ピクシブ百科事典

テイルズオブデスティニー

ているずおぶですてぃにー

1997年12月23日にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)から発売されたプレイステーション用RPGで、『テイルズ オブ』シリーズのマザーシップタイトル第2作目。2006年11月30日にリメイク版がプレイステーション2用(通称リメD)で発売され、2008年1月31日には更に要素が追加された『テイルズ オブ デスティニー ディレクターズカット版(通称TOD-DC)』が発売された。
目次[非表示]

概要

略称は「TOD」。固有ジャンル名は「運命という名のRPG」。「テイルズ オブ」シリーズのマザーシップタイトル第2作目。

1997年にPS専用RPGとして発売された後に好評を博し、2006年にPS2でリメイク版が発売された。2008年には更にそのディレクターズカット版も発売されている。
「テイルズ オブ」シリーズでは最初にミリオンヒットを達成した記念すべき作品である。
なぜか派生作品や出張が多い作品でもあり、「ナムコ×カプコン」には『テイルズオブファンタジア』を差し置いて参戦している。

仲間になる人数も全部で10人(最終的には9人)と単独作品の中ではシリーズ最多であり、パーティメンバー9人全員で行動できるPS2版では、ソーディアンも含めるとかなりの大所帯になっている。

後に続編の『テイルズオブデスティニー2』が制作・発売された。

ストーリー

兵士として自らの名を上げるために故郷のリーネ村を飛び出したスタン・エルロンは、セインガルド王国の首都ダリルシェイド行きの飛行竜「ルミナ・ドラコニス」に密航するが、密航が発覚し武器を取り上げられてしまう。
そこへ突然魔物が襲来。武器を取り上げられていたスタンは武器を探すため飛行竜内を捜索する。そして倉庫内で見つけた剣で応戦するが、それはただの剣ではなく人格を宿した剣「ソーディアンディムロス」だった。
ディムロスのマスターとなったスタンは、その後の道中で「ソーディアン・アトワイト」のマスターであるルーティ・カトレットや、「ソーディアン・シャルティエ」のマスターであるリオン・マグナスらと出会い、「神の眼」を巡る騒乱に巻き込まれていく。

登場キャラクター

詳細は各記事を参照。

パーティキャラクター

スタンスタン・エルロン)…本作の主人公。ディムロスのマスター。田舎村出身の兵士志望の青年。
ルーティルーティ・カトレット)…本作のヒロイン。アトワイトのマスター。レンズハンター。
リオンリオン・マグナス)…シャルティエのマスター。王国客員剣士。
フィリアフィリア・フィリス)…クレメンテのマスター。ストレイライズ神殿の神官。
ウッドロウ(ウッドロウ・ケルヴィン)…イクティノスのマスター。ファンダリア王国の王子。空気王。
マリー(マリー・エージェント)…ルーティの相棒。記憶喪失で、大柄な体の女戦士。
チェルシー(チェルシー・トーン)…ウッドロウを慕う弓使いの少女。
ジョニー(ジョニー・シデン)…シデン領の三男。通称「蒼天の稲妻」(PS2版は「道化のジョニー」)。
コングマン(マイティ・コングマン)…ノイシュタット闘技場のチャンピオン。
リリス(リリス・エルロン)…スタンの妹。PS版ではバグ技を使うことで加入できる。PS2版ではサブイベントをこなすことで正式に仲間にできるようになった。

