ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

声:日髙のり子


人物

50年前に「四魂の玉」を守護していた強い霊力を持つ美しい巫女

同じく巫女であるの姉で、犬夜叉と恋仲だった女性。

ヒロイン・かごめ前世であり、容姿は彼女と似ている。

物語開始時は故人だったが、かごめの魂を利用して「死人」として甦らされてしまうことになる。


生前は、巫女として強くあるために感情を抑えていたが、蘇生時に身体に残った魂が陰の気(=負の感情)であったことや、立場から解放されたこともあってか、喜怒哀楽の激しい一面を見せることが多くなった。

作中では、自分が封印した犬夜叉には愛憎の感情を、犬夜叉の心を癒しているかごめには嫉妬を、そして自分を死に追いやった奈落には怒りといった激情を向けている。

その反面、犬夜叉や奈落達が関わらない時は、生前と変わらず慈愛に満ちた女性であり、弱者を救う巫女として、多くの者に慕われている。

生前

犬夜叉とは恋仲だったが、黒巫女・椿の呪い(アニメでの設定•原作は不明)と奈落が端に発した陰謀により引き裂かれ、恋人になる寸前(原作)で、互いに憎しみ合わされてしまう。

その結果、犬夜叉を、自らが放った封印の矢で、時代樹へ封印してしまい、自身もまた、彼に化けた奈落によって負わされた傷が元で、命を落とした。

その際、元凶となった「『四魂の玉』を自身の亡骸と共に燃やせ」と妹のに言い残す。


復活

桔梗自身は、生まれ変わることは望んではいなかったが、500年という月日を経て、日暮かごめとして四魂の玉とともに転生した。

物語の序盤で、鬼女裏陶に、彼女の骨と墓土で作られた身体に、かごめの魂を入れたことで、無理矢理蘇生させられる。

蘇生直後は、戸惑っていた部分もあったが、老いてしまったに、これまでの経緯を聞いて把握。

その後も犬夜叉への強い愛憎が消えることなく、復活直後は、怒りのままに彼を殺そうとした。

その際に、多くの魂をかごめに奪還されたことで失敗。以降は、魂の不足分を女性の死魂を吸収することで生き続ける死人となり、現世を彷徨うことになった。

犬夜叉との再会により、自らを殺害した相手が奈落であることを知り、何をしなければならないかを考え、奈落との戦いに、その身を投じることになる。


能力

生前から、並大抵の僧侶や巫女を遥かに凌駕する強力な霊力を持つ。

奈落をも浄化出来る「破魔の矢」や、犬夜叉を50年に渡り封じ込めていた「封印の矢」などを操り、ある程度清らかな結界を張る事も出来る(通常結界を張るには相当の精神力が必要だが、桔梗の場合は眠ったまま維持することも可能)。

本人もその力に自信を持っている節があり、自身を成仏させようとした僧侶に対して激高し、反撃したことで結果として相手は亡くなってしまった。


霊力関連の能力において、よく基準にされる人物。

作中での活躍に対して、実は同等以上の存在が案外多い。

終盤に登場した巫女の瞳子は、桔梗と同等の霊力を持っていると言われており、かごめも曲霊の封印がなければ、桔梗を上回る霊力とされる。

また、ワイド版では作者が四魂の玉を生み出した翠子も、桔梗と同等かそれ以上の霊力を持っていただろうと語っている。


白心上人にいたっては、本人も認める完全に格上の存在。

特に桔梗は、妖怪の妖術によって骨と墓土で身体が構成されているため、蘇生後は妖怪を滅する清浄な力に弱くなっており、同じ死人でありながら、骨に四魂のかけらを埋め込まれて蘇生した七人隊以上に、白心上人の結界の影響を受けていた。



関連イラスト

无题桔梗!!

無題桔梗

 

関連タグ

犬夜叉 巫女 佳人薄命

犬夜叉(主人公) 日暮かごめ 楓(犬夜叉) 奈落(犬夜叉)


カップリングタグ

犬桔 奈桔

関連記事

親記事

犬夜叉 いぬやしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4859382

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました