ピクシブ百科事典

高橋留美子

たかはしるみこ

日本の女性漫画家。
目次[非表示]

「この世に漫画を描く以上に面白いことなんてあるのかしらねぇ」
「私ね、マンガを描く上で何かメッセージを伝えたいとは思っていないんですよ。
ただそのマンガを読んでる間、何かつらいことがある人でも楽しくなってくれればいいな、
元気になったらいいな……と、それだけです。」

人物

1957年10月10日生まれ。新潟県新潟市出身。
少年漫画雑誌の第一線で活躍し続ける、女性漫画家の草分け的存在。
小池一夫の劇画村塾の出身作家であり、そこから『勝手なやつら』で小学館新人コミック大賞において佳作を受賞し、デビューに至った。
愛称はるーみっく。制作プロダクションの名称にも用いられ、代表取締役も担う。
彼女の描く作品や独特の世界観は、るーみっくわーるどと呼ばれており、日本のオタクカルチャーに彼女が与えた影響は、絶大なものがある。

ラブコメしか描かない」と公言しており、「漫画を描くのに男は邪魔だから(おそらく恋愛したり家族を作るのが)」との理由で独身を通している豪傑で、アシスタントも同じ理由から女性で統一している。長期連載が終わっても休む間もなく「早く次の連載をやらせて!」と編集に要求するなど、漫画と結婚した女性とも言える。
なお、同じく生涯独身で通した長谷川町子からも何らかの影響を受けたところもあるらしく、長谷川町子が執筆作業中に昆布スルメをよく噛んでいたエピソードと同じく高橋もスルメ等を噛んでいるらしい。
特に強い影響を受けた漫画家は永井豪らしく、彼の作品『ハレンチ学園』は自身の血肉となったと語っている。しかし、下ネタは見るのは好きだが描くのは苦手らしい。

実は若い頃からグラマラスな体型で、一部では有名だったらしい。
知る人ぞ知る、熱烈な虎党

そして2017年10月10日、ついに還暦を迎えた―。

生けるレジェンド

うる星やつらSFドタバタギャグ)から、らんま1/2格闘バトルコメディ)、人魚の森シリアスホラー)、めぞん一刻青年ラブストーリー)、犬夜叉戦国時代劇)、境界のRINNEファンタジー)など、幅広い作風を描ける実力派。
現時点で長期連載作の全てがアニメ化実写化がされている。また短編も高橋留美子劇場るーみっくわーるどのようにアニメ化されているものが多い。
1995年には単行本が累計1億冊を、2017年には遂に累計2億冊を突破した
1978年デビューから実に40年近く絶えず少年誌で活躍し続ける。

このような数々の功績を称え、人は彼女を「天才」「生ける伝説」等と崇める。その名に恥じず、同業者にさえ熱狂的なファンがいたり、一目置かれる尊敬の対象とされたりするなど、今なお多くの人々に影響を与え続ける。以下は、そんな一握りの人物。

  • 小池一夫…高橋の恩師。一早くから高橋の才能を見込み、「お前はプロになれる」と評した。
  • あだち充サンデー漫画家。数十年にわたり高橋とともにサンデーを支え続けてきた戦友。あだちが少年誌にこだわるのも、高橋の存在が大きいと語る。互いに実力を認め合うほどの仲。
  • 藤田和日郎…同じくサンデー漫画家。高橋の作品を読んだことで漫画家を志したるーみっくオタクであり、「好きな漫画家は誰か」という質問には必ず真っ先に高橋の名を挙げるほどの熱狂的ファン。今なおリスペクトかつ敬愛しており、漫画の描き方などを参考にしている。
  • 荒川弘…女性漫画家。人生で一番影響を受けた漫画に『うる星やつら』を挙げており、漫画の描き方を参考にするほど。2013年には、高橋とサンデー誌にて対談を果たしている。
  • 椎名高志…サンデー漫画家。妻が高橋の元アシスタントであり、自身も「僕の漫画家人生を変えてくださって有難うございます」と感謝の意を表している。
  • 岡田斗司夫…評論家・プロデューサー。手塚治虫が「漫画の神様」なら、高橋は「漫画の怪物」であると評した。
  • 島本和彦…漫画家。自身の作品の中で、「高橋留美子はタイミングだけで生きている」と迷言を書いたことで有名。

