ピクシブ百科事典

永久機関

えいきゅうきかん

永久機関とは、永久に動くもののこと。熱力学的には存在しないことが証明されている。 第一種と第二種の区分がある。
目次[非表示]

概要(通常)

外部からのエネルギー供給などを一切必要とせずに、「運動」をし続ける事の出来る機関である。

第一種永久機関は、外部へ何らの変化も残さないで周期的に運転して外部に運動をする機関。
第二種永久機関は、エネルギーを熱として受け取り、これを運動に変えるだけでほかに変化を残さない機関。
第一種・第二種ともに、つくることは不可能であると考えられている

第一種永久機関を数多くの科学者・技術者が作ろうとしたが結局できなかった。これによりエネルギー保存の法則(熱力学第一法則)が確立された。

エネルギー保存の法則に反しない形で第二種永久機関をこれまた数多くの科学者・技術者が作ろうとしたが結局できなかった。これによりエントロピー増大の法則(熱力学第二法則)が確立された。

しかし永久機関が否定された現代においても「永久機関を発明した」と主張する人間は数多く、それだけなら笑い話であるが詐欺に使われることも多々あるので注意が必要である。

フィクションの世界では、数多くの作品で永久機関が登場する。

人生
カレー屋さん


(様々な意味で)自給自足のことをジョーク・ネタとして永久機関という場合があり、
pixivでもいくつかそういった文脈でのタグ使用がある。

なお熱力学の法則をマネーのゲームになぞらえ
a収支トントンにはならない
b無から有は生まれない
cこのゲームからは誰も逃げられない
と説明するミチオ・カクは
「この法則は世界の絶対法則ではない」
という可能性を提示している。


概要(R-18)

主に母乳or授乳中出しor種付けという、
水分+エネルギーを男性の口から補給し、それを男性の精力へと変換し、射精へと繋げ、女性の性器から精液を注入していくという機関のことをエロい意味で指す。

より現実的なパターンに、授乳口内射精飲精授乳という永久機関も存在する。


関連タグ

アントニオ猪木(詳細は「ネジを一本締め忘れた」の迷言で検索)
エントロピー
熱力学
動力
無限ループ

人間・・・人体は自らゼンマイを巻く機械であり、永久運動の生きた見本である。
(ド・ラ・メトリ著「人間機械論」より)

チューブ連結 ムカデ人間 排泄系R-18注意

pixivに投稿された作品 pixivで「永久機関」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2951300

コメント