ピクシブ百科事典

聖戦士ダンバイン

せいせんしだんばいん

「聖戦士ダンバイン」とは、サンライズ制作のオリジナルロボットアニメである。
目次[非表示]

概要

バイストン・ウェルの物語を、覚えている者は幸せである。心豊かであろうから。

聖戦士ダンバイン』は、1983年2月5日から1984年1月21日まで名古屋テレビ系で全49話が放映された。

監督は富野由悠季。先年から発表されていた宮崎駿風の谷のナウシカからの影響と富野監督ならではの作風が合わさり「現代日本人が中世ヨーロッパ風の異世界に召喚され、魔法的な力で動く巨大人型ロボットに乗って冒険する」という、それまで誰も見たことのない斬新な世界観が作り出された。ちなみにこの作品が放映された時期はドラクエさえまだ世に出ていない。
いわゆる「ファンタジーロボットもの」の元祖であり、現在における異世界転移異世界転生ジャンルの先駆けの一つでもある。

「ファンタジー世界でマジカルなロボットが暴れる」というと魔法がバンバン飛び交う豪快なイメージがあるかもしれないが、富野監督らしくそういう派手な描写よりも、木と石造りの地味な城塞を冗長な儀式めいた手順で城攻めする描写や占領宣言における政治的なあれこれなどの無骨な描写の方に力が入れられている。ただしやはり地味すぎて受けが悪かったようで、後半のテコ入れ後(地上帰還後)はド派手な戦争描写が中心となった。
富野監督は、この作品で舞台となった異世界「バイストン・ウェル」に対して、善きにせよ悪しきにせよ特別な感情を抱いているらしく、『リーンの翼』など他の作品にもたびたび登場している。

昆虫の意匠を取り入れた有機的なデザインの生体兵器:オーラバトラーや、本格的に作り込まれたファンタジー世界バイストン・ウェルの世界観など、その後のメディア作品に多大な影響を与えた部分も多いが、これらの要素は当時の視聴者層には受け入れがたい物があった。富野監督自身バイストン・ウェルに拘るあまり作劇にそれを活かせず、てこ入れとして物語中盤から舞台を現代社会に移すなどやや中途半端なストーリー展開になった。
これについて富野監督曰く「ショウ・ザマを第一話で一晩寝かせて翌朝からバイストン・ウェルの説明を長々してしまったことが作劇上の失敗で、主人公に確たる動機付けが出来ず状況に振り回されるキャラになってしまった。戦火のただ中に放り込んだ方が物語がもっと弾んだ」とのことで、物語が現代社会に移る「東京上空」のエピソードもかなり前倒ししたとのこと。

このように富野監督にとっても悔いの残る部分は多かったが、ダンバインが切り開いた「ファンタジー世界に召還される現代人が織りなすストーリー」という手法はその後のファンタジー作品に多大な影響を与えた。富野監督による外伝ノベライズも行われ、バイストン・ウェルを舞台にした「リーンの翼」はOVA化も成された。

ストーリー

「バイストン・ウェル」は海と地の狭間にある異世界である。深海を空に、地熱と人の「オーラ力」を源に、妖精フェラリオや闇のカ・オスまでもが共存する世界である。アの国の地方領主ドレイク・ルフトは、戦力増強を図り、優れたオーラ力を持つ地上人を呼び込もうとしていた。 そのひとり、ショウ・ザマは、オーラバトラーダンバインを与えられ、聖戦士と遇されることになる。だが、反逆者ニー・ギブンと彼に従う地上人の少女マーベル・フローズンに出会った時、「何も知らずドレイクに手を貸す馬鹿な男」という言葉を投げつけられる。 やがて「バイストン・ウェル」での争いは、地上界をも巻き込む巨大な戦雲となっていく。

登場人物

聖戦士

ショウ・ザマ(CV:中原茂
マーベル・フローズン(CV:土井美加
トッド・ギネス(CV:逢坂秀実
トカマク・ロブスキー(CV:戸谷公次
アレン・ブレディ(CV:若本紀昭
ジェリル・クチビ(CV:大塚智子
フェイ・チェンカ(CV:三橋洋一

ギブン家

ニー・ギブン(CV:安宅誠
キーン・キッス(CV:高田由美
チャム・ファウ(CV:川村万梨阿
ドワ・グロウ(CV:若本紀昭
ドルプル・ギロン(CV:戸谷公次
コタノ・ルオ(CV:江口晴康
ロムン・ギブン(CV:立沢雅人
ホン・ワン(CV:龍田直樹
ツオー
キブツ・キッス(CV:植田敏生

アの国

ドレイク・ルフト(CV:大木正司
バーン・バニングス(CV:速水奨
ショット・ウェポン(CV:田中正彦
ルーザ・ルフト(CV:火野捷子
リムル・ルフト(CV:色川京子
ミュージィ・ポー(CV:横尾まり
ゼット・ライト(CV:立木文彦
ガラリア・ニャムヒー(CV:西城美希伊倉一恵安達忍
フラオン・エルフ(CV:山田俊司
ミズル・ズロム(CV:戸谷公次
ペンチ・ポー(CV:郷里大輔
ピピ・ポーー(CV:三ツ矢雄二
オール・ポー(CV:佐々木秀樹