作風


エピソード・諸説

  • これまでに『うる星やつら』、『めぞん一刻』、『らんま1/2』、『犬夜叉』、『境界のRINNE』と、高橋の定期連載作品は全てTVアニメ化されている。また、不定期連載の『人魚の森人魚シリーズ)』と『高橋留美子劇場』のシリーズ作品も深夜枠でアニメ化、同じく不定期連載を経て完結した『1ポンドの福音』もOVA化された。さらに、短編読み切り作品である『炎トリッパー』『ザ・超女』『笑う標的』も、「るーみっくわーるど」として立て続けにOVA化されるなど、もはや隙がない。
  • 上記のようにメディア化に恵まれた作家であるゆえに誤解もされやすいのだが、当然、高橋留美子作品の中にはメディア化されていない作品もある。(なので「作品すべてがアニメ化されている」は間違い)それらの中にはケレン味が強く連載作品の内容など生易しいと思えるレベルの「どハードなシリアス作風」や「ブッ飛んだギャグや設定を持つ」作品も多い。ゆえに、それら未アニメ化作品の作風から、ある程度の調整(毒取り)をして上記された代表作が生まれたとされる事もある。高橋留美子作品のファンの中にはアニメ化作品しか知らないファンも多いのだが、そうしたファンにはぜひとも未アニメ化作品にも触れる機会を持ってもらいたいと願っている古参ファンも多い。
  • 高橋作品のアニメ版に参加した声優(特に主人公ヒロインなどの主演級)は、必ず売れっ子になるというジンクスがある。
  • 高橋作品のアニメに一度出演した声優は、本作者の他作品で再び起用されることが多々ある。特に、メインキャラクターを演じた声優が別作品で再びメインに起用されるなんてことも、決して珍しくない。

高橋の代表的な作品のタイトルの頭文字は、自身の名前「留美子」のローマ字表記「RUMIKO」から、1文字ずつ取られている。

R…『んま1/2
U…『る星やつら
M…『ぞん一刻
I…『夜叉
K…『界のRINNE
O…『1ポンドの福音』 ※英数字「one」=1から。ただし、含まれない場合もある。

もちろん、これはあくまで噂であって、高橋自身が意図して付けたのかは定かではない。しかし、あまりにも偶然すぎるので、一部のファンからは「RUMIKOの法則」として、まことしやかに囁かれている。
因みに、上記6作品ともすべてアニメ化されている。

  • 歴代の定期連載作品のタイトルの頭文字を並べると、奇しくも「RUMIC」=「るーみっく」となる。
R…『んま1/2
U…『る星やつら
M…『ぞん一刻
I…『夜叉
C…『界のRINNE』 ※英語名「Circle Of Reincarnation」から。

―― ただし、上述の通り、これもあくまで噂である ――。

代表作

※☆・・・アニメ化、★・・・実写化

定期連載作品

うる星やつら

うる星やつら


●『週刊少年サンデー』(1978年39号 - 1987年8号)
週刊サンデー本誌での初連載作品。女たらしの少年・諸星あたると、押しかけ女房で異星人・ラムを中心に多彩なキャラクターの登場するSFコメディ。当初は読切および短期シリーズ掲載作として始まり1980年に定期連載化された。1981年-1986年にTVアニメ化、OVAシリーズや劇場版アニメも6本製作された。

☆★めぞん一刻

一刻館の人たち。


●『ビッグコミックスピリッツ』(1980年11月創刊号 - 1987年19号)
オンボロアパート「一刻館」に下宿する浪人生・五代裕作と、彼が憧れを抱く「管理人さん」音無響子を中心としたラブコメディ。1986年-1988年にTVアニメ化、1986年秋に実写映画化。2007年にTVドラマ化された。

☆★らんま1/2

らんま最高


●『週刊少年サンデー』(1987年36号 - 1996年12号)
水を被ると女になってしまう格闘家の少年・早乙女乱馬と、親同士が決めた彼の許婚・天道あかねを中心とした格闘コメディ。1989年-1992年にTVアニメ化、劇場版アニメも3本、その後OVAシリーズも多数製作された。2011年にSPドラマ化された。

