ピクシブ百科事典

夢女子

ゆめじょし

女性オタクの一種で、二次元(架空)の世界に自己投影する女性。特に、男性キャラクターとアバターの恋愛作品を好む女性、または男性キャラクターに夢中になっている女性のこと。
目次[非表示]

夢女子あるいは夢女とは、

  1. 二次元(架空)の世界に自己投影する女性。キャラクター×自分世界観×自分自分vs仮想敵など、様々な自己投影のパターンがある。
  2. 夢小説ないし夢向け作品を好む女性のこと。
  3. 男性キャラクターをヘテロの男性として萌え、時に恋に落ちてしまったかのように夢中になっている女性のこと。「〇〇(推しキャラ)の女」と呼ぶ場合がある。
  4. 何歳になっても女児向けが卒業できない女性のこと。「ゆめかわいい」「病みかわいい」と形容されるデザインを好み、同性キャラクターが本命の傾向があり、自分が異世界に住まう異世界転移異世界転生妄想を好む。3と違って恋愛は苦手な傾向にあるが女主人公の周りに高確率で理解者の男の子がいて男の子は現実にいなそうなキャラデザが多い為、「3との違いが分からない」「恋愛が好きなようにしか見えない」と指摘する人もいる。

概要

主に男性キャラクターと自分の分身あるいはオリジナルキャラクターの恋愛を好んだり、家族や友人など何らかの形で関わる作品を好む女性を指す。
乙女ゲームなどの女主人公の名前や性格を変更できるゲーム、格好いい男性キャラクターが登場するヒーロー映画、少年漫画などの二次創作、オリキャラが作れるゲームの二次創作、それに類似した妄想を好んでいる。
女オタクで最も人口が多い女性とされ、BLを好む腐女子とは別人種だが、好む作品が腐女子に似ていることと腐女子も兼ねた雑食が多いことから腐女子と混同されやすい。

夢女子の作品内に登場するキャラクターとの関わり方・楽しみ方は大きく分けて二通り。

  1. 自身がオリジナルキャラクター夢主)になってキャラクターと出会い、恋愛・友情などの交流を楽しむ。夢向けは、「夢主=自分」または「夢主≒自分」と表記されていることが多い。夢主の個性(名前、容姿、台詞など)が押さえられている、夢主よりも男性キャラクターのほうが出番が多いなどの特色を持つ。
  2. 自身ではなく、自身で創造したオリジナルキャラクター夢主)をキャラクターと出会わせて、作品に登場しない第三者(あるいは神の)視点で恋愛・友情などの交流を楽しむ。夢向けは「夢主≠自分」と表記されていることが多い。夢主の設定が細かく設定されている、夢主と男性キャラクターの出番が同じか夢主のほうが出番が多いなどの特色を持つ。
防衛失敗!
ヒーロー


※画像はイメージです。

1と2共に、夢主の性別が女性でなく男性であったり、人間でなくオブジェモンスターなどの人外であることも少なくない(女性は、夢の中ではシンデレラ姫にもいたずら坊主にもリボンが付いた豚にもなれるのである)。夢主の他に、推し=メインヒーローが女性、人外、空気、メカクレなどの姿に変えられていることもある。
よく1のみが自己投影感情移入をしていると思われがちだが、2も楽しみ方が違うだけで人によっては同じく自己投影や感情移入を行っている場合もある。作り手にとっては夢主の名前や顔を見せることが自己投影の表れであることが多く、読み手にとっては夢主の名前や容姿が伏せられている設定が(自分にとっての)自己投影に都合がいいと捉えられやすい。1の設定で細かい設定がない夢主の容姿を想像しながら読む層も多い為、1と2は決して相容れない関係ではない。一つの作品の中で「もう一人の主人公」「トリックスター」「神視点」などを利用して、1の見方と2の見方を使い分ける作り手もいる。
」は読み手が夢主の名前を自由に変換して楽しめる創作なので、夢主の数だけ色々な楽しみ方ができる。中には敢えて名前を変換しないで作品を読む人もいるし、読むたびに読み方を変える人もいる。

」そのものが広義化・細分化しており、厳密に定義付けて分けることは困難であり、創作をしていなくても様々な妄想をしている女性は夢女子に含まれる可能性もある。
(例:身の周りの物を擬人化する妄想をする。別の時代にトリップし、歴史の人物になった妄想をする。自分の性別年齢が変わった妄想をする。宇宙地球の成り立ちについて考え、対物性愛者気分を楽しむ。遠い未来、ifなど、現実にはない出来事を妄想する。空気、壁、ペットなどの人ならざる物に自己投影して、好きな人の近くにいる妄想をするなど。最後のは、好きな人が脳内で理想化されている為、脳内オリキャラと化しているケースが多い)。

