ピクシブ百科事典

ミクトラン

みくとらん

RPG『テイルズオブデスティニー』『テイルズオブデスティニー2』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

声優:置鮎龍太郎(PS版)、堀川りょう(ドラマCD、TOD2、PS2版)

天地戦争時代の人物で、自称「天上王」として天上軍を指揮した空中都市群の支配者。『テイルズオブデスティニー』のラスボスである。

彗星衝突による災害で荒廃した地上を離れて天空に築いた都市の上に人類を移住させる“天上都市計画”の推進者であったが、その実態は強い選民思想を持つ極めて傲慢かつ冷酷な人間であり、完成した天上都市には自分が選んだ者達のみを移住させ、それ以外の人間は完全に見捨てて地上に放置するという非情な政策を実施した。

それに反発した地上人が大規模な反乱軍を結成すると、自身も軍を指揮して彼ら地上の反乱軍と後に「天地戦争」と呼ばれる激しい戦いを繰り広げるようになる。

空中要塞ダイクロフトの決戦で敗れるも、死に際にソーディアンベルセリオスに自身の人格を投射し潜み、千年後にベルセリオスを発掘したヒューゴ・ジルクリスト博士の精神を乗っ取って復活。そのヒューゴに扮してレンズ運用会社オベロン社を設立するとスタン達を唆して空中都市の動力源である巨大レンズ“神の眼”を手中に収め、それを使って空中都市群を復活させた。

その後はダイクロフトに装備された巨大兵器ベルクラントを使って地上の破壊を繰り返し、さらにそれによって巻き上がった岩盤を空中に固定して新しい地表を作り、そこにかつてのような自身の理想とする世界を築こうと目論む。

ベルクラント内部に乗り込んできたスタン達との戦いで一度は敗れるも、そこでヒューゴの体を捨てて完全に復活、本来の持つ圧倒的な力でスタン達を退ける。以降はダイクロフト上層部に陣取って天空人のクローニング再生を進めていたが、二度目のスタン達との戦いでは成長した彼らの前に追い詰められ、今度は神の眼の力を取り込んでNEOミクトラン(PS版ではイグゼシブ)となって抗うも結局は敗北、その歪んだ野望と共に滅び去った。

オベロン社の創設やセインガルド王国の重責たる地位などは全てミクトランの手腕によるものである。

力量

設定上は確かに強大なのだが、PS版ではまだゲームシステムが練り切れていなかったこともあって第2形態の『NEOミクトラン』が弱過ぎたため、テイルズ作品の中で最弱と呼ばれた。見た目の特徴から『千葉県』『手羽先』などと散々なあだ名も。
TOD2ではカーレルと戦い、死亡するシーンにしか登場しない。挙句、部下にも「嫌々従わざるを得なかった」と忠誠心の欠片もない描写をされる。
しかしリメイク版では第2形態が『ミクトランイグゼシブ』へと変更。
見た目の賛否は分かれたものの、その強さから最弱の汚名返上を通り越して、多くのプレイヤーから「シリーズ最強ラスボス」とまで評価された。

存在感

しかし、登場シーンが比較的終盤なのと他のラスボス達と比べ目的に悲劇性の欠片も無い上に、テイルズシリーズでありがちな己の信念云々といった男意気もない典型的な悪役である為か、予約特典CDのピーチグミ編では「あいつの信念って、なんだっけ?」と皆から言われてしまい、さらには【存在感なし!】と言うでっかいハンコを押されてしまった。
そのせいかリメイク版では『絶対悪』としての存在感を増したのと同時に、明確な信念や理想の描写が追加されている。
余談だが、PS版やTOD2では髪の毛を縛っていないものの、リメDでは髪を束ねている。

関連イラスト

いにしえの支配者
天上王


ミクトラン



関連タグ

テイルズオブデスティニー
テイルズ TOD TOD2

pixivに投稿された作品 pixivで「ミクトラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24632

コメント