ピクシブ百科事典

アスラン・ザラ

あすらんざら

アスラン・ザラとは、TVアニメ「機動戦士ガンダムSEED」の登場人物。同作に於ける主人公の一人である。
目次[非表示]

プロフィール

<
誕生日C.E.55年10月29日
星座さそり座
血液型O型
年齢16歳(SEED)→18歳(SEED DESTINY)
身長170cm(SEED)→174cm(SEED DESTINY)
体重63kg(SEED)→60kg(SEED DESTINY)
声優石田彰


人物像

第二世代コーディネーター。プラント・ディセンベル市出身。
前髪を大きく分けたダークブルーのミドルヘアとグリーンの瞳が特徴的な母親似の美少年。

極めて誠実かつ生真面目、悪く言えば朴念仁な性格をしており、戦争で泥沼化していく世界情勢や実父とのすれ違いなどが原因で、思い悩む姿が見受けられた。
生身での戦闘力はSEED世界随一で、ザフトの士官アカデミー歴代1位の成績を誇る(モビルスーツ戦・ナイフ戦・情報処理1位、射撃・爆薬処理2位)。

キラ・ヤマトの幼馴染であり、後のプラント最高評議会議長パトリック・ザラの息子。
母親レノア・ザラはナチュラル原理主義派による大規模テロ「血のバレンタイン」の際に死去している。
そのため当初はナチュラルに対して良い感情を抱いていなかった。
ラクス・クラインとは婚約者同士であったが、互いに意中の人物が出来たため自然消滅した。

趣味は機械弄りで、ラクスの所有する「ハロ」はほぼ彼の作品。
キラの持つマスコットロボット「トリィ」も幼年時代キラとの別れの際に贈った自作ロボットである。

キラやシンと比較して白兵戦を行う事が多く、はっきり言ってしまうとモビルスーツ戦よりそちらの活躍の方が多い。また、SPとしての能力も高い。ミーア・キャンベルを狙った複数の刺客に対して大立ち回りを演じ、返り討ちにしたこともあった。
モビルスーツ戦においてはキラのようなできるだけ犠牲を減らす戦法はとらないが、何度か敵機や戦艦の急所を狙わないように考慮して攻撃をした事があり、それを実行できるだけの技量も備えていることから、キラに次ぐか並ぶ程のSEED世界でトップクラスの操縦技術の持ち主であることは間違い無いと言える。

略歴

SEED時代

ザフト所属クルーゼ隊のエリートパイロットとして登場。
幼馴染のキラ・ヤマトが連合側についてしまった事で敵対してしまい苦悩するが、紆余曲折を経て和解。
最高評議会議長である父がナチュラルへの憎悪のあまり、すべてのナチュラルを滅ぼすことを目的とした「絶滅戦争」を推し進めている事実に驚愕。ザフトを離反し、三隻連合軍のエースパイロットとして獅子奮迅の活躍を見せた。
終盤では最期まで父と和解する事は敵わず、息子として責任を取り地球への攻撃を行う砲台ジェネシスを破壊すべく死を賭した自爆を決行するが、 カガリ・ユラ・アスハの説得に応じ脱出、生存。
戦後は穏健派がプラントの実権を握ったことから複雑な立場となり、厄介払いされる形でオーブへ亡命。キラ達と共にマルキオ導師の元で暮らすこととなった。

