ピクシブ百科事典

シュバルツ・ブルーダー

しゅばるつぶるーだー

シュバルツ・ブルーダーとは、アニメ「機動武闘伝Gガンダム」に登場するガンダムファイターである。 ガンダムシリーズ恒例、「仮面」の「兄貴」ポジションを務める。
目次[非表示]

「心安らかに、死ねぇい!」
「教えたはずだ!人を信じる心があれば恐れるものは何も無い!」

プロフィール

国籍ネオドイツ
年齢28~29歳
生年月日F.C31年5月20日
星座牡牛座
身長194cm
体重81kg
血液型O型
CV堀秀行


HAHAHA!人物像はここだ!

ネオドイツのガンダムファイターで、ガンダムシュピーゲルに搭乗する。
ゲルマン流忍術の達人で、第13回大会屈指の強豪である。
その実力は東方不敗にも引けを取らないほど。ガンダムファイト決勝リーグではシャッフル同盟を4人抜き、最終戦でドモンに敗れるまでは全勝だった。(そのドモン戦もかなりお膳立てをしている。ちなみに東方不敗はシード枠で未参戦のため決着はついていない)

ドイツカラーのスーツと、覆面に身を包んだ風体は異様だが、ドモン・カッシュの前にたびたび現れては彼を時に導き、時に諭す、いわば第2の師匠のような存在。
だが、ドモンだけではなく迷いを持っているレインを始め、他のガンダムファイター達にも手を差し伸べ、更なる飛躍と高みを目指せるように導くという活躍を見せている。

兄貴キャラや忍者キャラを演じることが不思議と多い堀秀行氏が演じる。
ドモンの実兄キョウジ・カッシュと同じ声で、明らかに彼らと密接な関係を持つに違いないが、キョウジと同じ画面内に登場することもある、正体不明な謎の人物。

馬鹿め!これが私の搭乗機だ!

ガンダムシュピーゲル

ゲルマン忍法



ネオドイツの最新技術によって作られた高性能モビルファイター
機動性能はトップクラスで、シュバルツの駆使するゲルマン忍法を忠実にトレースする事を可能としている。
なお、シュピーゲルとはドイツ語で「鏡」の意味。

主な武装

  • シュピーゲルブレード
    • 両肘部分に装着された大型の刃物で主力武器。
  • メッサーグランツ
    • 爆弾が仕込まれたクナイ。
  • アイアンネット / アイゼンネッツ
    • 両腕に仕込まれたピンク色に輝く鋼鉄製の網。相手に被せた状態で電撃を流せる。


余談が足りんぞ!

「シュバルツ」(Schwarz)「ブルーダー」(Brüder)は独語でそれぞれ「黒」「(男の)兄弟」という意味である。
Gガンダムとほぼ同じ時期に放映されたアニメロミオの青い空の原作小説も「黒の兄弟(Die schwarzen Brüder)」という題名だが、関係があるかは不明。

ドモンを明鏡止水の境地に導いたのはシュバルツであり、本人もオンボロの日本刀で木の幹を真っ二つにするほどの技量を持っている。

奇抜な登場シーンが多く、壁抜けや床抜けは序の口、海中から水柱を巻き上げながら現れたりしている。

スタッフを持たず単独で活動しているが、少なくとも2つ以上のマグカップを持っており、シュピーゲルのドッグにたまたま来たレインをコーヒーでもてなした事がある。
○○○○○○のシュバルツにも味覚はあるのだろうか?

ゲームではすこぶるハイテンションなキャラという印象が強いが、アニメ本編では冷静で落ち着いた態度でいる事も多い。

思い出させてやる、関連イラストの心境を!

冬コミ情報
シュバルツ


インタビューズ
シュバルツ・ブルーダー



中の人繋がり

4月12日は「良いニンジャの日」と聞いて



これで終わりだ、関連タグ!

機動武闘伝Gガンダム Gガンダム
ドモン・カッシュ レイン・ミカムラ
忍者 汚い忍者 ゲルマン
リュウ・ハヤブサ




































    【警告】これより先、この男の正体が記載されているため閲覧には注意されたし























実は本物のシュバルツ・ブルーダーはネオジャパン・新宿に出現したデビルガンダムと交戦するも戦死しており、ドモンたちが接触していたシュバルツは本人ではない。デビルガンダムの生体ユニットと化したキョウジ・カッシュが薄れゆく思念から本物のシュバルツの遺体にDG細胞の力で自分の記憶や容姿などを移植し、云わばキョウジのクローンとして代弁役に仕立て上げられていたというのが真相である。

クローンではあるが、その素性を隠すためか口調はオリジナルと比べるとかなり尊大である。

上記プロフィールはGF委員会に提出された生前のシュバルツ(本物)のデータであり、プロフィール自体が全くのでたらめではない。本物自体が謎の多い人物でありネオドイツ側すら正体を把握できていなかったが、言動と戦闘スタイル、ファッションセンスが共通していることから、第7回大会優勝者ヴォルフ・ハインリッヒではないかとの説がある。
死亡時に覆面の一部が破損しており、その箇所から見えた素顔から初老であることが分かるため、経年を考えれば年を取ったヴォルフである可能性はある。
ただしガンダムファイト自体が過去の栄光を強く流布して喧伝するような姿勢が強く、いくら忍者という立場とはいえ名前を隠す必要は薄い。同作が何かと本家と無理くり設定を合わせていることを考えても、あくまで一つの説に過ぎないことは留意した方が良いだろう。

更なる関連タグ
キョウジ・カッシュ DG細胞 デビルガンダム クローン アンドロイド 黄金の精神
ゼロ(ボンバーマン)…作品は違えど、近い存在。

更なる関連イラスト

ネオドイツ代表
祝!Gガンダム20周年



設定が設定の為、キョウジと共に描かれる事が多い。

Person who defends
シュバルツとキョウジ

関連記事

親記事

ガンダムファイター がんだむふぁいたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シュバルツ・ブルーダー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シュバルツ・ブルーダー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 544738

コメント