ピクシブ百科事典

六道鯖人

ろくどうさばと

六道鯖人とは、高橋留美子の漫画『境界のRINNE』のキャラクター。トップイラスト右の人物。
目次[非表示]

CV:山口勝平

人物

生きている者を死後の世界へと誘う堕魔死神たちを束ねる「堕魔死神カンパニー」の社長。名前の読みは「鯖人(サバト)」とカタカナで表記される。
死神・魂子と人間の父の間に生まれたハーフ。六道りんねの父親であり、親子そろって赤髪赤眼。
魂子からの遺伝か、常に不敵な笑顔を浮かべている。
兄と言っても通用するほど見た目が若く、一見すると爽やかな好青年だが、実際は金遣いの荒い女たらしのろくでなし
たくさんいる愛人に貢ぐために、一人息子のりんねを借金の連帯保証人にしており、彼に極貧生活を送らせている元凶である。赤ん坊のりんねから手形を取り、小学校への入学祝いを巻き上げ、高校に入れば拇印を欲しがるなどろくでもないエピソードは枚挙に暇がない。
ちなみに恋愛の守備範囲は広く、なんと自分の母親と同世代の女性とすらも関係を持ってしまった事実すらある。(もっともコレは本人も気づけなかったゆえの事だが)ただし、さすがに小学生は守備範囲外らしい。

母親の魂子と同じく余程の事がない限り常に笑みを浮かべ、人を食ったような態度をとる。配下である堕魔死神はガチで人の命を奪う極悪な死神達だが、鯖人本人の行動は基本的にギャグ調で、今のところ自ら人の命を奪うような描写はない。
それでも数々の所業からりんねをはじめとして架印といった多くの死神たちから討伐の目標にされており、危険な死神達を統率していることもあって本作における悪の親玉というポジションにある。
何かしら料金が発生すれば、支払いは誰かに押しつけ、時には踏み倒し、まともに支払えば吐血までするなど、心の底までろくでなし根性が染み付いている。

りんねと同様に人間との混血であることが大きなネックになっているらしく、死神とは名ばかりで霊一体まともに祓えない。その上、ノルマ水増しはおろか労働そのものを一切せず、真面目に働こうものなら血の涙を流して気絶する始末。
一方で戦闘能力だけは無駄に高く、首に巻いた襟巻や「吸血火車」などを使用し、竜巻を起こして瞬間移動もできる。浄霊能力は低いものの、以前ゴールドライセンス所持者を倒したことがあるため、死神ライセンスはりんねを凌ぐゴールド(格上のライセンス所持者を倒すとそのライセンス相当の実力があると評価される)。

りんねにとってが特別な存在であることに感づいており、婚約指輪(りんねの金で勝手に購入)で半ば強制的に二人を結婚させようとしたこともある。アニメOPでは、桜にちょっかいをかけようとして、魂子からハリセンの制裁を受けている。
ちなみに、率いるカンパニーはとっくに借金まみれになっており、負債ごと押し付ける目的でりんねに社長業を継がせようと目論んでいる。

鯖人の死神道具

  • 吸血火車(きゅうけつかしゃ)

触れた物を問答無用で一瞬のうちに換金し、相手の財産を奪い尽くす強力で恐ろしい武具。基本的な使用法としては投擲や盾代わり。投げつけた後はブーメランのように手元に戻ってくる。換金された物は社長室の金庫に転送される。吸血火車に触れた物自体も鯖人の金庫に残る為、理論上は無限に金を得ることができるはずだが、理論は理論でしかなく上手くいったためしがない。

  • あの世の盗撮グッズ
自律して相手を盗撮するグッズ。手足の生えたビデオカメラで、自分が見られると恥ずかしがって逃げ出す。桜の行動を見張るために鯖人が送り込んだものだが、発見されて自爆した。
  • ゴールドライセンス
上述。死神たちの持つライセンス(死神の資格)の中でも高位に位置する資格証。高校時代の先生と対決する事で譲られたもの。ちなみに入手時の対決の折、近くの死神女子校の生徒たちが、その様子を見ていたために、ついうっかり本気を出してしまったらしい。のちにカンパニーで偽ライセンス証を増産する際の原本にした。
  • 死神の鎌
ゴールドライセンスの事を指摘され、りんねにライセンスを賭けた戦いを挑まれた際に実家の押し入れから取り出したもの。自身が幼い頃から使用していた鎌だが、押し入れに入れっぱなしであった事からも解る通り、メンテすらせずに放っておいたため、すぐに折れた。
  • 一打残し
道具ではなく、若い頃の鯖人が編み出した死神の鎌を使用した技。不浄霊を成仏一歩(一打)手前まで弱らせるための技。鎌を使用した際には無意識に使ってしまうほど、体に技が染みついている。用途は成仏手前まで弱らせた霊を女性死神に譲る事で、相手の心をつかむと同時に優しさを演出して、対象の女性死神を自分に惚れさせる こと。高校時代はこの技によって200股をかけていたらしい。正直「こんな技さえ開発しなければマトモに優秀な死神になれていたハズだ」と全員がツッ込んだ。

余談

鯖人の声優は、過去にるーみっく主人公を2役続けて引き受けており、そのうちの一人は、実の父親に振り回されるキャラだった。やはり血は争えないのか…。
また、死神と人間の混血である鯖人だけでなく、男と女の両方の性質を持っていたり、妖怪と人間の混血であったりと、演じた3役いずれもハーフという共通点がある。

山口勝平さんとるーみっく



関連タグ

境界のRINNE 六道りんね 真宮桜 六道乙女 魂子 死神
ろくでなし 人でなし ぐう畜 だいたいこいつのせい

沢越止作品内における全ての元凶にして女たらしのクソ親父。

紅音也主人公の父親、性格も女好きでいい加減であるなどが共通している。しかし、音也は本当に愛した人の為に己の身を犠牲にして守りきり息子の成長に大きな影響を与えた鯖人ほどろくでなしではない。

涼村暁:女好きでだらしなく、借金まみれであることが共通

連ちゃんパパ:同じく吐き気を催すほどの外道父親。大量殺戮には及ばないだけまだ鯖人よりは穏やかか。ただし連ちゃんパパはその妻までクズである。

ドンキホーテ・ドフラミンゴ:生まれながらの外道であったが両親が良識ある人物であったため思うがままに羽を伸ばせず、成人後に裏社会で頭角を現した事が共通。だがドフラミンゴは天竜人を憎む者たちに殺されかけた末自分の父と弟を手にかけており、悲惨な過去を抱えている。

クライヴ(ジャングルはいつもハレのちグゥ):主人公の父親、性格も女好きでいい加減であるなどが共通している。しかし、根は常識人で裏の顔は家族思いである。

関連記事

親記事

境界のRINNE きょうかいのりんね

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「六道鯖人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 687260

コメント