ピクシブ百科事典

ヒューゴ・ジルクリスト

ひゅーごじるくりすと

「テイルズオブデスティニー」に登場する人物(メイン画像左)。

概要

CV:内海賢二

オベロン社総帥にして創立者。42歳。黒髪を長く伸ばしている。
セインガルド王国客員剣士のリオン・マグナスは、彼の息子。
元は考古学者だったが、ソーディアンベルセリオス」を発見して以来、起業したオベロン社で大成功を博しセインガルド王国に大きく貢献した。
公務執行妨害で捕縛されていた主人公スタン・エルロン達に天地戦争の遺産である「神の眼」の回収の任務を言い渡す。
彼らが神の眼を回収したしばらくあとに、リオンを使って神の眼を奪取させオベロン社幹部と共に失踪、廃工場で空中都市を復活させた。
オベロン社幹部と共に空中都市を復活させたこの事件は続編のテイルズオブデスティニー2で、第2次天地戦争、もしくはヒューゴの乱として名前が残されている。
しかし、天地戦争の資料があまり残されていない中で決め手となったのがラディスロウで乗り込んだ白兵戦によるものだと知っており、鏡面バリアでダイクロフトを固めるなど単なる考古学者かとディムロスから驚かれた。

 pixivではリメD以降の眼鏡をかけたキャラデザで描かれることが多い。
 

関連項目

テイルズオブデスティニー  リオン・マグナス























以下、ネタバレ注意




















おとうさん


 
ベルクラントの制御ルームでの戦いで明かされた真実、それはヒューゴはベルセリオスを手にした際に、ベルセリオスの意識を乗っ取っていたミクトランに操られており、全ての黒幕はミクトランであった。
これによって、妻すら省みない冷酷な性格へと変貌してしまった。
そのため、彼を恐れたクリス・カトレットは生まれたばかりのをクレスタの孤児院に託している。。
その娘こそが本作のヒロインであるルーティ・カトレットであり、更にリオンはルーティの実にあたる。
ミクトランの傀儡として神の眼を手中におさめ、ヒューゴはスタン一行と敵対することになる。
彼が娘と本当にわかり合えたのは、皮肉にも死の直前だった。
そして娘を捨てたのも、ミクトランの陰謀に巻き込ませないためだった。
ヒューゴはミクトランに全てを狂わされ、娘への愛を離別でしか表すことができなかった憐れな男にすぎなかったのだ。

リメイク版ではグレバム・バーンハルトが神の眼を盗みだすよう仕向けたのもミクトランに乗っ取られたヒューゴの差し金であり。世界を回らせたのも計画の内だったと変更されている。

関連記事

親記事

オベロン社 おべろんしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒューゴ・ジルクリスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24712

コメント