ピクシブ百科事典

ミカムラ

みかむらはかせ

アニメ「機動武闘伝Gガンダム」の登場人物。

概要

CV:清川元夢

レイン・ミカムラの父親。本名は不明。
ネオジャパンの科学者で、シャイニングガンダムおよびゴッドガンダムの開発者。
キョウジドモンの父ライゾウ・カッシュ博士とは科学者仲間であると同時に古くからの友人であり、カッシュ家とは家族ぐるみの付き合いをしていた。
作中では「ミカムラ博士」と呼ばれることが多いが、ドモンからは「ミカムラのおじさん」と呼ばれることもある。
冷凍刑に処された父の解放を条件に第13回ガンダムファイトでの優勝を目指すことになったドモンに自身が開発したシャイニングガンダムを与え、娘のレインをサポート役につけた。



表向きは娘とともにドモンをサポートしていたミカムラ博士だが、実は彼こそがデビルガンダム事件の黒幕である
ミカムラは基本的には娘思いで温厚な人物なのだが、内心では昔から科学者として常に自分の先を行くライゾウに対する嫉妬とコンプレックスを抱えており、シャイニングガンダムを開発した時もライゾウにスーパーモードの欠点を指摘され、更に彼が自身の三大理論(自己再生・自己増殖・自己進化)を搭載したアルティメットガンダム(後のデビルガンダム)を開発したことで長年抑え込んできた感情が爆発。ウルベ・イシカワと共謀してライゾウを陥れ、アルティメットガンダムを奪おうとした。
物語後半ではキョウジのコピーであるシュバルツ・ブルーダーの口を封じようとしたが、寸でのところでレインに止められ、シュバルツから事件の真相を聞いて泣き崩れるレインの姿を見て自分の罪深さを悔やみ、事件の全てを公にしてデビルガンダムを完全に消滅させることを決意する。
しかし、自身はウルベの凶弾に倒れ、レインはウルベによってデビルガンダムの新たな生体ユニットにされてしまう。

ミカムラは瀕死の重傷を負いながらもコロニー通信でドモンに助けを求め、ドモンたち新シャッフル同盟が宇宙に上がってくると、ネオジャパンコロニーと同化したデビルガンダムを倒す手立てと謝罪の言葉をドモンに伝えると共に、レインの救出を託す。
そして、最期は涙を流しながらカプセルの中で眠るライゾウに語り掛け、隔壁を爆破してコロニーへの侵入口を作ると同時に絶命し、遺体はライゾウのカプセルと共に宇宙空間へと放り出された。


なお、当初は完全な悪役として終盤でウルベと同様にドモンたちの前に立ちはだかる予定だったが、演じた清川の人柄や好演によって予定が変更されたという逸話がある。
また、漫画「超級!機動武闘伝Gガンダム」ではキョウジに自身の才能を高く評価され、複雑な表情を浮かべるシーンがある。

関連タグ

機動武闘伝Gガンダム
レイン・ミカムラ 
ライゾウ・カッシュ ドモン・カッシュ キョウジ・カッシュ シュバルツ・ブルーダー
ウルベ・イシカワ

シャイニングガンダム ゴッドガンダム ライジングガンダム デビルガンダム

哀しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「ミカムラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1361

コメント