ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

りんさく

りんさく

高橋留美子の原作漫画「境界のRINNE」の主人公・六道りんねとヒロイン・真宮桜のカップリング。
目次 [非表示]

「真宮桜は…天使のように優しい」

「人間みたいだけどね、優しい死神なんだよ」


概要

二人は同じ高校のクラスメートで、隣席同士。

5月11日の教室内で、二人は運命の出会いを果たすことになる。

以来、死神みたいな少年・りんねと幽霊が見える少女・が、協力してさまよう霊を救いながら、互いに信頼関係を結び、かけがえのない存在になっていく。

作中では、貧乏なりんねが差し入れを届けに行く姿や、霊的事件を解決するため一緒に行動するシーンが多く見られる。


関係

初期~後期

りんねは最初こそ桜を意識しておらず、恋愛にもまったく興味を示さないという、まさにクールで一匹狼を絵に描いたようなキャラだった。

しかし、話が進むにつれて桜の優しさ・頼もしさに触れてからは、彼女に想いを寄せる十文字と張り合ったり、他の男性キャラたちによるアプローチを見て動揺したりと、桜に惹かれている明確な描写が増えてくるようになった。

また、桜のピンチには血相を変えて真っ先に駆けつけたり身を案じたりするなど、彼女を特別な存在と思っているようである(れんげには、「りんねの弱点は桜」と認識されたほど)。基本的に自身に向けられる罵詈雑言には穏便だが、桜に危害を加える者には非常に容赦がない。暴言を吐いた者には、子供であろうと敬語タメ口が入り混じった冷静口調&文字通り鬼の形相で凄み(ただしあくまで大人な対応で)、相手が心から反省・謝罪するまで片腕でお仕置きをしたこともある。

普段はローテンションだが、最近では桜への好意も非常にわかりやすく、彼女に喜んでもらったり褒められたりすると舞い上がりハイテンションになるほど

以上の通り、色恋沙汰には初心で純情一途なのだが、桜に関する妄想力は豊かという多少むっつりスケベなきらいもある(とはいえ妄想の内容に卑猥さは一切なく、桜と二人で桜の手作りのご飯を食べたり、楽しく過ごしたりするといった極めて純粋なものである)。

初期とのギャップに驚いた人も少なくないだろう……いったいどうしてこうなった

るーみっく主人公男子達、今の主人公がどうなってるか知ってる?


一方、桜はというと、明確にりんねに対してどう思っているのかを表す描写は稀である。

しかし、死神学校交流会の際にはりんねと二人で一緒に出掛けられることに頬を染めてとても喜び、張り切って弁当を作ったりするなど、年相応の女の子らしさも見せている。

また、普段は穏やかで滅多に怒ることのない彼女が、りんねのピンチには珍しく険しい表情を見せて救出に尽力するなど、自覚はないが少なからず好意を持っているのは確かである。

それがクラスメートや友人としてなのか、異性としてなのかは定かではないが、桜自身は死神の仕事の手伝いを通じて彼の力になりたいと思っている。

また、クールで感情や表情を露にすることが少ないため一見非常にわかりにくいのだが、台詞の節々を注意深く読んでみると、さりげなくナチュラルにデレていたりする

物腰柔らかな性格で、作中では微笑むことは多いものの、ポーカーフェイスが基本なので満面の笑みや頬染めは滅多にない。それ故に、破顔した時のレア度と破壊力はとてつもなく、りんねから「可愛い」と思われるほどであり、りんねが桜を意識するきっかけにもなっている。作中では直接褒め言葉を言われることもあり、桜曰く「嬉しい」らしい

りんねからは「天使」「妖精」「女神」など、架空の神聖な種族にたとえられることが多い。

貧乏なりんねの事情を理解しており、手作りの弁当を携えていくこともある。りんねからは「宝石箱」と例えられるほど美味で好評であり、なかでも玉子焼きを気に入られている。


また、連載第1話目から手を繋いだり、初期からお姫様抱っこをしたりするなど、高度なスキンシップを結構ナチュラルに頻繁に披露していたりする

原作のみならず、アニメ本編やOP・EDやイラストでもよく描かれている。


さらに驚きなのが、りんねの台詞

「おれはまだ真宮桜と一切いちゃいちゃしていない!」

まだ1ミリも付き合っていない段階でこれなのだから、先輩である歴代のるーみっく主人公・ヒロインたちも、さぞやびっくりすること間違いなしである。


ちなみに、初期にはこんなものが作られていた。

あたると乱馬と犬夜叉とりんねあたると乱馬と犬夜叉とりんね②



このままお互いに付かず離れずの距離を保った関係になると思われた二人だが…?