DESTINY時代

前大戦終結後、キラ、ラクスと共にオーブへ身を寄せ、カガリの護衛アレックス・ディノとして活動していたが、カガリがプラントを訪れた際の随員になったことで故郷へ一時的に帰還。ファントムペインのテロに巻き込まれる形でミネルバに避難し、そこで物語の主人公であるシン・アスカを始めとする当代のザフト軍パイロットたちと邂逅することになる。
その後はデュランダル議長の言葉に影響を受け、アスラン・ザラとして自分の中で燻っていたものを実感してザフトに復隊。ミネルバに乗艦し、MSパイロットとして復帰することでシンやルナマリアの上官として活躍するも、混迷を続ける戦況、親友であるキラの武力介入やそれを起因とするハイネの戦死、キラやアークエンジェルを敵視するシンやミネルバクルーとの不和が重なり、艦内での孤立を強める。
復隊したにも関わらず、キラへの個人的友誼や感情を捨てきれなかったことからデュランダル議長にも見限られてしまい、アスラン自身も議長への不信感や、MSパイロットとして戦う自分しか求められていないことを悟り、逮捕寸前にメイリン・ホークの助力で再度ザフトを脱走する道を選んだ。その後は追撃してきたシンやレイとの戦闘を経て、アークエンジェルと合流。
ラクスより新型のジャスティスを受領したことで戦線に復帰。宇宙に上がって以降はメイリンと共にエターナルに乗艦し、ザフト軍と対決。かつての仲間であるシンやルナマリアと戦闘を行いこれを撃破、ミネルバを撃沈するなど多大な戦果を上げた。
戦後はプラントに戻らず、メイリンと共にオーブ軍に所属している。階級は将官、左官など媒体によって異なるが、HDリマスター Blu-ray BOX2のブックレットや、ドラマCD等によれば中佐となっている。

女性関係

DESTINYのOP映像や、本編等の印象からアスランは「女難」であると言われることも多いが、実際に女性が原因で何らかの災いを被ったことは殆どなく、逆にカガリやメイリンなど、女性によって助けられたことも少なくない。
しかし、イケメン且つ基本的には真面目で面倒見もよく、ザフトではトップエリートという地位にあることから女性に関心を持たれやすいのも事実であり、本編だけでもラクス、カガリ、ルナマリア、ミーア、メイリンといった少女たちと関わりを持っている。

ラクス・クライン

ラクスとは元々親同士の決めた婚約者で、ハロを製作してプレゼントしたり、デートを重ねるなど清い交際をしていたが、ラクスがキラにフリーダムを託して反逆罪に問われて以降は、父親のパトリックの意向で婚約は破棄されてしまった。前述の通りお互いの気持ちが離れたこと、両親の死や戦後の混乱などから当人同士の間でも自然と婚約の話や交際は解消され、友人付き合いとなっているが、世間的にはまだ婚約者として認識されており、ミーアが活動していた時期はミネルバクルーからもアスランの婚約者とみられていた。

カガリ・ユラ・アスハ

カガリはSEED時代に敵味方として出会うも、その後の再会やキラに関することでの衝突、アスランの三隻同盟への加入などを経て、急速に関係が深まっていった。だが、それもDESTINY時代になるとカガリのオーブ代表としての立場や、婚約者であるユウナ・ロマ・セイランの登場によって関係性が変化。アスランも一時はカガリに指輪を渡すなどして、お互いの気持ちを強固なものにしようとしたが、アスランがザフトに復隊し、カガリがアークエンジェルによって事実上拉致されたことですれ違いが生じてしまう。後にアスランはオーブに戻るものの、カガリは指輪を外し、メイリンに事後を頼むなど自身の気持ちよりも国家の代表としての責務を優先するようになり、アスラン自身も「夢は一緒だ」と志を同じくする仲間としての意識を強めていた。

ルナマリア・ホーク

ルナマリアは全大戦の英雄、敬愛する先輩パイロットということもあり、アスランに対して積極的なアプローチを仕掛けていたものの、アスランが若干の予防線を張ったり、彼自身が苦悩の末にザフトからの脱走、それもルナマリアの妹であるメイリンを連れ立ってしまったため、憧れが最悪の形で裏切られる結果となり、戦後までその関係はギクシャクすることになった。

ミーア・キャンベル

ミーアは憧れのラクス・クラインの婚約者としてアスランのことを求め、彼女自身も同衾を試みるなど、役目以上にアスランに気のある素振りを見せたものの、やはりアスランがザフトを脱走したことや、脱走時にアスランから差し伸べられた手を掴めなかったこともあり、その関係性は破綻してしまった。

