ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

悲劇のヒロイン

ひげきのひろいん

悲劇のヒロインとは、作中で苦難に見舞われる主要な女性キャラクターや、歴史上の人物で悲劇的な末路を迎えた女性を指す言葉である。
目次 [非表示]

概要

物語の中で最終的に悲惨な末路を迎える、または一貫して過酷で辛い境遇にある主要な女性キャラクターや、歴史上の人物で悲劇的な最期を迎えた女性を指す言葉として使われる。

逆に、「自分は可哀相な人間だ」と周囲にアピールし、同情をひこうとしている女性を皮肉る際に使われることも多い(「悲劇のヒロイン症候群」と言われている)。


フィクション作品における悲劇のヒロイン

  • 生まれた頃から不幸な境遇に見舞われ、その後もとことん不幸な目に遭い続ける。
  • 生まれてからしばらくは恵まれた境遇で育ったが、ある出来事(事故や災害、事件、戦争、実家の没落など)を境にどん底人生を味わう。戦争、革命など政治的に起因する場合は処刑されることも。
  • 先天的、または後天的な理由で不治の病や治療が難しい難病、または障害を抱えながらも一生懸命生きようとする。
  • 身勝手すぎる行いが祟って報復される(自業自得タイプ。悪女にも含まれる)。
  • 苛められたあげく…(18歳未満の閲覧非推奨)。
  • 祟り(災害や飢饉、疫病など)を鎮める為、神や魔物への生贄として捧げられる。

などが例として挙げられる。


ロボットアニメなどでは敵軍に所属しながら主人公と心を通わせるも、最終的には主人公を庇って命を落とす、主人公の手によって殺されるといったパターンが多く一種の死亡フラグとも取れる。

特にガンダムシリーズではニュータイプ強化人間を中心に、この手のパターンで女性キャラクターが死亡するケースが非常に多い。


制作サイドの齟齬などで、ヒロインという肩書きが単なる名目上のものとなってしまう『悲劇』に見舞われた場合、悲劇のヒロイン(笑)になってしまう。

が、このパターンでも製作サイドが手のひらを返したかのように最終局面でヒロインの立場から追い落とされ、視聴者はおろか声優陣さえ唖然としてしまうという全く笑い事にならないケースも存在するが。


現実での問題点

フィクションでは苦難を乗り越える設定が多く、見るものを元気づける話もあるが、実際に悲劇のヒロインのようなことを経験した人は自殺を図ったり、他人のことを考えない人間(人間不信パーソナリティ障害など)になる確率が格段に上がってしまう。

現実にこのような状況で育った場合、専門医による治療が必要なケースは少なくない。


主な悲劇のヒロイン

悲劇のヒロインの一覧を参照


悲劇のヒロイン役に定評のある役者たち


悲劇のヒロインを描くことに定評があるクリエイターたち


関連項目

死亡フラグ 佳人薄命 不幸体質

女主人公 ヒロイン メインヒロイン メインヒロイン(笑) ダークヒロイン 消失系ヒロイン 哀しき悪役 悲劇の主人公

悪女 ← 対義語


夢ヒロイン ぶりっ子 ナルシスト 中二病 真面目系クズ


悲劇のヒーロー←男性版。

関連記事

親記事

ヒロイン ひろいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1251682

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました