ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

「私の子供だ! 最高の技術で、最高のコーディネイターとするんだ!」


CV:柳沢栄治

人物

博士号を持っている遺伝子研究の専門家で、キラ・ヤマトカガリ・ユラ・アスハの本当の父親。


コーディネイター作成禁止法下で、不正にコーディネイターを制作していたG.A.R.M.R&D社の研究所が存在するメンデルコロニーにて、主任研究員として妻のヴィア・ヒビキと共に夫婦で勤務していた。


当初こそ『人類の進歩や幸福』の為に遺伝子研究に取り組んでいたものの……コーディネイターの制作を行っていく中で、遺伝子調整した通りに誕生しない最大の不確定要素が「妊娠中の母胎」である事を突き止め、最高のコーディネイターたるスーパーコーディネイターの「完成」と言う狂気に取り憑かれて、「人工子宮」を開発する。更にスーパーコーディネイター誕生の為に、人工子宮の生体サンプルとして 多くの胎児の生命を使い捨てにした人体実験を繰り返し、この件で妻からは「あれは物ではない! 生命(いのち)なのよ!」と激しく非難された。

それでも制止することなく、ついには妻の胎内に宿った自らの二卵性双生児(受精卵)の内、男児の方を最終実験体にする事を決定する。 【自身の息子を最高の技術で最高のコーディネイターにする】という野望の為の人工子宮研究の研究資金と引き換えに、資産家アル・ダ・フラガの依頼で彼のクローンを生み出した(しかし、テロメアの短さから失敗作の烙印を押され、これが後々の悲劇の遠因となってしまう)。


そして、ようやく最高のコーディネイターたるキラ・ヤマトが誕生した直後に、ヴィアと共にブルーコスモスの襲撃を受けて生死不明となった。

生まれて間もないキラとカガリはその直前にヴィアによって、彼女の妹のカリダ・ヤマト夫妻に託されて、彼らと共にメンデルを脱出して一命をとりとめていた。

そしてキラはヤマト夫妻に、カガリはユーレンの学生時代の友人であり、ヴィアとも生前交流のあったウズミ・ナラ・アスハにそれぞれ引き取られた。


なお、ブルーコスモスの襲撃事件については宇宙での事件だった為に、遺体が確認されていないので記録上は「生死不明」と言う形だが、確実に2人とも死んでいるとされている。

しかし、主人公・キラの出生に関する黒幕的な存在でもある点から、一部のファンからは「実は何らかの形で生存していてどこかで暗躍しているのではないか?」と推測されたりもしている。


SEED FREEDOM』では本人こそ登場しなかったものの、ある人物と関わりがあった。その人物の詳細はあちらに譲るが、作中で見せた人間性と所業により一部のファンから「ユーレンの方が遥かにマシ」と評されている。


ただ、キラが誕生するまでの過程である疑惑が浮上しており、更に、キラの恋人となったラクス・クラインの出生もメンデル絡みであり、研究員だった彼女の母とも何らかの関係があった可能性がある。


ぼやけた顔写真という形だが、少年時代のある人物と一緒に写ってる写真があったことから、その人物とも関わりがあったことがうかがえる。


関連項目

機動戦士ガンダムSEED

キラ・ヤマト カガリ・ユラ・アスハ ラウ・ル・クルーゼ

全ての元凶  だいたいこいつのせい マッドサイエンティスト 毒親

関連記事

親記事

機動戦士ガンダムSEED きどうせんしがんだむしーど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8549

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました