ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV 乱馬(♂):山口勝平/らんま(♀)林原めぐみ

概要

無差別格闘早乙女流二代目
元祖無差別格闘流後継者候補(他に候補がいないので実質後継者)。
早乙女流の師匠は早乙女玄馬、元祖無差別格闘流の師匠は八宝斎
許嫁の天道あかねと結婚し、天道流の道場を相続して無差別格闘流を栄えさせるのが使命。あかねとは両想いだが互いに不器用で素直になれない。
呪泉郷の呪いで水を被ると女の子に変身する。お湯を被ると元に戻る。

人物

風林館高校1年F組の16歳。

アニメ版では男の状態は「乱馬」、女の状態の時は「らんま」と平仮名で表現される(原作では「乱馬」と「女乱馬」)。

日本人であるが、中国にいた影響で、とにかくチャイナ服にこだわりを持つ。制服も中華風に改造したものを着用している。
父の玄馬とは全く似ておらず、母親似の端整な容姿の持ち主。それを自負しており、特にらんまの状態では母と並ぶと瓜二つである。

格闘の腕前は主要人物の中でも群を抜く実力者。師匠である玄馬と八宝斎は素行に難はあれど、格闘家としては最高峰クラスの達人であり、日々彼らとの戦いに明け暮れる乱馬もやはり格闘家としては一流の存在である。おまけにやはり最高クラスの達人であるコロンからも教えを受けるという武闘家としては恵まれすぎた環境で育っている。結果、ほとんど我流で技を磨く良牙ムース九能帯刀よりも一歩先の実力を持っていることが多い。

武闘家としての最終目標は世界最強の武闘家になって元祖無差別格闘流を継承する事。しかし、八宝斎がアレなのでその辺りの設定はうやむやのまま完結している。玄馬早雲が辞退した時点で乱馬以外に候補がいない為、継承問題に支障はないのだろう。ちなみに、玄馬は楽太郎(楽京斎)が八宝斎の一番弟子になりかけた時に焦っている為、乱馬を八宝斎の後継者にしたいと考えているようである。

得意なものはスポーツ全般と料理。手先も器用で体を使うことは何でも卒なくこなす。アニメでは好物がお好み焼き、たこ焼き。他にパフェという甘党の一面もあり、食べに行くときにはらんまに変身してあかねに付き添ってもらい呆れられている。またたこ焼きは当時スーパーで買えない貴重品で、それだけで第111話が作られたぐらい目ざとい。
苦手なものは猫とギャンブル(考えがすぐ顔に出るため)。特に猫は幼いころさせられた無茶な特訓によって最大の弱点となっており、触れられるとパニックに陥るほど大嫌い(怖がるだけで我慢も出来る)。

格闘と名の付くものには負けたことがない、と常々自慢しているが大抵一度負けてから再戦し勝利するというパターンが多い。乱馬が言っているのは「公式戦」での勝敗のようである。
極端な負けず嫌いだがそれは乱馬の強さでもあり、リベンジに挑む際はあらゆる努力と知略を尽くす執念を見せる。あかねも「(乱馬は)勝つまでは絶っっ対にあきらめない性格なんだから」と断言した。

勉学に関してはかなりテキトーで、風林館高校に通っているのも形だけと自認している。
高校には私服(黒も似合うのに…)で通っており、校長からは風林館高校で一番の不良と認識されている。他にも「武闘家にとってテストの点など無意味」と大真面目に主張したりしている。

当初は女物の服を着ることに抵抗があったが、物語が進むにつれて躊躇しなくなっていき、プール授業の時は女物の水着を着たり、八宝斎対策に女装(体操服ブルマも含む)だけでなく色仕掛けなどの「女の武器」を何の躊躇いもなくフル活用するようにまでなっている。下着だけは男物で通すことに拘っていたが、それも勝負に勝つために捨てたことがある。ただし、女として男に貞操を穢されることにはやはり強い忌避感を持っており、三千院帝にファーストキスを奪われた際には本気で落ち込んでいた。

九能程ではないがナルシストな面があり、好意を寄せる女の子達に対し普段は素っ気無い態度を取っていても、いざ離れていくのを感じ取ると、振り向かせようとムキになることもしばしばあった(「らんま」状態の時は、男性に対しても同様の行動をしている)。また紅つばさに「ぶす」(アニメでは「ちんくしゃ」)と言われたことに腹を立て、自分のかわいらしさをつばさに認めさせようと四苦八苦したことがある。

基本的には何事にも正々堂々と正面からぶち当たっていくことを矜持とするが、切羽詰まって冷静さを失うと負けず嫌いが拗れて手段を選ばないこともあり、最早卑劣以外の何モノでもない手段に走ったりすることも……。しかも無自覚だったり、自分勝手な理由付けで良心の呵責を誤魔化すので始末が悪く、この時のザマは周囲の人間をして「腐れ外道」と言わしめさせるほど。もっとも、えげつないのはそこに至る思考と発想だけであり、生来のお人好しとおバカさ加減で、実際の行動は大抵笑って済ませられる程度の下らない悪巧みにしかならない。