メイリン・ホーク

メイリンは当初、アスランに対してそこまで興味を抱いていなかったが、彼が特務隊フェイス所属のトップエリートとしてミネルバに乗艦して以降、強い関心を持つようになった。それでも物語中盤までは姉のアプローチに対して僅かな対抗を試みたり、艦内で孤立する彼を心配そうに見つめる程度でしかなかったが、アスランがザフトを脱走する際、偶然にもメイリンの部屋に逃げ込んだことで関係性が大きく変化することになる。
アスランから差し出された手を掴んでザフトを脱走して以降は常に彼の隣におり、戦後も共にオーブ軍に所属するなど事実上のヒロインポジションに収まっている。付き合いが長くなるにつれてアスランの本質的な性格を理解し、「好き」ではあるものの、「ちょっと面倒くさい」と評してラクスやキラの同意を得たり、アスランがいつも自分には「ごめん」「すまん」などの謝罪ばかり口にすることを、冗談めかしながらも不満に思っているらしい。

余談

誠実な人物であるとされるが、本編での「何度も所属陣営を裏切る」という行動からアスランと言うキャラに対して否定的な意見も多い。その都度、明確且つ仕方がない理由はあるものの、本編だけでもザフト→三隻同盟→オーブ→ザフト→三隻同盟と裏切りや復帰を繰り返している(ガンダムシリーズどころかスーパーロボット大戦に参戦している作品の中でもダントツであり演じた石田彰氏ですらアスランの行動に批判的である程である)。
これに関しては「ラクスキラを裏切ってはいないため最初からラクスやキラの同志としては筋が通っていた」という反論があるがDESTINYではキラと口論する描写があったためあまり意味がない。

額の広さから「凸(でこ)」や「アスラン・ヅラ」などと呼ぶファンもおり、『たねきゃら劇場』では、公式的に「デコピカ」キャラとして扱われている(『銀魂』の桂役も石田彰氏が担当しているのは偶然だろうか)。更に作画の状態によっては実際に若ハゲみたいになることもある。
派生作品(特にギャグ系)ではツッコミ・苦労人役が多く、 基本真面目だが、本人も結構天然の気がある。

また、彼が乗るガンダムタイプはいずれも赤系のカラーリング」「頭部メインカメラが縦長」という共通点がある。

ファーストネームの「アスラン」はテュルク語圏における「獅子」の意味を持ち、トルコ系ユダヤ人の中で多く使われるものである。ヤコブの子息であるユダは異名としてアスランの名を冠していた著名な人物として知られる。

搭乗機MS

イージスガンダム
ジャスティスガンダム

ザクウォーリア
バビ(漫画版)
グフイグナイテッド
セイバーガンダム
インフィニットジャスティスガンダム

メディアミックスでの活躍

スーパーロボット大戦シリーズ

搭乗機はもちろん、ステータスも即戦力にするのに十分な高さであることが多い。
キラとも合体攻撃ができるので、セットで出撃させているプレイヤーも多いと思われる。

キャラ的には原作に忠実だが、戦闘能力は高い。
基本的な能力はキラとほぼ互角だが、「加速」「直撃」「魂」を覚えるなど、精神コマンドはキラより優秀。小隊長能力「移動力+1」を活かした切り込み隊長としても優秀であり、特殊技能「援護攻撃」や精神コマンドを活かした援護要員としても強い。
イージスガンダムを味方で使いたい人は、リアル系女主人公を選ぼう。
ストーリーの序盤から登場。原作通りに最初はセイバーガンダムで戦う。
中盤で使えるインフィニットジャスティスガンダムは、セイバーとは性能や運用方法が全く異なっているため スキル習得の方針を変える必要が出てくる。
また後のシリーズでも、他の指摘されたメンツのようにナンパな印象は無いはずなのにオズマ・リー有害認定されたりキラの召喚攻撃扱いになったりと不遇な扱いになっている。
ストーリーの最序盤から登場するが、猿渡ゴオら歴戦の戦士からアドバイスで完全に迷いを振り払った超本気仕様。
ユニウスセブン落下事件の時点でSEEDが発動し、ザクでも無双が可能。シンとの関係も改善されていて良き師弟関係を築けている。
「DESTINY」原作終了後の設定だが、序盤は再び「アレックス・ディノ」と名乗っている。
第一部終盤で某グラサン張りの演説を披露し、味方部隊の劣勢を覆す活躍を見せた。
ジャスティスの武装の最大射程が短くなったため、キラとのパートナー相性が更に悪化している。
無印の孤島での一件で、カガリ共々タスクと知り合いになったり(パロディの逆輸入設定と思われる)、ロザリークリス「アスラン様」と呼ばれて言い寄られたりとクロスアンジュのキャラとの絡みが多い。