ソーディアン

1000年前に起こった大きな戦い「天地戦争」で活躍した地上軍の英雄「ソーディアンチーム」のメンバーの人格を宿した剣。
ディムロス…ディムロス・ティンバーの人格を宿した剣。スタンのソーディアン。冷静でありつつ、熱血漢な一面も見せる。属性は「火」。
アトワイト…アトワイト・エックスの人格を宿した剣。ルーティのソーディアン。穏やかな女性。属性は「水」。
シャルティエ…ピエール・ド・シャルティエの人格を宿した剣。リオンのソーディアン。臆病でやや卑屈。PS版では金髪だが、PS2版では銀髪に変更されており、性格も若干余裕のある性格へと変更された。属性は「地」。
クレメンテ…ラヴィル・クレメンテの人格を宿した剣。フィリアのソーディアン。好々爺した老人。属性は「雷」(PS2版は「光」)。
イクティノス…イクティノス・マイナードの人格を宿した剣。ウッドロウのソーディアン。冷静な青年。PS2版ではややワイルドに。属性は「風」。
ベルセリオス…所在不明とされていたが、ヒューゴが所持していた。最初に宿されていた人格は消去され、現在はミクトランの人格が宿っている。属性は「光」と「闇」。

その他

マリアン・フュステル
メルクリウス・リトラー
ヒューゴ・ジルクリスト
イレーヌ・レンブラント
シャイン・レンブラント
バルック・ソングラム
グレバム・バーンハルト
ダリス・ビンセント
ミクトラン

主題歌

「夢であるように」
作詞:池森秀一/作曲:DEEN/編曲:池田大介/歌:DEEN

オリジナルとリメイク

リメイク版(通称「リメD」)ではPS版に比べ大幅にボリュームアップし、大きな設定変更がなされた。
その変更は戦闘システムだけではなくキャラクターの性格などにまで及んでいる。詳細は各キャラクターの記事を参照。
その他、一部の術技にも変更が見られる(皇王天翔翼、殺劇舞荒剣が奥義ではなくなった、デモンズランスはリオン本人が投げるようになった、など)。

コミカライズ

エニックス(現スクウェア・エニックス)出版の月刊Gファンタジーにてくおん摩緒「テイルズオブデスティニー」のタイトルで連載されたものと、
エンターブレイン出版のファミ通ブロスにて啄木鳥しんきテイルズオブデスティニー 神の眼をめぐる野望のタイトルで連載されたものがある。

時期的には啄木鳥版が早く、尚且つ「テイルズ オブ」シリーズ全体で最初にコミカライズされた作品である。
また双方ストーリー展開も異なっており、くおん版は比較的ゲームに沿ったものであるのに対し、啄木鳥版はオリジナル展開で連載された。
ちなみにナムコにチェックを入れてもらっている。これは作者の「ゲームを知らない人も楽しめるように」という配慮によるもの。

また、DC版を原作としたカスカベアキラによる漫画「テイルズオブデスティニー ディレクターズカット 儚き刻のリオンも存在する。こちらは電撃マ王掲載。

ストーリー漫画のほか、エニックス側はお馴染4コママンガとコミックアンソロジーを出版、エンターブレインからもコミックアンソロジーが3冊出版されている。エニックス版コミックアンソロジー第1巻にはくおん氏も参加している。
エンターブレイン版は啄木鳥氏が表紙を3冊全て担当、更に第1巻と第2巻に参加しており、第1巻はリオンとマリアンの出会い及び親密になるまでの過程を、第2巻は幼いルーティとアトワイトの出会いの話が描かれた。

パチスロ

北電子の開発で2013年には「テイルズオブデスティニー 運命という名のパチスロ」が稼働した。この際にはわざわざテイルズオブエクシリア」などと同じフル頭身の3Dポリゴンによるムービーや新たなアニメ映像まで書き下ろされ、声優陣も新規収録が行われた。
本台のテーマソングはDEENによる新曲「Future」で、シングルCDにはなんとPVと称し「運命という名のパチスロ」のOVAが付属している。カイルも出るよ!

関連イラスト

【TOD】ドット
ドレスコード


TODでデュラララ!!EDパロ
TOD新刊表紙


関連タグ

テイルズオブシリーズ(シリーズのまとめ) テイルズ
TOD デスティニー テイルズオブデスティニー2

ナムコ(現・バンダイナムコゲームス) PS PS2 RPG

pixivに投稿された作品 pixivで「テイルズオブデスティニー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1218627

コメント