ピクシブ百科事典

ウッソ・エヴィン

うっそえゔぃん

ウッソ・エヴィンとは「機動戦士Vガンダム」の主人公である。
目次[非表示]

CV:阪口大助

人物像

地球のヨーロッパの山奥にある集落「ポイント・カサレリア」に住む13歳の少年。
それまでのガンダムパイロットとして最も若く、両親は「自分の息子はニュータイプである」と確信を持ち、母のミューラ・ミゲルと父のハンゲルグ・エヴィンによって幼い頃から戦闘スキルや高度な知識、モビルスーツの操縦などを教え込まれた。
その後、両親はまだ幼いウッソを置いて突然行方をくらましてしまうが、自然の中での自活スキルをあらかじめ教育されており、子供の一人暮らしでも逞しく成長している。
カサレリアの近くにある特別区の街「ウーイッグ」に住むカテジナ・ルースに一目惚れしており、街を行くカテジナの隠し撮りをしていた描写がある。きっかけは不明だが直にカテジナと知り合えたらしく、現在はメールフレンドとして交流している。
成り行きでザンスカール帝国の実験部隊「イエロージャケット」と交戦し、クロノクル・アシャーの乗る試作モビルスーツシャッコーを奪取した事から、帝国と対立するレジスタンス「リガ・ミリティア」と行動を共にすることになる。
その最中、負傷したマーベット・フィンガーハットに代わりVガンダムのメインパイロットを務め、周囲の大人たちから「スペシャルな少年」だとして高い実力を評価され、リガ・ミリティアのエースとなりその才覚を表していく。
Vガンダムから後継機であるV2ガンダムに乗り換えてからは本格的に組織の中心戦力として活躍した。
終盤になると、長距離からメガビームライフル・ロングレンジキャノンを対象に直撃させる、振り向きざま迫り来るビームを自分のライフルのビームで撃ち落す(ビームを狙って相殺する)など、凄まじい技量を見せ付けた。

その幼さやひたむきな性格は女性の母性本能を刺激するらしく、隊長以外が女性だけで構成されているシュラク隊や敵の女性兵士といった年上の女性から目をかけられる事が多く、幼なじみのシャクティ・カリンをやきもきさせていた。
特にザンスカール軍のルペ・シノからは何度かの交戦を経て「自分の子になれ」と過剰とも言える愛情を受けたものの、「お母さんをやりたいなら、自分で子供を産んでそれでやってくださいよ!」と最後まで拒否の意思を示し続けた。

13歳という年齢ならではの柔軟な発想を持ち、少年とは思えない知識量と持ち合わせたニュータイプの資質によって、時に奇抜とも言える作戦を立案する。
マイクロ波を敵基地に送信して腹痛を起こさせ混乱させたり、ガンダムのパーツを飛ばして敵にぶつけるなど、他では到底考えつかないような柔軟かつ斬新な戦闘アイデアを幾つも編み出し、ザンスカール戦争を終戦まで戦い抜いている事から、彼の能力が如何に特異であるかが伺える。
英才教育の賜物からかその若さで大人びた一面を見せるものの、時として歳相応の「子供らしさ」が表に出る事も少なくはない。
一方、モビルスーツパイロットとして活躍するが、その若さ故に戦争の現実を感じてしまい、情緒不安定になってしまう面も見受けられ、特に戦争終盤ではエゴを剥き出しにする敵に対して鬼気迫る迫力で反論する一面も見られ、彼にとってその「若さ」が長所であると共に短所である事が伺える。

ニュータイプとして

当初からニュータイプとして優れた素養を示したウッソだが、物語開始時点では完全な地球生まれ・地球育ちのアースノイド(不法居住者)のため、ジオン・ズム・ダイクンの示したニュータイプ論(宇宙に進出、適応する事による認識力の拡大)を根底から覆しかねない人物であるともいえる。
なお、ウッソ本人はニュータイプの概念について「棄民されたスペースノイドが自己肯定のために生み出した自慰的な考え方」と断じている(小説版)が、天賦の才を地球の恵みの中で育て伸ばした彼がこのような見識を持っているのは、スペースノイドにとっては皮肉を通り越して絶望的ですらある。

またこのため、カミーユジュドーバナージといったスペースノイドの主人公らとは逆に、宇宙に上がった際に宇宙空間の広大さや、スペースコロニーの建造技術に驚嘆する場面が描かれていた。

余談

名前の由来

「嘘」から来ており、「少年なのに嘘のように強い」という意味合いがある。
実際、彼の活躍は13歳という幼い少年にしてはあまりにも出来過ぎたものであり、本来ならばライバルポジションである成人男性のクロノクル・アシャーを完全に蹴落としてしまっていた。
結局、クライマックスで彼に立ち塞がった最後の敵は、かつてのペンフレンドであり憧れの女性であったカテジナ・ルースであった。

シャアの末裔説

ウッソの母親シャアの愛人の姓が同一であり、時代的にもシャアの孫に当たるのではないかとささやかれていた。
が、富野氏はこれを否定。苗字の綴りも一致しないため、現在はシャアとは無関係だと認識されている。

パーソナルマーク

機体に描かれるパーソナルマークは、イニシャル(U・E)を重ねて描いたペガサスであり、アムロ・レイがパーソナルマークにイニシャルをアレンジしたユニコーンを使用していた事と比較すると面白い。
2015年に発売されたマスターグレードには、グレー一色と正式カラーの二種のパーソナルマークがデカールとして添付された。

関連イラスト

ガンダムッッ!!
ウッソ・エヴィン少年。



関連項目

機動戦士Vガンダム
Vガンダム V2ガンダム シャッコー
シャクティ・カリン カテジナ・ルース

pixivに投稿された作品 pixivで「ウッソ・エヴィン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 213977

コメント