ピクシブ百科事典

105ダガー

だがー

「機動戦士ガンダムSEEDMSV」に登場する連合軍の量産型MS。
目次[非表示]

概要


ストライクの量産型は何というMS?」
という質問に、「ストライクダガー!」と答えるだけでは、半分正解で半分不正解となる。

そう、この「ダガー」の存在を忘れてはならないからだ。

形式番号GAT-01A1。ストライクダガーはあくまでも戦時量産型として急造されたものであるが、
このダガーはストライクダガーで排除された各種機能を盛り込んだストライクの正当な量産機である。
正式名称はダガーだが、ストライクの型式番号「GAT-X105」を取って通称「105ダガー」(いちまるごだがー)と呼ばれることもある。

ダガーは、ストライクのスペックダウンによる量産ではなく、高性能なスペックは極力維持し、それをストライクよりも廉価なものにすることで、既存の量産機とは一線を画す性能を持っている。恐らく、ガンダムシリーズでも(高級量産機も含めた上で)かなり上位ランクのステージの性能を持っているMSであろう。

本機の主な特徴としては、ストライカーパックを装着、換装することによる汎用性の拡大が挙げられる。戦時急造型の量産機であるストライクダガーでは見送られたストライカーパック用プラグを持ち、バックパックを換装する事で様々な戦況に対応出来る。
また、コスト面の問題からPS装甲、TP装甲は採用されなかったものの、胴体部やエンジン部分などの主要機関の保護の為にアークエンジェルなどの戦艦に採用されていたDPX-D30融除剤ジェルを使用した対ビーム装甲「ラミネート装甲」を採用。後々のザフトのMSの主力兵器がビーム兵器に変わることを考えれば、ある意味PS装甲を採用するよりかは実用的な判断であったようにも思われる。
頭部センサーのスペックはストライクとほぼ同レベルまで引き上げられている。
ストライクのスペックに再検討を加え、ストライクダガーのものに更に改良を加えた
新OSを搭載した事で、パイロットの能力を問わない扱いやすい機体となっている。

しかし、コストを試作機よりも削減しているとはいえ、戦時中の生産性ではストライクダガーが勝っており、結果試作機、データ検証機含めて23機のみの生産に留まっている。
とはいえ、やはりその性能は高く、2年後のC.E.73でもヘブンズベース防衛や、メサイア攻防戦にも実戦投入されていた。

余談だが、このMSはホビージャパンのMSV人気投票で一位に輝いたこともある。その後、HGにて立体化されたり、種死39話で数カットながらストライカーパック装備の本機が登場した。
やっぱりダガーは凄かった!

武装

GAU8M2 52mm機関砲ポッド
最初期に生産されたダガーに装備された実弾武装。
元々はレイダー制式仕様の副翼に搭載されるオプション。

MX703G ビームライフル
本機の主兵装・・・のはずだが、M703k ビームカービンの普及によってスローターダガー等のごく一部の機体にしか配備されていない。外装はGAU8M2 52mm機関砲ポッドだが、中身はほとんど別物。

M703 57mmビームライフル
ストライクダガー等に採用されている量産機用ビームライフル。

M703k ビームカービン
ダガーL等で運用されている単銃身のビームライフル。

ES01 ビームサーベル
設置箇所は両腰に1基ずつ装備されている接近戦武装。ビームの色はイージスガンダムと同じく黄色。

40mm口径近接自動防御機関砲「イーゲルシュテルンII」
頭部両側面に内蔵されているバルカン砲。小口径化したが、弾芯の改良によって貫通力の低下を抑えている。

12.5mm対人機関銃
足の甲部に内蔵された機関銃。対歩兵用の装備。

対ビームシールド
耐ビームコーティングを施したシールド。ストライクダガーの物と同等。

ストライカーパックシステム

本機最大の特徴でもあるストライクと共通の換装システム。
本項以外のストライカーパックについては、ストライクガンダムダガーLの項などを参照。

AQM/E-X04 ガンバレルストライカー

メビウス・ゼロをスケールダウンした風貌のストライカーパック。
パックの中でも異質な存在となっている。

AQM/E-A4E1 ジェットストライカー

大気圏内用の高機動空戦型のストライカーパック。

関連機体

ストライクダガー ダガーL スローターダガー

pixivに投稿された作品 pixivで「105ダガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8056

コメント