ピクシブ百科事典

武藤将吾

むとうしょうご

日本の脚本家。代表作は「電車男」「仮面ライダービルド」など。
目次[非表示]

概要

1977年生まれ。事業協同組合「日本シナリオ作家協会」の理事。

2002年に「野球狂の親父」で、「フジテレビヤングシナリオ大賞」佳作を受賞。その後フジテレビ制作のテレビドラマ「電車男」「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」が大ヒットしたことで「武藤将吾」の名前が世に知れ渡ることになった。

キャラクター同士の会話劇を得意としている。

2017年からは特撮「仮面ライダービルド」のメインライターとして脚本を担当。本編全49話に加え、劇場版Vシネマを一人で書き上げた。平成ライダーにおいて本編全話の脚本執筆は、仮面ライダー555井上敏樹氏(50話)と仮面ライダーエグゼイド高橋悠也氏(45話)に続き3人目の快挙。

速筆ではないようだが、「ビルド」以外にも全話脚本を担当したドラマは多い。

主な脚本関連作品一覧


関連項目

脚本家

コメント