ピクシブ百科事典

自意識過剰

じいしきかじょう

「自意識過剰」とは自分自身の事柄に関して過剰に意識している人。
目次[非表示]

概要

読んで字の如く、自意識過剰な状態である様子、またそのような人を指す。
「俺かっけー!」と自分を過度に持ち上げ万能感に浸る意識や、「俺なんて…」と自分を過度に卑下し自己肯定が極端に低いといった感情は等しく「自意識過剰」な状態である。はたから見ると概ね痛いと称される。日本では特に揶揄されることが多い。欧米だとあまりナルシシズムについては言及されないため、基本シャイな日本人の国民性である。

特に思春期から20代にかけ、多くの若者が患って通る道。年取って思い返して顔真っ赤という意味では健全なあるあるで、一種の通過儀礼とも言える。
特にオタクはほぼ患って通る。なろう系深夜アニメで「主人公最強もの」がもてはやされているのも、この自意識過剰の裏返しである。厨二病とだいたい同義。
特にナルシストキャラをわかりやすく表現するため、アニメラノベにも多いキャラクター付けとなっている。

問題点

自分外見行動などが「他人からどう思われているか」などを必要以上に気にかけ注意をはらう傾向にあり、人前でスピーチをする時やSNSで発言する際などに、他者の反応を気にしすぎた結果、極度の緊張あがり症の原因となる場合もある。
この時に、自分の理想他人反応がかけ離れていた場合はトラウマに発展し、こじらせてコミュ障に至るケースも多いため、この「自意識過剰」とは、日常でうまく折り合いをつける必要がある。

一般的に「自意識過剰」と言われる人は、否定的な意味で捉えられることが殆どである。自分のことを「かわいい」とか「格好いい」と常に思っているプラスの過剰自意識であれ、「自分なんか」とか「どうせ」ばかり言うマイナスの過剰自意識であれ、他人ではなく自分ばかりを気にする行為は、単純に見ていて等しくウザいからである。それを逆手にとり、メーター振り切ることで自虐キャラやウザキャラを確立する人もいる。芸能人はこれがうまくいくパターンが多いが、一般人は難しい。

pixiv含め創作全般に関して言えば、さほどの実績もないのにトップクリエイター気取りの人とか、自分の作品はジャンル全体に多大な影響を与えていると思い込んでいる人とか結構いる。このへんも中二病の所以である。
ちょっと「痛い人」で済んでいるうちはいいが、思い上がってトラブルを起こす人になると周りはたまったものではない。
一応なんらかの実績のあるプロのクリエイターであっても、実態以上に過大な自己評価をしていて、不遜な行動をとってトラブルを起こす、なんて人もたまーにいる。


関連タグ

自意識 マウンティング 自己評価 意識高い系
自意識ライジング 中二病

関連記事

親記事

自意識 じいしき

pixivに投稿された作品 pixivで「自意識過剰」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 349026

コメント