父は「親父」、八宝斎は「じじい」と呼び、基本的に他者は呼び捨て、あるいは「てめえ」「○○の野郎」と呼ぶ。ただし右京は「うっちゃん」、早雲は「おじさん」、かすみはさん付けである。またごくたまになびきを「なびき姉ちゃん」と呼ぶこともある。

能力(5段階評価)

パワー  :★★★★☆(女らんま時:★★★☆☆)
スピード:★★★★★
テクニック  :★★★★★
頭脳  :★★★★☆
ハート  :★★★★★
スタミナ:★★★★☆(女らんま時」★★★☆☆)

全てに秀でた万能タイプ。
能力設定はワイド版1巻で登場。
パワー、スタミナ、頭脳にややかげりがある以外は全てが最大値。これは現在紹介されている11人の中では八宝斎に次ぐ最強クラス。
女らんまは戦闘力自体は男らんまの劣化であるが、スピードやテクニックは下がらず、女の武器も持ち合わせ、総合的には男らんまとある程度相互互換の強さ。
状況に応じてファイトスタイルを変えることもあるが、基本的には素早さと手数を活かした機動力重視のスピードファイトが多い。

※沢山あるので、主な物のみを記入する。

火中天津甘栗拳

女傑族に伝わる幻の神拳。一瞬の内に片手で数100発ものパンチを繰り出す。
コロンにお湯をかぶることができなくなる「総身猫舌のツボ」を押されてしまい、治すための丸薬を奪取するために会得した…のだが、普通、女傑族はこの拳法を文字通り「火中の栗」を拾う修行をすることにより会得するが、乱馬の場合、「水槽にたむろするピラニア」を捕まえるという特殊な特訓により会得することに成功している。乱馬はこの技の手さばきを攻撃に限らず様々な場面で応用している。
ちなみに空想科学読本の検証によるとあのケンシロウより素早い拳で、「高校生に負けるなんて…」と、著者自身を絶句させた!! 聖闘士との対戦検証がないのが残念。

飛龍昇天破

女傑族秘拳中の秘拳。通称「温度差の魔拳」。
相手が発散する通常の熱い気(闘気)を螺旋の動きに巻き込み、そこに自らの冷静な冷たい気を叩き込んで竜巻を発生させる。
武術家の強さと闘気の強さは比例する為、相手が強いほど威力が上がる。逆に相手が弱いと威力が下がり、温度差が発生しないレベルになると使用すらできなくなる。
参考:乱馬+良牙の最初の修行のときには、良牙に乱馬を倒そうという殺気がなかったため、そよ風程度の風しか起こせずにほぼ0%の威力であったが、乱馬+玄馬右京の3人に使用すると20%の威力、八宝斎に使用すると100%の威力になる。

猫拳

幼いころ玄馬によって課せられた「かつお節をくくりつけて多くの猫がたむろする穴に投げこむ」という修行によって体得した技。猫になりきり、猫そっくりの身のこなしで戦う拳法。
床、木、水などを拳圧でけずり節のように粉砕する。コロンと対等に戦えるようになるなど圧倒的な強さを発揮するが、一度この状態になると特定人物が宥めるまで暴走が止まらず、幼少期は近所の老婆が宥めていたが、現在はあかねが宥め役となった。暴走中の記憶は残らない。
正確には猫への恐怖が限界に達した乱馬が無意識に行っている逃避行動であり、実は指南書には「その修行方法はまったく意味がないから、やめておくように」と書かれていたのを玄馬が見落としていた。

猛虎高飛車

自分の「強気」を闘気として発射する技で、気が大きくなればなるほど威力も跳ね上がる。良牙の獅子咆哮弾に対抗すべく会得した技で、真逆の性質を持っており、最大威力も互角。だが、乱馬の強気は単なる意地っ張りであることも多く、獅子咆哮弾との競り合いでパワー負けしたり、途中で弱気になって弱体化してしまうこともままあった。

猛虎落地勢

御大層な名前だが単なる土下座。

敵前大逆走

走・考・攻の三条から成り立つ早乙女流奥義。
カッコいい名をつけているが、つまりは敵から逃げてその間に対策を考えるという情けない技である。だが玄馬曰く「案外難しい」らしい。

関連イラスト

らんまとPちゃん^^
らんま



関連タグ

乱馬 女的乱馬 らんま 女らんま 早乙女らんま
早乙女玄馬 天道あかね 天道なびき 天道かすみ
シャンプー(らんま1/2) 三つ編み DoCo
乱あ 乱シャ

関連記事

親記事

らんま1/2 らんまにぶんのいち

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「早乙女乱馬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7599234

コメント