Gジェネレーションシリーズ

『SEED』にデビューして以来、着実に参戦。
ここでは原作の不幸な運命から逃れることができた。『WARS』からは、GNドライヴ(GNドライヴ[T]も含む)搭載ユニットも搭乗でき、西暦世界館出身やイノベイターイノベイドではない)でもないのに特殊セリフ(ファングトランザムなど)もする。そして『WORLD』からは、マイキャラクターの助けも受けられるようになった。コラボに適したマイキャラクターはアナスタシア

機動戦士ガンダムVSガンダム

イージスと共に参戦。
先に述べたような「生真面目」キャラに反して相方イージスと自爆→自爆という原作の感動と悲劇をぶち壊す様なコンボがあり、二重の意味でファンは唖然とした。

尚、V2ガンダムが相方にいるとハロと試合開始と勝利時に特殊ボイスがありハロが戦場にいることに驚いていることと余り迷惑をかけないように注意するものがある

機動戦士ガンダムエクストリームバーサス

インフィニットジャスティスと共に参戦。
先に述べたような「生真面目」キャラにしては異様に勢いのある謎の雄叫びが大半で構成された戦闘ボイスにファンは唖然とした。
「トゥ!トゥ!」 「ヘアアアアアアアアアア!!!」 「ヌオオオオオオオオオ!!!」 「モウ(溜め気味に)ヤメルンダッ!!!」

当初は2500級最弱候補と言われたものの、アップデートにより走攻守の揃った万能機となる。
キラと異なりPVのミーティアがゲーム中で使用できないのはご愛嬌。

機動戦士ガンダムエクストリームバーサス フルブースト

前回に続いてインフィニットジャスティスで参戦、コストも2500のまま、ボイスもそのまま。
特殊格闘の差し替えによる変更で開幕に「ヘアアアアアアアアアア!!!イヤアアアアアアアアア!!!」というボイスが流れることが無くなった
代わりにフリーダムのアシストとして射撃チャージにジャスティスで出てくる、でも突撃しはじめた瞬間雄たけびを上げるのでまず当たらない、哀れ

前回は2500一強と言われたものの、システムの変更やブーメラン飛距離弱体化などがあり
「走攻守の揃った万能機だけどボイス以外特徴も無いから使うなら他の2500コストを使った方がいい」と言われてしまっている。
(それでも初心者用としては扱いやすく、相方機としては優れているほう)

今回からPVでもおなじみのミーティアがゲーム中で使用可能になった(覚醒技限定)
横斬り→縦斬り→斬り抜けとキラとは違い格闘となっている。一応ドリル回転などはしない

機動戦士ガンダムエクストリームバーサス マキシブースト

前回に引き続きインフィニットジャスティスで参戦、コストもボイスもそのままだが、新たに(覚醒時限定だが)格闘チャージでミーティアとドッキング可能となった。但しドッキング中は覚醒技が使えない等の制約がある。
更に、新しく参戦したブリッツガンダムのアシストとしてイージスガンダムが登場し、スキュラで援護したり敵に組み付いて自爆してニコルをサポートする。

また、ミーティア装備のインフィニットジャスティスはボスとして登場するが、こちらはプレイアブルと違って控えめなボイスとパイロットイラストが新規グラフィックなっている。
ボス機体としては珍しく、ミーティア装着以外の形態ではプレイアブル機体同様攻撃を受けるとよろけたり吹っ飛んだりするが、MS形態でもダウン値が非常に高く設定されており、長いコンボを叩きこむことが可能。

関連イラスト

アスラン
アスラン・ストラトス


【イラリク】アスラン・ザラ
少年



関連項目

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
アスラン キラ・ヤマト シン・アスカ カガリ・ユラ・アスハ ラクス・クライン
∞党ゥ! トゥ!ヘァー!
アスカガ アスラク アスキラ ヅラじゃない アスシャニ アスアウ 

セリリジュニー - アスランと同じ、群靑の髪の毛と緑の目色がポイント。だが性別は違う。

関連記事

親記事

歌姫の騎士団 さんせきどうめい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アスラン・ザラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3363304

コメント