犬夜叉

~戦国御伽草子*~ 


●『週刊少年サンデー』(1996年50号 - 2008年29号)
戦国時代にタイムスリップしてしまった中学生の少女・日暮かごめと、彼女が出逢った半妖の少年・犬夜叉を主人公とした伝奇作品。2000年-2004年にTVアニメ化され、2009年秋-2010年春にTVアニメ第2期「完結編」を放送。劇場版アニメも4本製作された。

境界のRINNE

RINNE!!


●『週刊少年サンデー』(2009年21・22号 - 連載中)
幼い頃の神隠しにより幽霊が見えるようになった高校生の少女・真宮桜と、人間と死神による混血の少年・六道りんねを主人公とした学園&霊界ラブコメディ。2015年春よりTVアニメ化されており、2017年現在、第3シリーズまで放送されている。

シリーズおよび不定期連載

人魚の森(人魚シリーズ)

人魚と異形のもの


●『週刊少年サンデー増刊号』『週刊少年サンデー』(1984年8月増刊号 - 、不定期)
人魚の肉を食べたことにより永遠の生を生きることになった青年・湧太と少女・真魚の運命を描いた伝奇シリーズ。OVA化ののち下記『高橋留美子劇場』と共にTVアニメ化されている(未放送分は15禁)。

☆★1ポンドの福音

耕作と妹アンジェラ


●『週刊ヤングサンデー』(1987年9号 - 2007年3・4号、不定期)
減量の苦手なボクサー・畑中耕作と敬虔な修道女・シスターアンジェラとの恋愛を描いたスポーツ・ラブコメディ。『週刊ヤングサンデー』に不定期連載され20年かけて完結、OVAも製作された。2008年にTVドラマ化された。

☆★高橋留美子劇場

浪漫の商人


●『ビッグコミックオリジナル』(1987年7月20日号 - 、不定期)
年1回のペースで掲載されている、サラリーマンや家族などをテーマにした読み切りシリーズ。2011年時点で4冊が刊行されている。2003年にTVアニメ化、2012年にTVドラマ化された。

ダストスパート!!

ゴキ●リ男とゴリラ女


●『週刊少年サンデー増刊号』(1979年5月号 - 9月号)
初の連載作品。

短編・読み切り

※以下、発表年代順に記載。

ザ・超女

ザ☆超女


●『週刊少年サンデー増刊号』(1980年10月号)
宇宙を舞台としたSF作品。1986年にOVA化もされた。

闇をかけるまなざし

闇をかけるまなざし(最終回)


●『週刊少年サンデー増刊号』(1982年8月号)
初のシリアスホラー作品。藤田和日郎が漫画家を志すきっかけになった。

笑う標的

笑う標的


●『週刊少年サンデー増刊号』(1983年2月号)
女の情念をテーマとしたシリアスホラー作品。1987年にOVA化もされた。

炎トリッパー

宿すず


●『週刊少年サンデー増刊号』(1983年8月号)
初のOVA作品。制服姿の現代のヒロイン異世界に迷い込むというプロットは、後作『犬夜叉』や『境界のRINNE』に受け継がれている。

忘れて眠れ

忘れて眠れ


●『週刊少年サンデー増刊号』(1984年1月号)
雪国を舞台としたシリアスホラー作品。転生前世からの因縁をテーマとしている作風は、後作『犬夜叉』や『境界のRINNE』に受け継がれている。

関連イラスト

高橋留美子先生おめでたう!
2015年 高橋留美子先生お誕生日おめでとうございます!


中身入れ替わり(雑)【あたる乱馬犬夜叉りんね】
中身入れ替わり【うる星らんま犬夜叉RINNE】ヒロインver.



関連動画



関連タグ

漫画家 ラブコメ 小学館 週刊少年サンデー
るーみっく るーみっくわーるど るーみっく主人公 るーみっくヒロイン

外部リンク

高橋留美子 -wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「高橋留美子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5469053

コメント