ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

作品は独特の世界観を持ったハードSFサイバーパンクが多く、舞台として宇宙規模の超巨大建造物がよく登場する。

建築系高校で学んだ後、現場監督や建築家のまねごと(本人の弁による)を経験。遊学のために一年間ニューヨークに渡り、帰国後から漫画を描き始める。特に師事はせずに趣味で描いていたが、友人の勧めで投稿をするようになる。一年ほど投稿を続けた結果、『BLAME』がアフタヌーン四季賞で谷口ジロー特別賞を受賞。その後高橋ツトムの専属アシスタントを5ヶ月ほど務めた後、1997年より月刊アフタヌーンで『BLAME!』の連載を開始。

詳細

巨大な建築物と人物を対比させることにより、スケール感を表現する手法を多用する。通常ではあり得ないような遠近感を正確に表現できるのは、建築家としての経験が大きく役立っているのではないかと言われる。

海外での評価も高く、映画監督でバンド・デシネの大家「エンキ・ビラル」などから賞賛を受けている。ポップアーティスト「村上隆」によるアート展『「SUPER FLAT」at 渋谷パルコギャラリー』(2000年)にもイラストを出品した。

かつては過剰ともいえる綿密な描き込み(おもに背景)によりページが真っ黒で、「連載を読むと指がインクで黒くなる」とすら言われていた。
(余談ながら、「バイオメガ」1巻(講談社版)カバーにはその旨が<CAUTION!!! Your finger dyes black.>と、作品の世界観に合わせたデザインの警告表記がなされている)
現在発売されているコミックスでは、インクが移ることは無い。

また、東亜重工を初めとした、いくつかの武器や物質などの存在をスターシステムなガジェットとして使用している。

おもな作品

連載

BLAME!
NoiSE
ブラム学園!
ABARA
BIOMEGA
シドニアの騎士
人形の国

読み切り

DIGIMORTAL
戦翅甲蟲・天蛾
SNIKT!
人形の国

その他

Halo Graphic Novel

pixivに投稿された作品 pixivで「弐瓶勉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4092443

コメント