結末

最終章のネタバレが多様に含んであるため、最終回もしくは40巻を未読の方は回避を推奨

















これまで、りんねから桜への好意ははっきりと描かれていたのに対し、桜からりんねへの好意は仄めかすことはあっても明確に描かれることはなかった。

しかし、最終章のとある出来事を機に、遂に桜はりんねへの好意を自覚することになる

そして、その出来事を経て二人は熱いハグによってお互いの気持ちを確かめ合い、晴れて恋人の関係となった。どれくらい熱いハグだったかは、是非ご自身の目で確かめてほしい。


現在は、丸1日デートを重ねるなど順風満帆な日々を過ごしている模様。

桜曰く、「(付き合う)前よりも二人でいることが多くなった」とのことだが、付き合う以前からほぼいつも一緒にいたため、どれくらい二人きりでいる時間が多いのかは想像に難くない。

桜の母親はりんねの事情を知っているため、娘との交際を快く公認しており、二人を温かく見守っている模様。

とはいえ、二人が付き合っていることは桜の母親を含む二人身内やごく一部の者にしか知られていない様子をみるに、あまり公ごとにはせず、あくまで自分たちのペースで二人きりの時間を過ごしていきたいという二人らしさが出てるといえるだろう。


余談

歴代るーみっく主役カップルは、どちらかまたは両者が初恋の人が別におり、三角関係や四角関係が常であった。それに対し、今作の二人は互いが初恋かつ相思相愛で結ばれた初めてのケースとなる。


ちなみに、原作完結から数年後に設立された原作者・高橋留美子女史による公式Xのキャラクター小話によると、

りんねは桜一筋1」「りんねも桜も他キャラクターにブレない23」と語られている。

ここまで作者自身に一途で相思相愛ぶりを言わしめた歴代るーみっく主役カップルはこの二人のみなので、いかに二人が王道かつ盤石なカップルであるかが計り知れる。


そして、高橋留美子女史の画業45周年を記念して2024年春頃発売される画集の表紙についてだが、なんと歴代るーみっく主役カップルが描かれる中で、一番目立つセンターポジションに二人が描かれているなど優遇されている


気になった方はぜひ一度ご覧あれ。


相違点と共通点

りんねが素でボケ、桜がそれにツッコミを入れる場面が多々ある。

ただし、桜も天然なところが多少あるため、ごく稀に素でボケる。

場合によっては、ゲストのボケに対して二人揃ってツッコミに回ることもある。


また、恋愛に鈍感など、二人の共通点は意外と多い。

双方とも感情的でなく、クールでおっとりしているので、言い争いをすることはない。

何より一番は、お互いの優しい性格に惹かれ合っているところであり、似た者同士であることがうかがえる。

二人ともモテるが、一途なので互い以外の相手に靡かないところも共通している。



ちなみに、二人の中の人も知ってか知らずか好んで二人のことを「りんさく」と呼び慕っており、イベントTwitterなどで発言することもしばしばみられる。

また、りんねの中の人一番好きな理想のるーみっく女性キャラにを挙げるほどであり、桜の中の人も、りんねについては「可愛くて守ってあげたくなる。ヒロインの桜をいつも必ず守り助けてくれるヒーロー然としたところが魅力」と評している。


関連動画

OPやEDで主に二人をテーマに作られる曲が多いなど、かなりの優遇ぶり。

中でもこの2曲は、映像と曲をセットで視聴すると色々な発見ができるような作りになっている。

第2期前半ED「話をしよう」

第3期前半ED「スキナノカナ」


関連イラスト

境界のRINNEりんさくちゃん

りんねと桜アニメ3期おめでとう!

*動画企画*りんさく+りんね単体+その他イラストまとめ2

センシティブな作品りんさく


関連タグ

境界のRINNE 高橋留美子

六道りんね 真宮桜

主人公 ヒロイン

るーみっく るーみっくわーるど るーみっく主人公 るーみっくヒロイン

関連記事

親記事

境界のRINNE きょうかいのりんね

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10934664

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました