ピクシブ百科事典

ゼルヴォイド

ぜるゔぉいど

ゼルヴォイドとは、魔装機神シリーズに登場する魔装機である。
目次[非表示]

概要

エラン・ゼノサキスが操縦する漆黒の魔装機
无の精霊「ゼルヴ」と契約しているため、属性がない。「无」とは「無」の事である。
エランはこの機体を「魔装機帝」「正真正銘、本物の魔装機神」と言っている。
1000年以上前にあった機体であり、装甲が黒く変色してひび割れが目立っているほか、左右の腕のデザインも違っており、非対称となっている。顔はマスクが崩れてむき出しになっており、禍々しい形相になっている。
サイバスターと同じく飛行形態に変形が可能であり、エランは「ゼルヴィアン」と名づけている。
見た目がサイバスターに酷似しているが、姿だけが似ているだけで構造は全く異なる。
これはウェンディがアカデミーの機密データに記録されていたゼルヴォイドの外観映像から得たインスピレーションでサイバスターを設計した為。早い話がゼルヴォイドと言う機体へのリスペクトであり、後述のヴァストとは全く別物である。

魔装機神Ⅲゼノサキス南宗家の召使いであるオキュラ・ザニア・ビフラズバから、5万5千年前に栄えたトロイア帝国の超古代兵器であることが明らかにされているが、オーパーツであるため、解明されていない部分も多い。
本機には補助機関「ゼルヴィオリア」が搭載されており、当初はこの装置を使ったゼルヴとのポゼッションを行っていた。後に、この機体のデータと共に「ゼルヴィオリア」が盗まれたが、エランは真のポゼッションを体得する切っ掛けとなった。
なお他の魔装機神と違い、ポゼッションをしても色が鮮やかになるだけでアストラル装甲は追加されない。
これは最初からポゼッションを前提として設計されているため、ポゼッションに耐える為にアストラル装甲で強化する必要がないから。

後にパーゼミュート社がこの機体をコピーして開発した魔装機ゼルヴォイド・ヴァスト」が登場する。

スペック

分類:魔装機帝
全高:不明
重量:不明
動力:永久機関(正式な名称は不明)
補助機関:ゼルヴィオリア
エネルギー:プラーナ魔力
守護精霊:无「ゼルヴ」(高位精霊)
所属:個人所有→マルテナ社(ROE)、ゼノサキス南宗家(POJ)

武装

ヴォイドリグレッション
フロギストンミサイル
ストレイングレイブ

必殺技

アストラルイナー
夢想千鳥舞

関連タグ

スーパーロボット大戦 魔装機神
魔装機 魔装機帝
エラン・ゼノサキス
ゼルヴォイド・ヴァスト





























以降魔装機神Fのシナリオに関する重大なネタバレがあります


















ゼルヴォイドは、かつて「カドゥム・ハーカーム」を長とする巨人族による支配に抵抗したラ・ギアス人が作り上げた機動兵器であり、定義上は現状での最古の魔装機とも言える。その実態は精霊ゼルヴの力を解放して自機もろとも無に還す事を目的とした特攻兵器であった。この能力を限定解放に留めたのが広域攻撃型MAPW「ヴォイドリグレッション」である。
文献などの資料の解明が進んでいたものの、この事にまで辿りつけなかったエランがゼルヴの力を解放。しかし、前作「III」でゼルヴィオリアが失われていた事が幸いし、解放する直前で中断している。
また本来使い捨ての機体である都合上なのか同型機が残骸の形で大量に存在しており、修理用のパーツはそこから回収して流用している。
カドゥム・ハーカーム討伐後は機体の力が衰えており、エランは遠くない内に機能が停止すると語っていた。
存在しない事を存在の証明とするゼルヴと契約しているため、他の魔装機とは違い精霊界がカドゥム・ハーカームと相殺して消滅してしまっても精霊の力を失う事は無いのだが、巨人族が消滅した事でゼルヴォイドそのものが存在意義を完遂してしまったのが原因ではないのかというのが彼の推測である。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼルヴォイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7291

コメント