ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

弾体加速装置

だんたいかそくそうち

弐瓶勉によるSF漫画 『BIOMEGA』『シドニアの騎士』に登場する武器。 弐瓶作品におけるスターシステム的ガジェットの一つ。
目次 [非表示]

概要(BIOMEGA)

レールガンの様な電磁銃の一種。

通常出力でも建築物の壁を貫通するなど、外観から察するには規格外の威力を持つ。

弾頭に十字型の傷が彫られているのが確認できる(ダムダム弾?)。


弾体加速に要する電力は内蔵バッテリーに蓄積されており、その残量表示は携帯電話の電池表示に類似した形である。この電力は特別製の脳が生み出すエネルギー「脳集波」によって発電される。


通常は銃声も威力も小さいマナーモード(壬二銖の銃では「省電力モード」)になっており、これを解除することにより最大出力で射出することができる。

重二輪には予備が搭載されている。


庚班は大型の弾体加速装置の4000XLの運用能力がある。


概要(シドニアの騎士)

一七式衛人 白月改 継衛

『超高速弾体加速装置』という名称で対奇居子兵器として登場。こちらもレールガンの様な構造。 大型人型ロボット衛人の片腕に装着され、人口カビを内蔵した「ガウナ本体貫通弾」という砲弾を撃ちだす。

奇居子との戦闘を、それ以前のカビザシを使った危険な接近戦から、より安全な遠距離戦へ移行させた切り札。この兵器の登場以降カビサシは使われなくなっていく。


砲身の長さは交戦距離によって変更可能。初登場時は衛人の全長の5倍以上と非常に大型だった。長砲身タイプでも狭い空間での戦闘に備えて、砲身を切断して短縮する機能がある。


関連タグ

弐瓶勉 BIOMEGA シドニアの騎士

関連記事

親記事

弐瓶勉 にへいつとむ

子記事

  • 4000XL よんせんえっくすえる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11260

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました