ピクシブ百科事典

七人隊

しちにんたい

七人隊とは高橋留美子の漫画作品『犬夜叉』に登場する、蛮骨を首領とした7人からなる傭兵集団。
目次[非表示]

概要

様々な大名の下を渡り歩き「女子供にも容赦せず」と人々を震え上がらせてきた傭兵集団であったが、あまりの戦闘能力の高く残忍すぎる手法から彼らを雇っていた大名達からも危険視され、ついには討伐・斬首されてしまう。
後に奈落の手により死人として蘇生させられ、犬夜叉たちの前に立ち塞がり死闘を繰り広げた。

全56巻と長く続いた『犬夜叉』の中で、登場期間が最長でも5巻分(蛇骨)と非常に短いながらも屈指の人気を誇る敵キャラクターであり、一期TV放送終了後もキャラクターソングCD「暴れろ!」(蛮骨と蛇骨のデュエット)やドラマCDが発売されるなど、その人気は根強い。


実は犬夜叉一行に殺されたものは一人もおらず、半分以上は身内同士で死亡している。
凶骨と銀骨は鋼牙に、霧骨は殺生丸に、睡骨は蛇骨に、蛇骨は煉骨に、煉骨は蛮骨に、蛮骨は奈落に、最終的には殺されている。

構成員

蛮骨
七人隊の首領。最年少だが他のメンバーからは「大兄貴」と呼ばれ慕われている。
外見からは想像も付かないほどの豪腕の持ち主で、人間ながら犬夜叉とも対等に渡り合えた。
学が無いため、読み書きが出来ない。また余り深く考えない。曰く「頭のいい奴は馬鹿」らしい。

煉骨
七人隊の副将。蛮骨以外のメンバーからは「兄貴」と呼ばれ一目置かれている。
頭がキレる七人隊の頭脳。オーバーテクノロジーな重火器を用いる。
野心が強く、四魂のかけらを奪われた事で蛮骨に対し明確に敵意を抱く。

蛇骨
斬り込み隊長。人懐っこい女嫌いの男色家。
男の好みにはシビアで犬夜叉が好みドンピシャで、殺生丸は色男だが冷たいから、鋼牙は野性的過ぎるから範疇外との事。

睡骨
二重人格者。やさしい医者と殺人鬼、2つの人格を持ち、深層で両者が鬩ぎ合っている。
接近戦ではメチャクチャ強く、素手の犬夜叉をフルボッコにした。

銀骨
一応人間だが、その外見は「兵器」さながら。
煉骨にメンテナンスして貰っており、彼も多少は銀骨を可愛がっている様子。

霧骨
毒使い。器量が悪く女にモテないことがコンプレックス。趣味は女をいたぶって殺すこと。

凶骨
一応人間だがとてつもなく巨大で、巨人と言った方がふさわしい外見をしている。
蛇骨曰く「七人隊最弱」で、知能も余り発達していない。

関連イラスト

今年のハロウィンコラボ
七人隊




関連タグ

犬夜叉 蛮骨 蛇骨 煉骨 睡骨 銀骨 霧骨 凶骨

pixivに投稿された作品 pixivで「七人隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1391307

コメント