ピクシブ百科事典

ユーレン・ヒビキ

ゆーれんひびき

ユーレン・ヒビキとは、『機動戦士ガンダムSEED』に登場するキャラクター。

CV:柳沢栄治

人物

博士号を持っている遺伝子研究の専門家で、キラ・ヤマトカガリ・ユラ・アスハの本当の父親。

コーディネイター作成禁止法下で、不正にコーディネイターを制作していたG.A.R.M.R&D社の研究所が存在するメンデルコロニーにて、主任研究員として妻のヴィア・ヒビキと共に勤務していた。

当初こそ人類の進歩や幸福の為に遺伝子研究に取り組んでいたものの、最高のコーディネイターたるスーパーコーディネイターの創造に取りつかれて「人工子宮」を開発する。そしてスーパーコーディネイター誕生の為に、人工子宮の生体サンプルとして多くの胎児の命を使い捨てにした人体実験を繰り返し、この件で妻からは激しく非難された。さらにヴィアの胎内に宿った自らの二卵性双生児(受精卵)のうち男児の方を最終実験体にする事を決定し、自身の息子を最高の技術で最高のコーディネイターにする為の人工子宮研究の研究資金と引き換えに、資産家アル・ダ・フラガの依頼で彼のクローンであるラウ・ル・クルーゼを生み出し、クルーゼが世界を憎む原因を作った。

そして、ようやく最高のコーディネイターたるキラ・ヤマトが誕生した直後に、ヴィアと共にブルーコスモスの襲撃を受けて生死不明となった(宇宙での事件だった為に、遺体が確認されていないので記録上はこういう形だが、確実に2人とも死んでいる)。
生まれて間もないキラとカガリはその直前にヴィアによって、彼女の妹のカリダ・ヤマト夫妻に託されて、彼らと共にメンデルを脱出して一命をとりとめていた。
そしてキラはヤマト夫妻に、カガリはユーレンの学生時代の友人であり、ヴィアとも生前交流のあったウズミ・ナラ・アスハにそれぞれ引き取られた。

関連項目

機動戦士ガンダムSEED
キラ・ヤマト カガリ・ユラ・アスハ 
全ての元凶  だいたいこいつのせい マッドサイエンティスト 毒親

白神博士:平成ゴジラシリーズゴジラVSビオランテに登場するバイオテクノロジーの科学者でもある父親キャラ繋がり、彼も死んだ娘をよみがえらせようとしてスーパーコーディネイター動揺もしくはそれ以上のある意味許されざる命を生み出している

関連記事

親記事

機動戦士ガンダムSEED きどうせんしがんだむしーど

兄弟記事

コメント