2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

魔装機神

まそうきしん

『スーパーロボット大戦シリーズ』の中の作品群。およびそこで使われる固有名詞。
目次[非表示]

概要

ゲーム『スーパーロボット大戦』シリーズに登場する、いわゆる「バンプレストオリジナル」の一つ。バンプレストオリジナルの大半と違うのは、「魔装機神サイバスター」という原作作品の体裁をとっていたことにある。
異世界ファンタジー調の雰囲気を持ったキャラクター・メカニックによって構成されている。

作中固有名詞としての「魔装機神」

作中における搭乗型ロボットの総称である魔装機のうち、地・水・火・風の四大上位精霊を宿した(魔装機は各機それぞれ精霊を宿している)上位機種4機「サイバスター」「グランヴェール」「ガッデス」「ザムジード」を指して特に「魔装機神」と呼称している
(とはいえスパロボ本編に登場する魔装機はほぼ魔装機神4機だけなのだが)。

登場の経緯

初出はファミコン版『第2次スーパーロボット大戦』。
もともとは、異なる複数の原作作品のキャラクター・世界観が入り混じる同作における狂言回しの役割を担わせるため、「魔装機神サイバスター」というどの作品の雰囲気にも縛られないゲームオリジナルのロボットを考案したのが始まり。当初はあくまでロボット自体の設定しか作られていなかったのだが、同作の製作中に諸事情で参戦できなくなった『聖戦士ダンバイン』のシナリオの立ち位置をこのサイバスターに代役で任せてみようということになり、ダンバインをオマージュしたような独自の世界観が急遽作られた。
「激しい感情から生まれる精神エネルギー」「地下世界」などの設定が酷似しているのはそのため。
(聖戦士ダンバインは、後に発売された『スーパーロボット大戦EX』にて無事参戦を果たしている)

やがてサイバスターというロボットとその関係キャラクター達は、ユーザー達から独自の人気を得るに至り、以降の作品にも出演が決定。「魔装機神シリーズ」という愛称で現在に至るまで様々なスパロボシリーズに参戦し、単独でゲーム化もされている(※後述)

世界観やキャラクターについてもその後少しずつ独自設定が積み上げられてゆき、現在ではオマージュ元の『聖戦士ダンバイン』とはまた異なった独自の特色を持つ作品へと成長している。

魔装機神が参戦するタイトル


単独ゲーム化

魔装機神シリーズが単独でゲーム化した際に『魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』と題され、1996年にスーパーファミコンソフトとして発売。
略して魔装機神LOEまたはLOEとも呼ばれる。

それまでのスパロボ参戦時にはあまり多く語られてこなかった、魔装機神シリーズの世界観の全容がこの作品にて明らかとなった。
長らく1作だけだったのが、DS向けにリメイクしたのを皮切りに続編もリリースされた。

主なキャラクター

単独ゲーム化して以降の登場人物は魔装機神LOEを参照。

魔装機神操者

マサキ・アンドー
テュッティ・ノールバック
ホワン・ヤンロン
ミオ・サスガ

神聖ラングラン王国

プレシア・ゼノサキス
セニア・グラニア・ビルセイア
ウェンディ・ラスム・イクナート
フェイルロード・グラン・ビルセイア
テリウス・グラン・ビルセイア
ザシュフォード・ザン・ヴァルハレビア

シュテドニアス連合国

ロドニー・ジェスハ
エリス・ラディウス
カンツォート・ジョグ

シュウ一派

シュウ・シラカワ
サフィーネ・グレイス/サフィーネ・ゼオラ・ヴォルクルス(紅蓮のサフィーネ)
モニカ・グラニア・ビルセイア

その他

リューネ・ゾルダーク
アーマラ・バートン

主なメカ

魔装機神

サイバスター グランヴェール ザムジード ガッデス

魔装機

ジャオーム ソルガディ ガルガード ディアブロ
ノルス ノルス・レイ ガッツォー

超魔装機

デュラクシール エウリード

その他

グランゾン ネオ・グランゾン
ウィーゾル ウィーゾル改 ナグツァート
ヴァルシオーネ ヴァルシオーネR
ヴォルクルス
ゼルヴォイド
龍虎王 虎王機
ガリルナガン
レイブレード

関連タグ

スーパーロボット大戦 スーパーロボット大戦OG SRW
聖霊機ライブレード 聖戦士ダンバイン 異世界転移


魔装機神(女性向)BL作品の棲み分け。スパロボ(女性向)も同様。

関連記事

親記事

スーパーロボット大戦 すーぱーろぼっとたいせん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6616851

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました