ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「やっぱデビルハンターが一番儲かるな」

「俺達の邪魔ァすんなら、死ね!」

「ギャアーハッハハァ!!」

概要

父親が遺した多額の借金を抱え、デビルハンターとして働く少年。

年齢は、本人曰く「確か16」(曖昧なのは後述の事由の為)

趣味は「寝る事と食う事」(こちらも後述の事由の為だと思われる)

父親が亡くなった直後、「金を返すか命で支払うか」とヤクザに迫られていた時、怪我をしていたチェンソー悪魔ポチタと出会い、血を飲ませて救う代わりに彼と契約し、金を稼ぐ為にデビルハンターとなった。

自分の臓器を売り払い、悪魔退治やバイトをしても、稼いだ先から返済分として取り立てられ、その日の食事すらままならぬ極貧生活を送っていた。
「食パンにジャムを塗って食べたい」「死ぬ前に女を抱きたい」というのがささやかな夢。

ある日、デビルハンターを憎む「ゾンビの悪魔」に操られた雇い主のヤクザによって、デンジは斬殺されてしまう。
しかしデンジと同じくバラバラにされたポチタが「私の心臓をやる かわりに……デンジの夢を私に見せてくれ」と言い遺し、自らをデンジの心臓に変え、融合することで彼を蘇らせた。
蘇ったデンジは、ぶつ切りになった体は元より、失った臓器までが全て元通りになっていたが、胸元にはポチタの尻尾であるスターターグリップが生えていた。

デンジはポチタと一体化したことで、「チェンソーの悪魔に変身する能力」を得る。そして、その能力を以て「ゾンビの悪魔」を倒したデンジは公安にスカウトされ、奇妙な仲間達と悪魔を殺す日々を送ることになった。

自分を拾ってくれたマキマにぞっこんであり、いつか彼女と結ばれる為に日々戦っている。

血を飲めばバラバラになっても復活できる為、かなりのペースで死亡する不憫な主人公である。


性格

上記の通り、不幸続きで荒みきった人生を送っていたが、親友ポチタのおかげか心までやさぐれることはなく、素直で前向きな思考の持ち主である。
総じて言えば、自分に素直なアホの子

育ちが悪いなんてものではない(注1)為、パワーほどではないがモラルが欠如している部分があり(あるいはまともな部分があり)、基本的に敬語が使えない(注2)。

教養も全く無いはずだが、なぜか永久機関という言葉は知っていたり、野菜が嫌いで投げ捨てようとするパワーに「農家に失礼だと思わねえのかよ」と怒鳴ったり、時には仲間や敵対者(と読者)が予想も出来ない、はるか斜め上の発想で絶望的な状況を打開したりと、地頭は意外に良い模様。
しかし「考える」ことを苦手としており、特に複雑だったり明確な答えが無いことは考えることを放棄している。
本人もその自覚もあるが変わることは無く、最終的には致命的な事態を招くことになった。

マキマに拾われ公安のデビルハンターとなった当初は、先輩かつ同居人の早川アキから殺意を抱かれるほどに、文字通り夢にまで見た「普通の生活」に大はしゃぎであったが、血の魔人ことパワーが同居人として加わってからは、自身すら上回る彼女の傍若無人ぶりに振り回された為か、かなり落ち着いた様子。
ただし彼女と共にアキへのいたずら(内容は不明だがアキはマジギレしていた)を敢行していたり、彼の目の届く範囲でヤンチャするなど、さながら三兄弟の次男を思わせる振る舞いも見せている。



(注1)仲間から「義務教育受けてないのか?」と問われた際に「受けてねえよ」と即答していたので、下手をすれば小学校にすら満足に通えていなかった可能性がある

(注2)現状彼が敬語を使ったのは、雇い主だったヤクザ、恩人であるマキマ、戦闘の師匠の3人のみ

変身した姿

チェーンソーマンだとおもってた
チェンソーマン


デンジが変身した姿。胸から生えたスターターロープを引っ張る(エンジンを吹かす)ことで変身する。
変身すると、頭部全体がチェンソーを模した形状になり、両腕からも腕を貫くようにガイドバーと刃が生え、口には針のような牙が生える。
刃は自分の意志で足からも出せるほか、腕のものは引っ込めることもできる。刃は実際に体を裂いて出現しており、デンジ自身の肉体を傷つける為激しい痛みを伴い、更には変身後に貧血になることもある。


戦闘能力

戦闘の際は、主に体の各部の刃で切りつけたり貫いたりする。
ポチタと融合した当初はチェーンソーの威力と再生能力にものを言わせたゴリ押し戦法がメインだったが、岸辺との特訓や鮫の魔人であるビームからの助言を受け、応用としてチェーンだけ取り外して拘束具にしたり、チェーンを伸ばして物に引っ掛けたり、相手に巻き付けて動きを止めたりと、搦め手も使うようになった。

身体能力も大幅に向上し、車を容易く持ち上げ投げつけられるほどの怪力となる。
回復力も特筆すべきものがあり、かなりの重傷でも血を摂取するかスターターロープを引く事で瞬時に回復でき、更には「首の骨を折られる」「下半身を文字通り消し炭にされる」など、人間ならば即死してしまうダメージを受けてもスターターさえ引けば復活する。

弱点としては、変身と悪魔化の維持には血が必要である為血が足りないと変身が解除されたりそもそも変身できなくなる点や、変身にスターターロープを引くというアクションが必要な為それを阻止されると変身できずに一方的にやられてしまう点がある。

余談

「デンジ」という名前は作者の藤本タツキがチェンソーマンのオマージュ元として二瓶勉の『ABARA』を挙げていた事から、長らく『ABARA』の主人公である「駆動電次」が元ネタであるとファンからは予想されていた。
しかし、2021年開催のジャンプフェスタでの作者インタビューにて、「悪魔と戦う存在」≒「天使」に、濁点を加えて「デンジ」と命名したと明かされた。
同インタビューでは他にも早川アキやパワー、マキマの命名についても語られている。

「このマンガがすごい!2021」のインタビューでは、

  • デンジのキャラクター性は親から虐待を受けた子のドキュメンタリーを参考にした。
  • デンジはドライを装っているわけではなく、心に穴が空いていて空虚。作品をドライなテイストにしたかったのでそういった感じが合うかと思っていた。
  • デンジには敵を恐れる「回路」がなく、学習によって備わることはない。
ということが語られた。

「ダ・ヴィンチ」2021年4月号ではマキマとの関係について
  • デンジのマキマに対する想いは一方通行じゃなきゃいけない。マキマはデンジを好きになるようなことは何もされていない。
  • 決して通じ合わない関係にケリをつけなきゃとずっと思っていた。
と語っている。

人気

公式人気投票では第1回が5位、第2回が4位となっている。

関連タグ

チェンソーマン ポチタ
マキマ パワー(チェンソーマン) 早川アキ
苦労人

関連記事

親記事

チェンソーマン ちぇんそーまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デンジ(チェンソーマン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5903743

コメント