ナの国

シーラ・ラパーナ(CV:高橋美紀
エル・フィノ(CV:富沢美智恵
ベル・アール(CV:西城美希
カワッセ・グー(CV:広森信吾
ナベン・ワタ(CV:佐藤正治

ラウの国

フォイゾン・ゴウ(CV:西村知道
エレ・ハンム(CV:佐々木るん
エイブ・タマリ(CV:堀部隆一

ミの国

ピネガン・ハンム(CV:中村秀利
パットフット・ハンム(CV:山岡葉子
ショタン・コシュ(CV:益富信孝

その他のフェラリオ

ジャコバ・アオン(CV:吉田理保子
シルキー・マウ(CV:池田昌子
ナックル・ビー(CV:佐々木優子
トロウ・ロウ(CV:龍田直樹

ガロウ・ラン

ニグ・ロウ(CV:戸谷公次
シンドロ・ジンム(CV:銀河万丈
ゴド・オン(CV:笹岡繁蔵

その他の地上人

トルストール・チェシレンコ(CV:竹村拓
ニジェンスキー(CV:村松康雄
スコット艦長(CV:土師孝也
チャーリー・カミングス(CV:龍田直樹
フレデリック(CV:林一夫
ラナ・パーキンスン(CV:西城美希
チヨ・ザマ(CV:高島雅羅
シュンカ・ザマ(CV:土師孝也
ヨーコ・川原
バルベラ(CV:MIO
ジャバ(CV:佐藤正治
ギリシャ軍司令官(CV:戸谷公次
英国女王(CV:前田敏子

主題歌

オープニングテーマ

「ダンバイン とぶ」
歌:MIO 作詞:井荻麟 作曲:網倉一也 編曲:矢野立美

エンディングテーマ

「みえるだろうバイストン・ウェル」
歌:MIO 作詞:井荻麟 作曲:網倉一也 編曲:矢野立美

商品展開

現在ではバンダイが商品展開しているが、放送当時はプラモデルバンダイ、玩具関係はクローバーが手掛けていたが、放送途中に倒産した為にビルバインのみトミー(現在のタカラトミー)が発売している。

余談

シリアスの中のお遊び

シリアスなダンバインであるが、時折お遊びの要素もあった
オーラマシン「ドロ」・勇者ライディーンのドローメ
赤い三騎士・機動戦士ガンダム黒い三連星で、ガイア=カラミティ、オルテガ=ダー、マッシュ=ニエットである。
ヒマラヤ上空でトリプラー(要するにジェットストームアタック)攻撃を仕掛けるが、カラミティはショウに踏み台にされ「踏ん付けてった~!」と悔しがった
地上編・殆ど東宝怪獣のノリ

地上編誕生の原因

地上編が生まれたのは玩具売上不振でスポンサーのクローバーが「もっと派手な戦闘シーンを」との要望で生まれ、「東京上空編3部作」はその伏線だったが、皮肉にもクローバーは倒産してしまった。

ハイパー化のこぼれ話

地上編の重要ファクターと言えるハイパー化を提案したのは今川泰宏であり、オーラバリアとは言え巨大化現象は当時の視聴者を驚かせ、地上編のイメージを決定付けた

全49話終了が意味するもの

これは都市伝説であるが、全49話で完結した本作は当初は全50話の予定だったと言われ、全49話は「スポンサー倒産で1話減った」と言われている。

冒険王→アニメマガジンの漫画版の結末

冒険王→アニメマガジンで連載された漫画版の最終回はドレイクビショットに暗殺→ショウは激戦の末全ての仲間を失う→ビショットがウィル・ウィプスで祝勝会を挙げる→ハイパー化したショウビルバインがウィル・ウィプスに特攻相討ち→バーン・バニングスショウの行為を称え息絶える
だった。なお、アニメマガジンはその直後に廃刊となった。

大人の事情

実はスーパーロボット大戦にはファミコンの第二次から参戦の予定であったのだが、版権元からの許可が降りず挫折。代わりに、と言うことでバンプレストオリジナルで登場させたのがサイバスター。後にサイバスターの出典作品として「魔装機神」シリーズが擁立される事となる。

関連タグ

聖戦士ダンバイン ガーゼィの翼 リーンの翼
異世界転移

オマージュ

魔装機神

パロディ

SDガンダム外伝 エルガの妖怪

テレビ朝日系土曜17:30アニメ

戦闘メカザブングル←  →重戦機エルガイム


外部リンク

TVアニメ公式サイト

関連記事

親記事

株式会社サンライズ かぶしきがいしゃさんらいず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「聖戦士ダンバイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1808218

コメント