大西洋連邦によって行われていたため、これに危機感を覚えたユーラシア連邦が戦後の主導権を巡った戦争を想定して開発した機体群。
開発参画企業はアクタイオン・インダストリーで、MS開発ノウハウはザフト系の技術を元に同社から齎された。そのためOSや世界規格の兵装ハードポイントやといった部分にはGATシリーズと同規格もみられるが、技術的な繋がりは希薄である。
地球連合内において大西洋が核カードが握り、開発を担当していたユーラシアがこの計画を撤廃、ダガーシリーズの輸入を決定すると機体そのものも凍結されていく。

一方で、アクタイオン社の一部では性能を惜しんだ事から少数の量産試作機が製造された。はずだったが、メサイア戦役後はアクタイオン・インダストリーで本格的な量産化が行われている。

型式番号のCATはComposition Armament Tacticalの略。

該当機種(CATシリーズ)

CAT1-X1/3~3/3 ハイペリオンガンダム
CAT1-XG1/12~12/12 ハイペリオンG
その他、ハイペリオンGのマイナーチェンジ機も複数存在。

アクタイオン・プロジェクト

no title


ユニウス条約締結後に企画されたファントムペイン主導のMS開発計画。従来のマスプロダクトを前提とした機体では性能向上に限界が見られたため、初期機体を再生産し、パイロットに合わせたカスタマイズを施す事で強化を図った意図したワンオフ機であり、CE73年からの戦争期で多くみられたカスタムメイド機の潮流に乗ったコンセプトの一つである。

該当機種(アクタイオン・プロジェクト)

初期GAT-X
GAT-X1022 ブルデュエル
GAT-X103AP ヴェルデバスター
GAT-X105E ストライクE / GAT-X105E+AQM/E-X09S ストライクノワール
GAT-X207SR ネロブリッツ
GAT-X303AA ロッソイージス
後期GAT-X
GAT-X131B ブラウカラミティ
GAT-X252R ロートフォビドゥン
GAT-X370G ゲルプレイダー
その他
MBF-P0X アストレイノワール / MBF-P0XD アストレイノワールD
MBF-P02VV ターンレッド

フジヤマ社製ガンダム

ライゴウガンダム


上述のアクタイオン・プロジェクトに企業チームの一社として参加していた東アジア共和国のフジヤマ社が開発した、MS産業の売り込みをかけたコンセプトモデル。該当機種はライゴウガンダムのみ。

鹵獲機

カオスガンダム
好きなロボをざっくり描く3


厳密には連合の機体ではなく、他勢力から奪取した機体のナンバー。
後にセカンドステージシリーズの一部機体もテスタメントと同じくRGXナンバーを冠されることとなる。
RGX-00 テスタメントガンダム
RGX-01 カオスガンダム
RGX-02 アビスガンダム
RGX-03 ガイアガンダム
RGX-04 プロトセイバー


MA

初期型MA

MOEBIUS ZERO


地球連合の前身となる理事国軍では宇宙作業に従事するスペースポッドが普及しており、これに戦闘装備を換装可能なモディファイを施した機体がミストラルである。
ミストラルでMAの萌芽が見られた後、ザフトとの戦争期運が高まるにつれ地球連合では前時代的なスペースポッドを捨て、より戦闘色の強い宇宙用戦闘機型のMA開発が始まる。この流れで完成したのがメビウス・ゼロ、メビウスである。この二機種のうち、ゼロは主力兵装であるガンバレルに特殊な才能が必要であったことから生産は早々に打ち切られ、装備換装型のメビウスが主力機に選定される。
スラスターをベースとした古典的な空間戦闘機であり、人型ならではの姿勢制御システムを採用したMSに圧倒される。この流れからMAそのものが連合軍内において前時代的な遺物となり、主力兵器としての地位をMSに取って代わられる。以後は蓄積したビーム兵器のノウハウや、最新式無線端末を導入したMAも作られはしたが、その数は少数にとどまった。

該当機種(初期型MA)

MAW-01 ミストラル
TS-MA2 メビウス
TS-MA2mod.00 メビウス・ゼロ
TS-MA4F エグザス
TSX-MA717/ZD ペルグランデ

大型MA

ザムザザー


前述のとおり地球連合軍ではMSが主力の座を務めたものの、特有の半自動制御に対する戦闘ドクトリンをザフト側が構築した事や、根本的なコーディネイターとの技術差からその戦力には再び溝をあけられていくこととなる。
この流れを受け、地球連合で新たな主力機構想として立ち上げられたのがMSの技術を取り入れた大型MAである。機体サイズを肥大化させる事で高出力ビームや陽電子リフレクターといった要塞クラスの装備積載を可能とし、パイロット能力の差はガンナーやドライバー、オペレーターに分割した複数人の操縦で埋める事でこれをカバー。高性能な大型MAを主力に、普及生産されたMSを僚機とするハイローミックス構想でザフトの次世代高性能MSへの対処を図ったのである。
この特色がもっとも色濃いのが空海両用機動兵器であるザムザザーと、拠点防衛型であるゲルズゲーである。これらの延長戦上としてMS形態への可変機構を盛り込んだ機体がデストロイであるが、これは単独のパイロットに合わせた徹底的な高性能化がなされた少数生産機であり、コンセプトはむしろCE73年からの戦争期に見られた意図したカスタムメイド機のものに近似する。
逆にザムザザーやゲルズゲーといった機体の持つ特化性能さえスポイルし、リフレクターとビーム等の砲撃能力に特化した機動戦闘機がユークリッドである。量産化に耐用する構成であるが、そのコンセプトはメビウスに先祖返りしてしまった。
尚、開発は何れの機体もユーラシア連邦に本社を置くアドゥカーフ・メカノインダストリー社が担当している。

該当機種(大型MA)

YMAF-X6BD ザムザザー
YMAG-X7F / YMFG-X7D ゲルズゲー
GFAS-X1 デストロイガンダム
TS-MB1B ユークリッド

戦闘機

地球連合軍において、MSの登場以前に制空戦闘機として機能していた。スピアヘッドを原機としてスカイグラスパーも開発されるが、これも主力に返り咲くことはなく、専らストライカーシステム搭載型MSの支援機に留まる。このうち、コスモグラスパーはスカイグラスパー同様の活躍に加えてメビウスの後継機としての運用も視野に入れられていたもので、分類上はMAに属する。
F-7D スピアヘッド
FX-550 スカイグラスパー
FXet-565 コスモグラスパー

戦艦、車両

LCAM-01XA アークエンジェル
ドミニオン
ガーティ・ルー
ドレイク級宇宙護衛艦
ネルソン級宇宙戦艦
アガメムノン級宇宙母艦
スペングラー級(タラワ級)
ダニロフ級(デモイン級、アーカンソー級)
フレーザ級
ハンニバル級
リニアガン・タンク
ブルドック

関連記事

親記事

地球連合軍(ガンダムSEED) ちきゅうれんごうぐん

子記事

兄弟記事

コメント