ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

世のオタク―もとい、老若男女を問わず魅了し続ける、永遠のマドンナ的存在。

主人公(るーみっく主人公)と同等の活躍を見せており、もう一人の主人公としても描かれている。

清楚で可憐な風貌が特徴。ただし、主人公が自分以外の女性にアプローチをかけられたりすると暴力をふるう(本気で怒ると、平手打ちを喰らわせる)などの嫉妬深い一面を持っているタイプが多い(真宮桜は例外)。また、他の男性キャラにも好意を抱かれ言い寄られても、主人公以外の男に靡く事はない。…とはいえ主人公の態度に苛立って、わざと自分に好意を抱いている男とデートをしたりあてつけをしたりする一面もあるが…(例1)(例2)(例3)(例4


さらに、作者に負けず劣らず、プロポーションが非常によいことでも有名(ただし、ラムはどちらかと言えば後続達と比べてスレンダーの傾向がある)。

料理に関して奇抜な感性or苦手なタイプまともな料理を作れるタイプに大きく分かれる。作中で第三者から明確に描写があるのは、前者ではラム天道あかね、後者では音無響子真宮桜が挙げられる。


なお、主人公とヒロインは基本同い年だが、例外は判明している限り「音無響子」とOVAでの「シスターアンジェラ」の2名は歳上である。


代表的なるーみっくヒロイン

ここでは、高橋留美子の歴代定期連載作品のヒロインを挙げる。


その他のるーみっくヒロイン


演者について

過去作のヒロイン(中の人)が、後の作品で他のヒロインと共演していることは決して珍しくない。

  1. めぞん一刻』の音無響子は、『人魚の森』で敵役として出演。
  2. 『人魚の森』の真魚は、『らんま1/2』で姉役として出演。
  3. 1ポンドの福音』のシスターアンジェラは、『らんま1/2』で友人役として出演。
  4. 『らんま1/2』の早乙女らんまは、『境界のRINNE』で主人公母親役として出演。現在は転生した姿で、ヒロインとも大きく関わっており、良好な関係。
  5. 『らんま1/2』の天道あかねは、『犬夜叉』で前世役として出演。
  6. 『犬夜叉』の日暮かごめは、『境界のRINNE』でヒロイン縁深い人物として出演。また、パチンコパチスロ版『めぞん一刻』ではヒロイン役でも出演している。
  7. うる星やつら』のラムは、『境界のRINNE』で桜の母役として出演。リメイク版『うる星やつら』ではラムの母役として出演。
  8. 『境界のRINNE』の真宮桜は、リメイク版『うる星やつら』で主人公のライバルのとして出演している。

特に7と8に関して母娘ともにるーみっくヒロインとなった史上初の例である。

奇しくも、元祖るーみっくヒロイン平成最後のるーみっくヒロインという顔ぶれになった。この2人はリメイク版『うる星やつら』にも出演している。


関連イラスト

[pixivimage:39371944s][pixivimage:38229816s]

[pixivimage:4339047s][pixivimage:77232065s]


関連タグ

高橋留美子 ヒロイン

るーみっく るーみっくわーるど るーみっく主人公 少年サンデー

うる星やつら めぞん一刻 らんま1/2 犬夜叉 境界のRINNE

人魚の森 1ポンドの福音

関連記事

親記事

るーみっく るーみっく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 297639

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました