ピクシブ百科事典

怪盗探偵山猫

かいとうたんていやまねこ

『怪盗探偵山猫』とは、神永学作の小説シリーズである。
目次[非表示]

概要

神永学氏が2006年に角川から出版したシリーズで、現代版『鼠小僧』こと怪盗探偵こと謎の泥棒山猫が、犯行のかたわら隠された悪事を暴いていくヒューマン・アクション。既刊5巻。
2015年には文庫化、翌年の2016年からは角川つばさ文庫からも出版。同時進行でKAT-TUN亀梨和也主演でドラマ化もされる。

怪盗山猫タグが使われることもあるが、こちらはもっぱらキャラクター名として使用されている。

あらすじ

現代社会に突如として現れた謎の窃盗犯「山猫」
彼はターゲットから鮮やかに金を盗み取り、ついでにターゲットが隠していた悪事の数々を颯爽と暴いて消えていく様から『義賊』現代の『鼠小僧』と呼ばれて密かに賞賛されている。
ある日とある出版社の社長が殺害され、容疑者に「山猫」の名が上がる。山猫の信条は『人を殺めないこと』のはずが一体なぜ!?疑問に思ったライターの勝村は、独自に「山猫」を追いかけるが────・・・・
平成のねずみ小僧か、はたまた単なる盗人か!?痕跡を残さず窃盗を繰り返し悪事を暴く山猫の正体とは!?

登場人物

怪盗山猫(かいとうやまねこ)

巷を賑わせている謎の窃盗犯。黒いニット帽に白シャツの男。犯行時には猫の面を被っている。
ターゲットから金を盗むついでに悪事を暴いて去っていく自称怪盗探偵

勝村英男(かつむら ひでお)

新人ライター。ある事件をきっかけに独自に「山猫」を追いかけていた矢先、見つかって協力させられるハメになる。

関連イラスト

怪盗探偵山猫
山猫かめなち



既刊一覧

『山猫』(後に『怪盗探偵山猫』に改題し再出版)
『怪盗探偵山猫 虚像のウロボロス』
『怪盗探偵山猫 鼠たちの宴』
『怪盗探偵山猫 黒羊の挽歌』
『怪盗探偵山猫 月下の三猿』

関連タグ

小説 ミステリー 怪盗山猫 ダークヒーロー

pixivに投稿された作品 pixivで「怪盗探偵山猫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43917

コメント