ピクシブ百科事典

武藤将吾

むとうしょうご

日本の脚本家。代表作は『電車男』『仮面ライダービルド』など。
目次[非表示]

概要

1977年生まれ。事業協同組合「日本シナリオ作家協会」の監事。

2002年に『野球狂の親父』で、「フジテレビヤングシナリオ大賞」佳作を受賞。その後フジテレビ制作のテレビドラマ『電車男』『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』が大ヒットした。
2017年~'18年には特撮『仮面ライダービルド』のメインライターとして脚本を担当。本編全49話に加え、劇場版Vシネマ、ファイナルステージの脚本を一人で書き上げた。平成ライダーにおいて本編全話の脚本執筆は、『仮面ライダー555』の井上敏樹氏(50話)と『仮面ライダーエグゼイド』の高橋悠也氏(45話)に続き3人目の快挙。

速筆ではないようだが、『ビルド』以外にも全話脚本を担当したドラマは多い。

作風

キャラクター同士の会話劇を得意としている。
正義感は強いのだが、目的のためなら手段を選ばないダークヒーローを主人公した作品が多い。
良くも悪くも超展開が多く、「家庭教師が教え子の問題に解決していくと思いきや、教え子の家の家庭崩壊に巻き込まれる」「悪の組織と戦っていた正義のヒーローが戦争に巻き込まれる」といった展開を描くことも少なくない

主な脚本関連作品一覧


関連項目

脚本家

pixivに投稿された作品 pixivで「武藤将吾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 658

コメント