ピクシブ百科事典

スーパーロボット大戦F

すーぱーろぼっとたいせんえふ

スーパーロボット大戦Fは1997年にSSで発売されたスーパーロボット大戦シリーズの1作。
目次[非表示]

概要

スーパーファミコン版「第4次スーパーロボット大戦」から移植されたプレイステーション版「第4次スーパーロボット大戦S」を、セガサターンにリメイク移植した作品。翌年にはプレイステーションに逆移植された。
この作品だけでは完結せず1998年に発売されたスーパーロボット大戦F完結編にセーブデータを引き継げる。
基盤は「第4次」なので「第3次」「EX」から話がつながっているが「UFOロボグレンダイザー」「勇者ライディーン」は参戦作品から外れており、「第4次」にて新規参戦した作品でも外れているものがある。
特に「第4次S」には参戦していたグレンダイザーと「無敵超人ザンボット3」が非参戦となった理由は、当時の方針として「(特に主人公キャラは)声優に代役は立てない」という方針だったため。「第4次S」では声無し参戦していたが、「F」では非参戦の理由となった。
結果的に「第4次」屈指のトラウマイベントも無かったことに。

システム面では、「近距離・遠距離」に分かれていたパイロットの攻撃力及び機体の武器属性が、「格闘・射撃」へと改められた。これにより、マジンガーZロケットパンチや、モビルスーツのバルカン等、機体の特色に合わせた武器運用が可能となった。
本作のグラフィックは、パイロット・機体双方は「コンプリートボックス」へ、パイロットはリアルロボット戦線へと流用された。また、パイロットは携帯機作品の「A」、「R」、2003年の「D」に至るまで一部がベースとして使用され、息の長いものとなっていた。

参戦作品

★マークはシリーズ初参戦作品。
Rマークは王道(の)スパロボシリーズ(王道は英語で「ROYAL(ロイヤル)」と読む。)初参戦作品。
Vマークは音声付きのスパロボシリーズ初参戦作品。
マジンガーZ
グレートマジンガー(敵キャラと敵ユニットのみ)
機動戦士ガンダム
V機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー
機動戦士Zガンダム
機動戦士ガンダムZZ
機動戦士ガンダム逆襲のシャア
機動戦士ガンダムF91脇役キャラ敵ユニットとBGMのみ。)
機動武闘伝Gガンダム
R新機動戦記ガンダムW
ゲッターロボ
ゲッターロボG
超電磁ロボコン・バトラーV
無敵鋼人ダイターン3(※)
伝説巨神イデオン(※)
戦国魔神ゴーショーグン
聖戦士ダンバイン
重戦機エルガイム
超獣機神ダンクーガ
トップをねらえ!(※)
新世紀エヴァンゲリオン
※:本作ではカラオケモードと次作予告のみ。ゲーム本編の登場は完結編から。

関連タグ

スーパーロボット大戦F完結編
ゼイドラム オーグバリュー
エリート兵
踏み込みが足りん

関連記事

親記事

第4次スーパーロボット大戦 だいよじすーぱーろぼっとたいせん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スーパーロボット大戦F」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47572

コメント