夢女子には、腐女子・姫女子を兼任した雑食層が多いが(夢向けには男主人公の作品、女性キャラと恋愛する作品もある為)、BLや百合を地雷とする夢女子もいる為、「」が広範囲を指すジャンルなのが分かる。まさに千差万別である。
ゲームなどの女主人公(敢えて作中での描写を控え名前も自由に設定可能な操作キャラ)でプレイする際に本名やオリジナルキャラクターの名前で遊ぶ人は多いが、女主人公自身を独立したキャラクターとして捉え恋愛関係を楽しむ層も多いため、一概に女主人公とキャラクターのCPが好き=夢女子とは限らない。
その逆で「女主人公に自己投影しているのに、アバターにしているキャラを勘違いされてしまう」という悩みを抱えている夢女子も存在する。
アバターを勘違いされてしまう理由として、「夢女子の身体的特徴と女主人公の身体的特徴が異なっている」「実際の夢女子の性格と、第三者(夢女子の理解者以外)が眺める夢女子の解釈がズレている」「夢女子が女主人公の恋人にしたいキャラと第三者が女主人公の恋人にしたいキャラがズレている」「夢女子が描く(読む)作品が男性向け作品の影響を受けていて、女性向けだと気付かれにくい」「フィクションを現実の模造品と考えている人に、夢向け作品の架空の部分が不必要だと判断されてしまう」「原作を見て妄想した原作では描かれていない出来事(夢小説で言えば、空欄にされている主人公の名前や告白の台詞)を話さない人が多い為、夢女子が原作のどこに面白味を感じているかが気付かれにくい」などの原因が挙げられる。
夢女子は少年漫画の男性キャラクターや世界観に恋して育った方々、大きいお友達に人気の女児向け作品に恋して育った方々が多い為、描く(読む)作品が少年漫画に似るのは当然と言えば当然であろう。
また、悪夢雰囲気世界観などは架空の表現を使わないと伝えづらい為、夢女子≠現実主義者とは限らない。

二次創作の夢小説やそれに似た妄想をモデルにオリジナル作品一次創作)を作る夢女子も少なからずいる。

1.「好きな原作をモデルに夢向け二次創作を考える」

2.「夢向け二次創作がモデルの一次創作を考える」

3.「夢向け二次創作がモデルの一次創作に名前変換機能、メタ発言等を入れて、夢女子(作者)以外が見ても夢向けの仕様にする」

という具合に、一次創作の世界では、頻繁に夢向け作品の逆輸入が行われている。

一概には言えないが、夢主(オリキャラ、自分)はそのままにし、最推しの版権男性キャラ(メインヒーロー、相手役、彼氏)はモドキキャラに変え、用語や細部を変えて元ネタとの差別化を図る(または、それによく似た作り方をする)…というのが、よくある夢女子のオリジナル作品の作り方である(原作の模倣をするのではなく、原作の二次創作~三次創作の模倣をする)。元々は「二次創作に登場する夢主」の意味だったメアリー・スーが「漫画やアニメやゲームが好きな作者が描いた原作に登場するチートキャラ」を揶揄する意味に変わっていったのは、こういった背景があるからであろう(版権作品が自身の二次創作の設定を輸入する現象とは別)。
この為、夢女子が描くオリジナル作品のすべてが実体験がモデルとは限らず、すべての夢女子が原作ヒロインを攻撃していたり、好きな原作の公式カップリング論争をしているとは限らない。
登場人物の設定が最小限な児童書やファンシーグッズのキャラクター、オンラインゲーム、ソーシャルゲーム、レトロゲームなどの二次創作(1.5次創作)を作る夢女子も多数存在する。
この過程で、夢女子が描いた作品で、女主人公が独立した一人のキャラクターになっていくケースもある。

関連タグ

夢向け 夢小説 夢漫画 夢絵 夢本 ケータイ小説
オタク 女オタク 腐女子 姫女子
女性向け 乙女ゲーム 乙女系 二次オリ
本命 推しメン 同担拒否 単体萌え
二次元 2.5次元 夢属性
夢見乙女 ドリーマー チャネラー / チャネリング
秋里夢女子

外部リンク

関連記事

親記事

夢小説 ゆめしょうせつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「夢女子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 347296

コメント